hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

宗派の特徴を一言で

回答数回答 10
有り難し有り難し 415

仏教と言ってもいろんな宗派があるようですが、それぞれどう違うのですか?難しいことはわからないので、一言で特徴を教えてください。

例えば浄土真宗だと「他力本願」ですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 10件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

よくわかる!?

kyosuke様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えとなります。

「宗派の特徴を一言で」とのことですが、その違いを簡単にご説明致すのは誠に難しい・・

回答を考えている内に、そういえば、少し前にツイッターやフェイスブックでよく流れていた【よくわかる鎌倉仏教】を思い出して探してきました。。

【よくわかる鎌倉仏教】

「座って色々考えようぜ」→臨済宗
「なんかもう座るだけで良くね?」→曹洞宗
「題目を唱えとけば救われるんじゃね?」→日蓮宗
「念仏を唱えとけば救われるんじゃね?」→浄土宗
「俺らもう救われてるんじゃね?」→浄土真宗
「それより僕と踊りませんか」→時宗

誰が何の目的で考えたのかは知りませんが、初めて見た時は、「えー、そりゃあまりにも簡略化し過ぎて誤解も色々と生じるだろう・・」と思いつつ、最後の「それより僕と踊りませんか」でかなり笑ってしまいました(笑)

仏教の目的は悟りを目指すことであり、そのための方法論について、山頂を目指すための登山口・ルートなどの違いで喩えられることが多いですが、その差異を説明するとなればやはり相当な文量が必定となります・・

但し、上記のようにまずは簡単にでも学ぶ上で興味の持てるようなフレーズを考えてみるのも良いのかもしれません。

例えば、以下は誤解を覚悟にて簡単に拙生なりに作ってみました。

「あらゆるみんなつながっているぜ→華厳宗」
「全ては心の顕れにすぎないんだぜ→法相宗」
「オイオイ、ルールはとにかく守ろうぜ→律宗」
「ゴールへ一気にワープを目指すぜ→密教系・真言宗・天台宗等」

こう考えていきますとまだまだ色々とフレーズが出てきそうな・・いやいや、これ以上、悪ノリはやめておきます。。

以下には日本における代表的な宗派について比較的丁寧にまとめられているサイトのアドレスを挙げさせて頂いておきますのでまたお時間のある時に参照して頂ければと存じます。

http://tobifudo.jp/newmon/etc/shuha.html

あとは、ウィキペディアの各それぞれの宗派についての説明も概要を知る上では、かなりまとめられていて役立つかと存じます。

http://ja.wikipedia.org/wiki/十三宗五十六派

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


「他力本願」 = 「自力無効」

真宗大谷派(東本願寺)の和田と申します。

先に浦上哲也師が仰ったことの裏返しになりますが、
自分の力が当てにならないことに気づくことを、
「自力無効」と言います。

「信心為本」も、
浄土真宗では大切な御言葉です。

{{count}}
有り難し
おきもち


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...
このお坊さんを応援する

曹洞宗とは

これは私の見解で公式のものではありません。
ですが、曹洞宗の定義は一言で安易に片づけられるべきものではありません。
①曹洞宗は(曹洞宗に限らず全宗派でしょうが)いわゆる「○○宗」と区分けされる類のものではありません。「曹洞宗」という個別な宗派、宗教ではない。
(なぜなら教えを広められた道元禅師という方が曹洞宗、禅宗と称することを戒めておられます。これは物の本質を見極めれば、人間の本源の上には宗派の隔てなどない、ということ)

②曹洞宗は、皆の宗、臨機応変派、というシャレがある。
(万人に通ずるものでなければ、普遍性がない偏った❝思想❞に堕するから)

③曹洞宗は、よく只管打坐といわれますが、
「ただ黙ってぶっ坐ればいい」「黙ってただ坐っていりゃいい」などという愚かな教えではない。
(只管に打座して心身脱落(悟り)することを得よ、と道元禅師はしきりに遺されている)
なぜ只管打坐がしきりに強調されるのかといえば、ときの学者が膨大な道元禅師の教えの中から一部を抜粋し、これが教えの中心ではないかと誤解したため。

