hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

自殺について

回答数回答 4
有り難し有り難し 166

中学生の頃から生きている意味について考えていました。長く生きることは凄いことと多数の方が思っていると思いますが、最近そう思わなくなりました。年を重ねるごとに醜い人間になっていく人が沢山います、何故そうなってまで生きることに執着しているのかと思ってしまうのです。

生きることより死ぬことの方が楽なのではないか、私はなるべく世の中の汚れを知る前に自分が傷つく前に、上に挙げた人たちのようになる前に人生を終わらせたいです、そしてそれは寿命でもなく病気でもなく自分の手で死ぬことが一番素敵だと思っています。
自殺する人は精神力が弱いという人も多数いました、ですが他人の意思で生まれてきた生を自分で終わらせたいと思うのは当たり前だと思いませんか。

稚拙な文章で読みにくいかと思いますが、このような場でしか質問できないと思いました、ぜひ色々な考えを教えていただきたいです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

人間のへんてこりん♡な考えに縛られない

そういう考えって、物事を私見で取り扱ったチョット偏った見方です♡
メチャメチャ正論ならばTVやメディアでその意見が採用され「うん、そーだね!・真理だ!・いいね・いいね!」の大拡散。
ところが、そうはなっていないの世の中の現実でゴンス。
そういう理論があってはいけないワケではないのです。そういう表現が成り立つだけであって採用している人が実際にいない理論というものは人類共通の真理にはなりえない理論なのです。
確かに私も病気でしんどい時は、死んだ方が楽だわい💀という思いがよぎることしばしば。でも、そういう思いがよぎったからって、何でもかんでも思えてきたことを、ファイルクリックして持論大展開して現実化、実現したら世界中はメッチャラクッチャラのすっぽこぽいになっとるざましょ。
よって、こう考えてください。
「人間はホンットに良い意味でも悪い意味でもしょーもないコト考えちまうもんなんだ」と。
「考えちゃう・思えちゃった・そーいう変な考えが浮かんだ」という事自体は、別に間違いではありません。私の頭なんか日々是お花畑です。思想とは脳味噌が勝手に考えてくれたもんです。そういうアイデアは活用次第では小説やドラマ、作品にもなり共感を生むもので、悪いものではないです。
ですが、ですが。
あなたはこの長ったらしい文章を読んでいた時に息をしていたはずです。その息はあなたがやろうと思ってしていたのでしょうか。
もし、そうだとしたら私はあなたのご意見に全面的に賛同しシェア拡散してこの世に自殺教団を作りましょう。
ですが、この呼吸というものは、あなたの意思とか、あなたの考えとはまるで無縁に働いていたはずです。「人間の考えとは無関係に」。これがあなたを救うキーワードです。
年とってもエゴ丸出しのじさまばさまをみて心病むまでは、そんな暗いことを考えずにのびのび楽しく生きてきたはずです。
じーさん・ばーさんをみて、ああ、大変そうだなぁ、介護のお手伝いをしてあげたいなぁ、と思う人もいます。若き日のお釈迦様や私やあなたのように、老いに疑問を持つ方もおられます。大切なのはそれを機縁としてどこへ向かうか。
物事は良い悪いはなく、人間の考え・思い方とは無縁なのです。
あなたが幸せになるにはあなたの中の人間の考えに縛られて自死を選択する事を捨て、考えそのものから自由になれる幸せがあります。そこを求めてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

真理

長く生きることについて、ブッダのことばに

頭髪が白くなったからとて<長老>なのではない。ただ年をとっただけならば「空しく老いぼれた人」と呼ばれる。 ダンマパダ260

誠あり、徳あり、慈しみがあって、そこなわず、つつしみあり、みずからととのえ、汚れを除き、気をつけている人こそ「長老」と呼ばれる。 ダンマパダ261

とあります。仏教の説く避けられない苦しみに五蘊盛苦(ごうんじょうく)があります。これは心や体の機能が活発であることによる苦しみですが、おっしゃる通り「老いてなお益々盛ん」ということもあります。
幼稚な若い時だけでなく、年を経てもなお「執着」を離れられないということは全ての人間の課題だという事でしょう。

