hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

他力本願の心構え

回答数回答 4
有り難し有り難し 67

 「他力本願」という言葉を、先日法事でのお説教で聞きました。とてもありがたい考え方だなと思ったのと同時に、少し腑に落ちないところもありました。

 現代人のためか、「自分で努力して得た結果は自分の功績」という考え方が自分でも世間でも当たり前のようになっています。支えてくれる周りの環境や近しい人々の支えがあってこそという考えももちろんわかりますし、それがなければ絶対一人では何一つできないだろうと自分でも実感があるのですが、自分で何かをしたことも紛れもない事実なのに、それをまるでなかったことのようにしてしまうととてもがっかりすると思います。ひどい時は卑屈になることもあります。

 他力本願という考え方をちょうどよく受け入れていくために、「自分自身」というものと「自分の行い」とをどのように折り合いを付けて考えていけばいいのでしょうか。心構えのようなものを伺いたく存じます。よろしくお願いいたします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

「自分で努力して得た結果は自分の功績」は、

間違いではありません。
因(自分の努力)が報われて、
果(自分の功績)につながったわけですから。

では、
果たして自分の努力だけで成功したのでしょうか?
失敗したら自分の努力不足なのでしょうか?

「因」と「果」の間には、
「縁」という有形無形のいろいろな作用があったはずです。
周りのサポート、家族の下支え、幸運・不運、・・・
それらを「おかげさま」といって、
その見えないものに我々は感謝していました。

それらを当てにすることを意味しているのが、
現代の「他力本願」の使い方です。
本来の仏教用語としての使い方ではありません。

他力本願(仏さまが願われていること)は、
その人の成功ではありません。
成功しようが失敗しようが、
常に支えていることなのです。
出来ることを頑張って、
その結果がどう転ぼうがしっかり受け止められる構えが、
他力本願によって自分の中に生まれるのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

他力とは仏様。

エルスさん、ご質問ありがとうございます。
どのようなお説教をお聴きになったのかなということを少し思うのですが、
私が気になるのは、あなたがお書きになったものに仏様が出てこないことです。

周りの環境や人々があなたを支えているというのは正しいのですが、
「他力」とは「他の力」ではなくて「仏の力」です。

自分がなにかをしたとかしなかったとかいうのは、そういう意味から
すると、大して問題ではないように思います。

阿弥陀様は衆生を救うとお誓いになられました。
そのお誓いはすべての人に向けられています。

人間が何かをした、とか、しなかったとかいうような小さなことではないのです。

清沢満之という方は「天命に安んじて人事を尽くす」と言われました。

自分ができることが人事です。
自分ができる限りのことをやればよい。

他力は「あなたを救う」というお誓いによって、あなたを下支えする仏様の
お力です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


真宗山元派上西山正善寺住職

他力本願の意味が違いますね

他力本願の意味が違いますね。

本来の意味は、阿弥陀様の力によって極楽浄土に連れて行って貰う、という意味です。
それ以外の意味はありません。

他力とは、阿弥陀様の力。
本願とは、全ての人々を救うという阿弥陀様の誓い。

一般の方々が間違った使い方をされるので、あなたも勘違いをしているのだと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

他力本願レボリューション

やぁ、こんばんは、翔玄だよ

「他力本願」ということにおいて自分でやったことが無意味かのように思う、というところに疑問と腑に落ちないモヤッとしたものを抱えてらっしゃいますねぇ

「自分の行い」があるのならばそれは「他力」やなくて「自力」やないかい!ビシィッ、とまぁそういう疑問も多分あるのかと思います
この辺は宗派の解釈などでも変わったりもしますが私から言わせていただくことはこちらです

あるところに勇者翔玄がいました
Lv1の翔玄は盗人、踊り子、遊び人をパーティーに加え魔王の城へ辿りつきました
戦闘が始まります、メンバーは1撃でやられていきます、瞬殺です

翔玄「こんなん勝てへんやん、無理、まぢ無理」

そこでゲームを操作しているプレイヤーはチート行為を行って味方の体力が減らないズルをします、結果魔王に勝てました、大して努力もしてないけど「他力本願」で不思議な力で勝ちました、ゲームクリア