④曹洞宗で「威儀則仏法 作法是宗旨」といわれますのは、お寺の中の行持、イベント、法要で、作法や威儀を正しなさい、という陳腐な教えではない。
(今自己があるところ、事故の様子が威儀であって、誰でもの様子である。作法とは、❝心身無為 心身脱落 はからいのない❞あるべきよう(法)、を作す、ということであって、なにかお作法らしいことを成すのでもなく、ひと力入れて、はからいを成すことでもない)

⑤よって曹洞宗とは、
誰もが、いま、ここ、この事、目の前のことにありて、
向かうところなく、心にはからいなく、腹だちなく、憂いなく、善悪の評価無く、モノの根本を悟り、事に惑わされず、自己と認めているものを忘却し、観念的な思量の生活から自由になって毎日安楽安穏な生活を実現する教えです。って、一言どころじゃなかったですね。 (^^♪

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

「南無阿弥陀仏」 浄土真宗本願寺派です。

「南無阿弥陀仏」

浄土真宗本願寺派です。

本願(必ず救う!という 阿弥陀仏の摂取不捨の救い)を、 そのまま受け取り、 心から信じることで 浄土往生が定まると、明らかにされたのが 親鸞聖人であり。阿弥陀仏の 喚び声に、報謝の お念仏が出る。

まさに今 至り届いている救いが、絶対他力であり、これが、浄土真宗の救いであります。

{{count}}
有り難し
おきもち


はじめまして(*^^*) 中田みえです。 教善寺 住職として、高校生の息...
このお坊さんを応援する

真言宗は「即身成仏」

真言宗の僧侶です。
真言宗の場合、一言なら「即身成仏」(煩悩を持ったこの身このままで御仏になることができる)
でしょうか。

もうちょっと足すと、
・即身成仏(ソクシンジョウブツ:仏様の言葉を使って、仏様のような気持ちで、仏様のように行動すれば、もうあなたは仏様と一緒じゃないですか)
・曼荼羅思想(マンダラシソウ:世の中のものは全て仏様の種を内在しつつ関係しあって存在し、不要なものは無い)
・密厳国土建立(ミツゴンコクドコンリュウ:この世の中を素晴らしい場所にすることを目指そう)
の3本柱です。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...
このお坊さんを応援する

賜りたる信心

すでに浄土真宗の方も何人かお答えになっておられ、

どれも浄土真宗をよく表していると思います。

あえて一つ付け加えると、「賜りたる信心」

信心は、私がするものではないのです。

阿弥陀様が私に向けてするものなのです。

他宗派のことはよくわかりませんが、

阿弥陀様に願われている存在が「私」だと思うと、

ありがたいと思わざるを得ないところです。

{{count}}
有り難し
おきもち


ただ念仏。

本願他力というかたもいらっしゃるかもしれませんが、

私としては浄土真宗をひとことでいうと
「なむあみだぶつ/なもあみだぶつ」だと思います。

仏教では仏法僧に帰依するといいますが、お坊さんの名をよぶわけでも、お経の名をよぶわけでもなく、
仏の名をよぶ「なんまんだぶつ」。という立場をとりたいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち


介護福祉士、公認心理師、浄土真宗僧侶 他に社会福祉士、調理師。 僧...
このお坊さんを応援する

誤解度No1仏教語「他力本願」

kyosukeさん
なごみ庵の浦上哲也と申します。

浄土真宗は仰る通り「他力本願」と答える僧侶が多いと思います。

ちなみに、こういう質問をなさるのですから「釈迦に説法」かもしれませんが、世間で良く使われる「自分で努力せず他人の力をあてにする」は本来の意味ではないのでご注意下さい。
でも、字を見れば誤解してしまいますよね、これ。

Yahoo!辞書 他力本願
http://dic.yahoo.co.jp/dsearch?enc=UTF-8&p=他力本願&dtype=0&dname=0na&stype=0&pagenum=1&index=11677000

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

「曹洞宗」さらに付け加えると

水上 昇真師の回答をさらに付け加えると。
 
 威儀即仏法(いいぎそくぶっぽう)⇒坐禅、服装、法要、日常生活(朝起きて、洗面、歯磨き、トイレ、掃除、お風呂、食事、髪を剃る、就寝まで)ありとあらゆることが作法として確立している。
 「公界の道場」といわれ、修行は自分の世界は無く、すべては公の世界だから、修行は休むべきではない。休むものではない。それが仏の教えである。という教義の下行われます。