さて、

>生きることより死ぬことの方が楽なのではないか

とのこと。確かにこの世は残酷な面があり、そう思わざるを得ないような境遇も現実としてあるでしょう。しかし「楽」ということと「幸せ」ということは違います。耐えがたい苦しみの現実から解放される「楽」を求めて死を選択する人もおられますが、それが本当に幸せだったかどうかは何とも言い難いものがあります。

そして

>他人の意思で生まれてきた生を自分で終わらせたいと思うのは当たり前だと思いませんか。

については私は「当たり前」とは思いません。しかしあなたがそう思うのならそれを否定もしません。同様に他の人がそれを「当たり前」とは思わないことをあなたも認めなければなりません。
どのような境遇・考えからそう思うように至ったのかはわかりませんが、もしあなたが例えば裕福な家に生まれ、友達も多く、愛する恋人もいて、将来の夢もある…そんな境遇だったならば同じように考えたでしょうか。
そうでないならばあなたの上記の考えについては「条件や境遇」、仏教でいうならば「ご縁」によって左右されるようなもの、つまり「真理」ではないということになります。
「真理」とはどんな人にも当てはまる普遍の道理を指します。お釈迦様はこの世を「一切皆苦」と説き、その上で苦しみを滅する道があることを説きました。

その真理はどこにあるか?それはあなたのいのちにもはたらいているのです。あなたの思いとは無関係にいのちは呼吸も消化も細胞分裂も休みません。生きたい生きたいと願っているのです。
そのいのちの声に真理があると私は思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

蓮の花

このサイトはハスノハといいますが、蓮の花は仏教の象徴の花です。
それは蓮の花が濁った沼地に美しく清らかに咲くからです。
あなたが蓮の花の様に、この濁った世界でも知恵と慈悲を持って、美しく清らかに咲き続けてくれることを願っています。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

輪廻を考える

Mary様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

仏教では、輪廻を考えることになるため、過去世より繋がりて、今に至り、そして、また来世と繋がっていくものを扱うこととなります。

その繋がるものは、肉体や物質にはあまり左右されることのない微細なる心・意識の連続体であり、その心・意識における業・カルマのそれぞれの状態によって、それぞれの赴く先も決まっていくということになります。

まあ、長く生きようが、今すぐに死のうが、もしも、無明(根本的な無知)・煩悩による悪い業・カルマに心が支配されてしまっている状態である限りは、いずれにしても変わりなく輪廻し、迷い苦しんでしまうものになるということであります。

仏教は、その悪い赴きへと向かう輪廻の因縁(原因と条件)を、仏法を学び修することによって改め、善い因縁へと変えてやっていくことで、善い結果としての赴きとしての輪廻からの解脱となる悟りへと向けて努めていくためのものとなります。

できれば、仏法を学び修せれる希有貴重なる境涯としてある今こそ、まさにしっかりと仏法によって、悪い因縁をできる限り善い因縁へと変えて参りたいものでございます。

自殺など、その機会を自らで失わせてしまうようなもの。誠にもったいない限りです。

とにかく命を大切に、善き赴きへと向けて、仏教も是非、学び修して参りたいものでございます。

共に頑張りましょう。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。

私は不幸ではありませんとても幸せです、その幸せを感じていのちが生きたいと願っているからこそ死に惹きつけられている面があるのかもしれないです。
また新しい考え方を知ることができました、感謝いたします。