次のシチュエーション、略しながらいきます

翔玄めっちゃ頑張ってLv100、これ以上上がらない
仲間もみんなLv100,明らかに強そうな職業ばかり、魔王と戦闘
奮戦するも勝てない、武器も防具もめっちゃ強いのに勝てない

翔玄「こんなん無理ですやん、俺めっちゃ頑張ったのに」

プレイヤーは同じくチート行為で「他力本願」

どちらも結局はプレイヤー(阿弥陀様の佛力)に助けられています、努力してる方もしてない方も
すべてひっくるめて「他力本願」なんです

分かりやすくゲームで例えると余計分かりにくくなったのでズバッと言います

「他力本願であるということは、ただ何もせずにお任せする」ということだけではなく、「やれることはやったけどそれでも駄目だった、だからお任せしよう」というものも含まれているのです
ですから自分の行いが否定されたり無かったものになったわけではなく、「それがあったから佛力による他力で今の状態に助けられた」となるわけです

そしてその際に培った自らの努力は自らに蓄積されます、見えるその場の結果として反映されていなかったとしても確実に当人の中にはあるのです
結果とは目に見える結果だけではありません、見えない己の中の結果だってあるのです

あえてパーティーに僧侶を出さなかったのは私が基本、回復無視で殴り続けるタイプのプレイスタイルだからです、かなり辛いですが

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


私に直接「疑問」や「この回答どういうこと?」、「これが聞きたい」などがあれ...

質問者からのお礼

藤堂尚夫様
 お早いご回答ありがとうございます。
 なるほど、そういう深い意味の教えだったのですね。無知で見当外れの質問をしてしまい、申し訳ありません。
 仏様のお誓いを信じて、できることを頑張っていこうと思います。ありがとうございました。

聖章様
 ご回答ありがとうございます。一般の、仏教をちゃんと学んでない者だと俗世の意味で捉えてしまうのですね。「自力」についても間違った用法がされているという話を聞いたことがあります。これを機会に、少し勉強してみようかと思います。ありがとうございました。

和田隆恩様
 ご回答ありがとうございます。本文は反映されていないのですが、サイトのシステム不具合か何かでしょうか……。

和田隆恩様
 改めてありがとうございます。「おかげさま」と「他力本願(現代語)」の関連についても、とてもよくわかりました。自分の行動の結果はそれはそれで受け止めるとして、支えてくださったすべての縁も忘れず、感謝する心がけをして行きたいと思います。そして、仏様のありがたさも常に心にとどめ置いておける人間になりたいと思います。ありがとうございました。

翔玄様
 ご回答ありがとうございます。ゲームにたとえていただいたので、イメージしやすくなりました。私も基本、レベルを上げて物理で殴るタイプです。
 どちらも他力、でもレベル1と100では確かに蓄積されたものに違いがある。そこへ至るまでの過程や努力なども確かにある。なかったことにはならないと言っていただけて、とても安心しました。世の中は結果主義、目に見えるものしか評価されず、結果を出せない限りは何もないのと同じと言われ続けるのが辛かったです。自分の中に今あるもの、これから身についていくものを信じて、そして仏様や他のすべてのものからのご縁を信じて、頑張っていきます。ありがとうございました。

「仏教全般」問答一覧

学ぶ方法が知りたい

仏教をもっと知りたくて、ネットを活用していたところ、 hasunohaさんを知りました。 過去のQ&Aを拝見させて頂くと、 実際の僧侶の方々のお答えの方が難しい言葉を並べた活字より、 私には馴染みやすいような気がします。 (以下はプロフィールと重複しますが) 縁あって(しかもまったく別件で2度)、真言宗に関わるようになり 30年近くになります。 その頃は少しずつ、作法等を教わったのですが、 2年ほどで絶縁したため、基本を知らず、現在に至ります。 昨年、不思議なご縁の下で ホントに自分がやりたい事は何か?を 時間を掛けて自分に問い、 やはりご縁のあった仏道を進みたい。 今世に生まれた意味を知りたい。 そして少しでも人様のお役に立つのなら・・・ まずは 読んでるお経の意味を知るべきよね、 仏教用語的な言葉の意味も知るべきよね、 と、ネットで検索三昧。 そうなるとどんどん拡大してしまって、 真言宗ってそもそも・・・ 父方は浄土真宗でお寺さんもすぐ近く。 浄土真宗ってどんな考え方なの? 大日如来、阿弥陀様やお釈迦様って? などいろいろと知りたいことが増えてしまいました。 言葉が適切かはわかりませんが、 効率的な学び方を教えて頂きたくてこの場をお借り致しました。