{{count}}
有り難し
おきもち


ちょい悪坊主を目指しています。尊敬する人は一休さん。
このお坊さんを応援する

曹洞宗では「只管打坐」

「只管打坐」(しかんたざ)とはただひたすらに座禅をすること。
曹洞宗は禅宗です。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

「仏教宗派について」問答一覧

お墓と宗派について

母が他界しお墓を探しています。 私が未婚ですので、両親と私で3人入れる永代供養のお墓を数ヶ所見学しました。 家から無理なく通える環境の良い霊園がありましたが、曹洞宗のお寺が管理してくださっている霊園です。 父は日蓮宗てす。 その霊園は宗派問わずに受け入れ可能で、法要の際は信仰のある宗派のお坊さんを呼んでも良く、また霊園で契約している日蓮宗のお坊さんにお願いすることも出来ます。 私が生きている間は日蓮宗で法要が出来ますが、私が亡くなったら曹洞宗のお坊さんの年に一度の合同法要のみになってしまいます。 生前の母と私の考えは、特に宗派関係無く、お経を唱えてくだされば、それだけで有難い気持ですが、父のことを考えると契約に踏みきれません。 また、日蓮宗でずっと法要をしているのに、最後は違う宗派のお経の供養を受ける事は、問題ないことなのでしょうか? 自宅から近い日蓮宗のお寺にある永代供養墓も見学したのですが、周りに何も無く殺風景で寂しく感じてしまい、母を先に納骨するのに後ろ髪を引かれる思いになってしまいました。 父の意見は、霊園の方が母らしいし、自分も寂しいのはイヤだ。ここで良いとは言ってくれましたが、本心は日蓮宗のお寺が良いのに、私達のことを想って無理してるのでは...とも考えてしまいます。 このような場合、もう一度最初からお墓探しを考えた方が良いのか、父が良いと言ってくれているのだから、問題無いのかご意見いただきたく、質問させていただきました。 よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 28
回答数回答 2

自分の葬式と墓の宗派について

お久しぶりです。前回の質問ではお坊様方に大変お世話になりました。今回は自分の将来の葬式と墓についての相談です。 僕は今年仏教の教えに感銘を受けて以来近所のお不動様(真言宗)に毎週参拝し般若心経をお唱えしています。しかし僕の両親の実家は浄土真宗の檀家で祖父母も母も浄土真宗式で葬式をして同じ墓に入ることを望んでいます。もしかしたら僕も自分が死んだ後同様に浄土真宗の葬式で供養され同じ墓に入るかもなのですが、そうなると毎週参拝しているお不動様やお大師様に失礼になるんじゃないかとこのところ悩んでいます。 ただ僕自身は自分が浄土真宗式で供養されることには抵抗はありません。というのも既に亡くなった曾祖母(勿論浄土真宗でした)はお大師様を尊敬していたり祖父も別のお不動様に参拝したりしていたようですし、阿弥陀様を含め全ての仏様は大日如来様の化身であるという真言宗の考え方や金銭的問題で新しい墓は作れそうに無いなどの理由があるためです。 しかしやはり不安は消えないため一度お坊様のご意見を伺うべきかなと思い質問させていただきました。 真言宗のお寺で毎週参拝する自分が葬式とお墓は浄土真宗というのは真言宗の仏様やお寺に対して果たして失礼にあたるのか、また罰当たりにならないのかハッキリした答えが欲しいです。よろしくお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

私の仏教の修行に対する不安

拙い日本語をお許しください。私は外国人です。私は30年ほど前から仏教に興味を持っています。しばらく前に、正式に真言宗の在家信者になりました。私は高度な密教の儀式を実践する資格を持っていませんし、僧侶でもありません。しかし、平信徒には毎日の勤行の儀式があります。私は様々な真言や祈り、般若心経などを唱えることを求められています。 私は、善良で勤勉な在家仏教徒になりたいと思っています。近年、私は法然上人、親鸞聖人、浄土についてよく読んでいます。これは私を強く感動させました。私は心の中で、ただ弥陀仏に身を委ね、念仏に頼るべきだと思うようになりました。在家信者として仏教に貢献していますが、自分は弱くて罪深いと感じています。私のような者には、シンプルな修行や念仏の方が適しているようです。 真言宗の方のご機嫌を損ねないようにしたいと思います。真言宗在家信者として修行する機会を与えられたことには深く感謝しています。 しかし、毎日の勤行の儀式については疑問と倦怠感を感じています。この修行をやめて、ただ念仏を唱えることはできないのでしょうか?それとも、一生、毎日、真言宗の勤行の儀式を続けなければならないのでしょうか?最終的には、個人的な感情に関わらず、必要なことは何でもしたいと思っています。しかし、私の気持ちは強力です。不安と恐怖を感じているので助けてください。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