「自殺・自死」問答一覧

子供を残して自殺することについて

もうすぐ2歳になる男の子と主人の3人暮らしです。夫婦仲は良く、子供のことは誰よりも大切で愛しています。経済的な不安等、特段思い詰めるような原因はありません。普通の幸せな家族です。 その状況で私は死にたいという思いが強くなる一方で、これが鬱病なのか気質なのか、そのどちらであっても私の死にたいという気持ちを消してくれる可能性があるなら教えて頂きたく存じます。私はその気持ちを消したいのです。 私は物心ついた頃から死にたい・消えたいという願望が常に頭の片隅に張り付いています。楽しい時や悲しい時など、その時の状況・感情に応じて出るものではなく、常にです。死にたいというより、最初から自分の存在をなかったものにしたい。それと同時にこの世の全てが自分の夢の中なのではないかと思います。 私は人に全て話せるような普通の家庭環境ではありませんでした。それでも誰よりも辛く苦しい悲惨なものでもきっとありません。ただ、子供がしなくても良い経験を色々としてしまったのだと思います。 それが恐らく私の感覚を普通とは変えてしまった要因の一つだと感じています。恐らく普通の人より常に悲しく存在意義がなく、生きてる実感が鈍いです。みんなが抱えるような悩み云々ではなく、悩みなどなくてもひたすら暗いのです。 家庭環境に恵まれなかったので、私はサザエさんのような幸せな家庭に強い憧れがあり、それを今手に入れることが叶っています。それでも私の気持ちは明るくならず辛く重い一方で、もう限界なのかなと思っています。 今まで必死に前向きに、この暗い気持ちを消したくて頑張ってきたつもりですが、はたから見たら実に幸せな家庭を手に入れましたが、それでも私の気持ちは変わらないのです。もう頑張れる目標・気力が見つからないのです。 今、子供を残して死ぬのか、子供と一緒に死ぬのか、その選択で迷っています。 親を失う子供の気持ちは痛いほどわかっています。だから一緒に連れて行きたい。でもこの子の人生を私が奪ってしまっていいわけがない。それでも私は死にたい。その繰り返しで後は勢いで判断するしかないのかなという状況です。 死ぬのはいけない、というのはわかっています。死に方に悩むなら生き方に悩めと自分でもわかっています。だから、そもそものこの死にたい気持ちを消したいんです。 助けて下さい。お願いします。

有り難し有り難し 163
回答数回答 5

自殺はなぜダメなんですか?

私はとある私立大学の学生で、現在はオンラインと対面の両方で講義を受けています。 対面の時は、学校に行くのですが、その大学内でキモい、目が死んでる、まじで、学校来んなと言われています。 さらに、アルバイト先でも、必死で笑顔を作って接客しても目が怖いといわれ、さらに声も気持ち悪いから、早くやめてくれとも言われます。 勿論この事は、誰にも相談できませんし、この顔なり、と声から、彼女も出来たことがありません。 高校生から、今に至るまで、全く色のない生活を送ってきてもう、自殺しようかと考えている所です。 そんなかんじですが、なんとか思い踏みとどまろうと、とある心の重荷をとる本を読んで頑張ってますが、その本の内容の中に、人は何千回、何万回と生まれ変わっていて、世の中の犯罪は、皆が経験、或いはこれから、訪れるものであるため、世の中に悪い事など、存在しないものだと書かれていたんです。 それなら、自殺もむしろ悪い事ではないのではないか?それで救われるのではないか?と思うのですが、この事について、お坊さんはどうお考えをお持ちなのか教えていただけませんか?よろしくお願いします。 このままだと、自分が、いけない事に、手を染めてしまいそうです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

ふと自殺したくなる時があります。

普段、何不自由なく暮らしているのですが、寝る間際にふと自殺したい気持ちに駆られます。 私は正直これまで家庭環境も含め何不自由なく暮らしてきました。学校でも友人は多い方でした。ただ、本当の自分ではなく、親や周りに気に入られる存在を演じているだけなのかも知れないという思いにかられます。 演じている自分、そして演じられなくて失望させられてしまうのではないかという思いに板挟みになっています。 そして、将来の目標や夢などもなく、今生きているのもただ死んでいないというだけに感じます。 一度ネクタイを自分の首に巻きつけて死のうとした時は親の悲しむ顔が浮かび、思いとどまりました。しかし、それも今考えると死なない理由があるだけで、この先生きていく理由ではないように感じます。 今は、寝床でふと自殺願望に駆られるだけですので実行にはうつしていません。 ただ、これがふと断崖絶壁にいる時、電車のホームにいる時だったら何かの魔がさして死への一歩を踏み出してしまいそうです。 全ての人の人生の終着点は死であり、その時間が早いか遅いかの違いではないでしょうか?また、命とは私に属しているのにその処遇についての決定を自分で下すというのはそれほど不自然なことなのでしょうか? 最近分からなくなってしまっています。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