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

成仏とは

母が突然死しました。 数日前までとても元気に食事をし、健康診断も主治医から太鼓判を頂いたと喜んで報告してくれたので、しばらく信じられない気持ちでした。 きっと母自身も突然この世を去り驚いているだろうし、無念だったのではないかと気がかりでした。 母の死後、四十九日を待たずに地元で有名な霊能者の方にいろいろ視て頂きました。 信じる信じないは別として、ポッカリ空いた心を穴を埋めて欲しくて伺いました。 先生からの第一声が、母の生き方が素晴らしいとの事でした。 確かに母は誰にでも平等で優しく、穏やかな人でした。 しかし苦労が絶えず、娘の私から見ても果たして幸せな人生だったのか、そして誰にも看取られる事なく逝ってしまった最後が悲しすぎて後悔ばかりしておりました。 しかし、母は四十九日を待たずに天界へ登っているとの事でした。 すでに成仏しているとの事です。 例えて言うなら普通の方が徒歩で一歩ずつ天界へ登る所を、母はエレベーターで上がっていったようだとの事です。 今は6年前に亡くなった父よりも少し高い場所にいるとの事でした。 仏教は詳しくありませんが、人は亡くなってから四十九日間をかけて世話になった方等に挨拶周りをしてあの世への旅立つと祖母から教えてもらいました。 霊能者を疑ってるわけではありません。 それがでたらめでも心が救われたのは事実です。 そのまま胸に止めて生きていこうと思いましたが、ふとお坊様ならどうおっしゃるのだろうと気になりましたので質問させて頂きたいのです。 生前の生き方と言うのは成仏の仕方にも影響があるのでしょうか? 悪事を行えば地獄、良い行いをすれば天国。 それは子供の頃から頭の片隅に何となくありましたが、天国への上がり方にも生き方は反映するのでしょうか? 心が清らかな母だからそうなれたのでしょうか? そんな事って本当にあり得る事なのでしょうか? 母は悲しい最後で旅立ちましたが、人間、死に方ではなく生き方が全てと言う霊能者の言葉を信じても良いのでしょうか? 否定されても信じて行くつもりですが、仏様にお仕えするお立場からのご意見をお願い致します。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

こんなことをしていても大丈夫でしょうか?

もともとお線香の香りを楽しみたくて仏壇用のお線香をよくたいていました。 最近、1週間に1回お花が届く「お花の定期便」というものを始めたのですが、 そのお花と、お線香と、元々家にあるLEDろうそくを並べてみたら…三具足!?と思いました。3つ並べた状態でLEDろうそくをつけてお線香をたいてみたらなんだか仏壇に向かっているような気持ちになりました。 お線香に火をつけた後は何故か自然に手を合わせたい気持ちになるので手を合わせますが、この時の私の気持ちは何か1つを思うわけではなく、祖母や無くなった友人のことを思い出したり、大好きな仏様のことを考えたり色々です。 私の格好もお風呂上りだったりけっこうラフな格好で夜にこうしている事が多いです。 そして「この三具足のようなもの」はパソコン机の上なので、定位置に置いているわけでもありません。何か作業を始めたら隅っこに追いやってしまいますし、お線香が燃え尽きたらお花を移動させてしまうこともあります。 でも、もうすぐお盆ですし今度はお供え用のお菓子も置いてみようかな?と思い、お菓子を買ってきてしまったりもしています。 いつまでこれをやってみたいと思うのか自分でもわかりませんが、 今みたいな事をしていても大丈夫なのでしょうか?疑問に思い質問させて頂きました、よろしくお願いします。

有り難し有り難し 13
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る