子供の供養のことで悩んでいます

娘の供養 これでよかったのだろうかと悩んでおります。 ご指導ください。 (経過) 若い頃(約50年前)生後3ヶ月の娘を亡くし、親戚の人にお坊様を紹介され葬儀を行いました。家が真言宗だったので真言宗の仏壇を購入し、娘の位牌を収めました。また、公営墓地の永代使用権を取得し、お地蔵さんを建てて納骨供養をしております。 娘が亡くなって1年後に私どもは転居し、そのお坊様との付き合いもなくなりました。その頃やっと気がつきました。そのお坊様が浄土真宗の方で、我が家の宗派(真言宗)と異なること、法名・戒名が異なることに。 その後転居先で真言宗のお寺様を探すのを怠り、現在までお付き合いしているお寺様はありません。毎年お盆になると家族みんなで仏壇の前で「般若心経」をあげ、その後墓参りに行っていますが、僧侶によるお勤めや回忌法要などは営んでおりません。 最近、浄土真宗と真言宗では教義が大きく異なることも知りました。 気がかりな事がございます。ご指導ください。 (仏壇のこと) 我が家の宗派は真言宗です。 現在、真言宗の本尊が祀られた仏壇に浄土真宗で葬儀された娘だけが祀られており、位牌、過去帳には「釈尼○○」と記載されています。現在もお付き合いしているお寺さまはありません。将来私ども夫婦が亡くなったときは真言宗による葬儀・供養を考えています。 ①真言宗の仏壇に浄土真宗で葬儀・供養された娘を祀ることは問題ないのでしょうか。 ②将来私ども夫婦がなくなったとき、真言宗の仏壇に真言宗と浄土真宗の仏が祀られることになりますが、宗派による教義の違いは問題ないのでしょうか。 ③お盆などに真言宗のお坊様にお参りしていただいたとき、娘も供養の対象としていただけるのでしょうか。 (仏壇でのお勤め) 大日如来像に一礼し、お大師様の掛け軸に一礼し「南無大師遍照金剛」と唱え、娘の位牌に向かって「南無阿弥陀仏」と唱えています。 「南無阿弥陀仏」は、娘の冥福を祈る気持ちが言葉になったもので、特に宗派を意識したものではありません。 ①真言宗の仏壇で「南無阿弥陀仏」を唱えてもよろしいですか。 ②お盆には、仏壇で「般若心経」をあげてからお墓参りに行きますが、問題はありませんか。浄土真宗では「般若心経」は不要、教義と矛盾すると言う方もおられますが。 よろしくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 16
回答数回答 2

曹洞宗と日蓮宗。善い行い悪い行い。

以前、仏教とは?と質問させていただいたものです。沢山の回答がありまして、その中に仏教とは善い行いをするためにする事とあったので、善い行いを心がけてますが、毎日仕事をしていて、雑草を抜いたり、害虫を殺したりしています。お客様や職場の人は喜びますが、これって仏様からみたら善い行いなんでしょうか?また、私の友人の住職は善い行いをするのではなく慈悲の心でする事瞑想をとうして、仏様が私の心になる。とおっしゃっていました。心が瞑想すると第4図という好き嫌いの心から、慈悲の心になるそうで、例えば誰かに刺されたとしても心は穏やかなままになるそうです。その方は曹洞宗です。友人にさそわれ私が信仰していた日蓮宗系なので、お経を毎日あげる事で先祖が喜んで力をかしてくれるという教えでした。わたしは今はお金がかからないので曹洞宗のお寺に行ってますが、日蓮宗が間違えではないと思うので、曹洞宗のお坊さんが読んでる般若心経を譲ってもらったのでそれを毎日よんでます。日蓮宗が間違ってるとは言わないですが、その団体の独自の解釈で抜粋されたお経はスッタニパータ読む限りではずれているので。本物の日蓮宗のお坊さんとは出会った事がないので、自動的に私は曹洞宗になってしまったというか檀家なのでお墓は曹洞宗のお寺なので、わざわざ、変える必要もないというか、遠くてお墓参りにいけないんならいくら日蓮宗のお寺さんにしたいといっても先祖も自分も喜ばないと思います。うちの近くの曹洞宗のお坊さんいいかたですが、日中ずーっと瞑想して座ってるだけの日もあるんそうなんですが、日蓮宗系のお坊さんからしたらお経も読まないで何してんだ感じだろうけど、そのプロセスの違いだけなんだと思います。何を信じたらいいかわからなくなる時もありますが、慈悲の心になればいいし、先祖も大切に生きていきたいです。