吃音症。自殺したいです。

高校二年生の庄子と申します。 私は生まれつき吃音症と言う障がいを持っています。 障がいと言っても以前までは少し言いにくい言葉があるだけでほとんど健常者と同じように話せていました。 しかし、半年前やっていたアルバイトで「いらっしゃいませ」と言えなくなったことにより話すことが異常に怖くなりました。 時間がたてば良くなるかと思っていましたが日に日に不安は悪化していて、最近は見ているアニメの台詞まで「この言葉は言いにくい」とか思ったり、自己紹介の場面でドキッとするようになってしまいました。 コンビニに行くだけでもレジで言葉がちゃんと出るかと毎回考えてしまいます。 映画館や博物館などに行くときも受付で喋らなくてはならないため、私はもう一生それらの施設に行けない気がします。 ですが、これから生きていく中で「自己紹介」をする機会は多くあると思います。 もし自分の名前が言えなかったら周りの人が不審に思う。周囲の視線、怪訝な顔、すべてが怖いです。 何をしてても言葉が出なくなる不安が付きまといます。 顔を洗っているとき、シャワーを浴びているとき、その上この前はみんなの前で言葉が出なくなる夢を見ました。 このまま一生吃音の不安が付きまとうならいっそ死んだ方がマシなんじゃないかと思います。進学しても就職しても吃音で自己紹介さえできないのでは生きていても仕方ない気がします。 これから先の私の人生、うまくいく気もまったくしません。 将来になんの希望もありません。 死にたいのに「死ぬのが怖い」「まだ10代なのに」という気持ちがどこかにあります。 かといって生きたくもないため、ただ不安を紛らわすために毎日のように自傷行為をしています。 病院には親が許してくれないため絶対に行けません。相談できる相手も一人もおらず八方塞がりです。 長文・乱文失礼しました。 お坊様の考えを教えていただきたいです。 回答よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 53
回答数回答 4

自殺したら地獄に行くことになりますか?

 こんにちは。まずは、突然こんなことを聞いてしまい、申し訳ありません。下手な文章ですが、読んでいただけたら幸いです。  以前ここで「勇気が出せる御言葉をください」と言って、質問させていただきました。その時には、多くのことを教えていただき、本当に感謝しています。そこで御言葉をいただき、生きようと決めたはずでした。  しかし、生きている中で結局耐えられなくなってしまい、自殺を決意しました。ただ、自殺をした場合には地獄に行くことになるのか、それだけ知りたくて質問させていただきました。もし地獄に行くことになるのであれば、死ぬときにはその覚悟をもって死のうと思います。  もう限界を迎えてしまいました。自分が生きる意味も、生きる理由も、どこにもない。どうやっても見つけられない。そう感じています。  自分なりに頑張ってきたつもりでした。でも、その頑張りは全て無駄で、結局誰かに迷惑をかけることしかできませんでした。そんな無力な自分がただ情けなくて、みっともなくて、もう生きていられません。  無力な自分に嫌気がさして、迷惑をかけるしかできない自分にうんざりして。毎日が自己否定と自己嫌悪の繰り返しで、どうしようもなく辛いです。  両親からも失望されて、愛されてもいません。自分がいなくなれば、迷惑な存在が消えて安心すると思います。自分にとっても両親にとっても、それが1番良いことです。  疑心暗鬼で親友のことも信じることができず、申し訳なさでいっぱいです。これまで親友でいてくれたことに対する恩返しも、迷惑をかけたことへの償いもできません。  これ以上、生きたいという自分のわがままで誰かに迷惑をかけることはできません。自殺をすることも、ただの自業自得です。  もう、誰にも迷惑をかけたくありません。一人きりで声を殺して泣くのも、疲れました。こんなことは早く終わりにしたいです。  まだ若い、まだ人生の半分も生きていない、まだやり直せる。そういった言葉は何度も聞いてきました。しかし、生まれてから今日までの二十余年、私にとってはそれが人生の全てなのです。自分が歩んできた道しかないのです。  もう、自殺をやめるつもりはありません。自殺したら地獄に行くことになるのか、どうか教えていただければと思います。  結局最後まで文章がまとまらず申し訳ありませんでした。

有り難し有り難し 27
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る