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

亡くなった妹に自宅で出来ること

はじめまして。 あまりにも早すぎる妹の突然の死から一週間が過ぎようとしています。 妹は昨年病気がわかり闘病しておりました。一旦治療が終わり良くなったかの様に思われましたが、今年に入り2月頃から体調不良を訴え治療しておりました。 しかし、良くなる所か悪くなる一方で先日話も出来ないまま逝ってしまいました。 妹には夫と息子が1人おり、位牌や遺骨は妹の自宅に現在あります。 離れているため頻繁に行くことはできません。 また、あちらの家族とは親交が少なく行きづらい状態です。 義弟のせいで妹は体調を崩し、病気にまでなってしまったのだと思われるような日記も出てきました。 そんな人たちの所には行きたいともおもいません。 父や母も妹を失った悲しみが強く、いつも妹に話しかけるような仕草をしています。 妹を思い出しては後悔ばかりで涙がとまりません。 現在、自宅には祖父母の仏壇があり毎日手を合わせています。 こちらには妹の位牌も遺骨もないわけですが、妹に毎日手を合わせたいです。 写真を飾るのも良くないのでしょうか。 写真を飾る場合はどこに置けばいいのでしょうか。 私たちはこれからどのようにしていけばいいのでしょうか。 アドバイスがありましたら教えてください。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

葬儀で宗派を選ばせて頂いたのですが

お坊様方には大変失礼な相談になってしまうと思います、 申し訳ございません。 2月に母が亡くなりました。 葬儀の打ち合わせで宗派を聞かれたのですが、わからず。 遠方に唯一の父方の叔父がいるのですが、闘病中で確認取れず。 以前両親が元気だった頃に聞いたことがあったのですが、 2人とも「わからない」との事で、そのままにしてしまいました。 メモリアルパークに両親がお墓を用意していたので 電話して聞いたのですが、 「宗派の欄には何も書かれていなかった」との回答で。 斎場の方は「ご家族で相談して宗派を選んでくださって良いですよ」 との事だったので、 兄が以前読んだ浄土宗関連の本がとても良かったと話していたので、 浄土宗でお経をあげて頂きました。 葬儀が終わり、ふと実家の父方の祖父のお仏壇を見たら 真言宗でした。 (無知でお恥ずかしい限りですが、お仏壇を用意する段階になって 宗派によって御本尊様も違う事を知りました・・・) 祖父は父が子供の頃に離婚していて、離婚後は祖母の名字になり 母と私達兄弟は、お棺の中の祖父が初めての対面でした。 亡くなった祖母も、父も叔父も祖父を嫌っており、 特に祖母と叔父は 「葬式はするけど仏壇や位牌を持ちたくない」と言っていたので 私の母が祖父を連れて帰りました。 その後は父も兄も私も、母にまかせっぱなしでした。 祖父のお墓があるのかどうかもわかりませんし、 祖母のお墓も遠方なので何処にあるかわかりません。 このような状況で、宗派がわからないのに 浄土宗でお経をあげて頂いた事は失礼だったのでしょうか。 母は穏やかに過ごせているのでしょうか。 家族は浄土宗でお経をあげて頂いた事を感謝しており、 朝晩、南無阿弥陀仏を唱えていますが 阿弥陀様やお経をあげて下さったお坊様にも失礼なのかと、 母は大丈夫かと、今さらながら不安になっています。 祖父と祖父の先祖代々のお位牌が実家にあるので、 数日おきに行って手を合わせていますが このまま祖父のお位牌を誰もいない実家というのも気になります。 宗派が違うお位牌を同じ部屋というのは良くないでしょうか?

有り難し有り難し 31
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