hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

何を信じればいいのかわかりません

回答数回答 5
有り難し有り難し 73

私は特に何かの宗教、宗派に属している訳ではありませんが、初詣などは神社に行くし身内のお墓はお寺にあるし、クリスマスは何となく特別な感じがしてケーキを買ってきます。
こういう状態は海外の人には驚かれるみたいですが、お坊さんから見ても変なことだとかけしらかん!と思うのですか?

私は正直あまり宗教は詳しくないですがそれぞれの考えを聞くとなるほど、と思うこともあってどれか一つに絞って信じるのは出来そうにありません。これっておかしい、いけないことですか?

2015年12月30日 16:29

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 5件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

信じる以前に何でも受け入れている真実を信じればいい

あなたの口はどこの宗派宗教のものでものみ込めるものでしょう。
たとえば、飲み物ならお茶、コーラ、紅茶、コーヒー、サイダー、ココア何でもカモンです。
耳も、ジャズも演歌もロックもクラシックもポップも何でも聴けます。
それができなきゃ、紅白歌合戦なんて見れたもんじゃありません。
「口は争いや隔てを起こさない」「耳はあらゆる音楽を聴く。争いや隔てを起こさない。」
それが仏教であり、真の宗教性です。
私は、どの宗派の人間の話も聞けるし、そこで学べる。
私のみならず、万人がそうなのです。
人間の思想の好き嫌いによって隔てられることのない本当の宗教性。
それが、仏教なのです。

うどんも、チジミもパスタもパンも、なんも素材はみな小麦。
みんな違ってみんなイイ。
そういう宗教性こそ本物です。
何でクリスマスを楽しめない。
神社も行ってよろしい。
今から除夜の鐘を打ちに行ってもよろしい。
私の袈裟のルーツはインドの袈裟。
法衣のルーツは中国。
白衣のルーツは日本。
その下に今、ベトナム産のヒートテック。
さらにお札としてホッカイロを貼っています。
何でもござれ、ではない。
何でも受け入れることが可能なのが、我々の誰でもの真実なのです。
その真実こそ宗教性なのです。思想の宗教にするから嘘くさくなるのです。
眼は何を見ても嫌わない。耳もどんな音楽も受け入れる。口もどんな料理も受け入れる。
それを信じなさい。それを禅とか仏教という。

2015年12月31日 22:49
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

自分を信じてください。

こんばんは。

文面拝見するに宗教心はちゃんと持っていらっしゃると思います。

何かを信じるならば何かを否定しなきゃいけないと考えすぎると、カルトに陥る危険性もあります。
とりあえずは日本式宗教を信仰しているというスタンスでいいんじゃないでしょうか。

そのうち、何かの出会いや興味が出てきた時点で細分化すればいいですが、
信仰心はちゃんとあるので、ご自分を信じていただければ大丈夫ですよ。

2015年12月30日 20:01
{{count}}
有り難し
おきもち

『壊してしまうのは一瞬でできるから、大切に生きてと彼女は泣いた』 という...

そんなことはありません。

どの宗教も、否定せず受け入れる事ができる日本人は素晴らしいと思います。他の宗教を否定することは、争いを生みます。とても、柔軟な頭を持っている民族だと思います。

日本のお寺の敷地には、神社があるところがあります。私のお寺には神棚があります。
クリスマスにイルミネーションで飾るお寺もあります。

誰もが救われる事を願うのが宗教なのだと思いますよ。こだわらない事です。

2015年12月30日 16:43
{{count}}
有り難し
おきもち

仏教を信じなさい

古来ニッポン人には、神道(しんとう)という道があり、ありとあらゆるものに神を見出しすべてに畏敬の念を持ち大切にしてきました。
神社に参拝することはニッポン人なら極自然な事です。
----------
次に仏教。これは教えです。道中歩みを進めるにあたり様々な苦難や誘惑があります。それらを乗り越えるための方法、それが教えであり必要不可欠なものです。
----------
最後に神道、仏教意外のものについて。
道があり教えを得たニッポン人にとって他のものは不要です。
クリスマス。
本来はキリスト教の厳粛な宗教行為ですが、ニッポンにおけるそれは、いわばキリスト教の魂を抜き取り抜け殻を弄んでいる極めて品格のない行為と考えます。キリスト教への冒涜と言っても過言ではない。
----------
あらゆるものを敬う神道の血を受け継いだニッポン人の誇りが穢れるので直ちにお祭り騒ぎはやめるべきです。

2015年12月31日 4:56
{{count}}
有り難し
おきもち

「平等」という嘘を信じるな。 仏はこの世が不平等であり辛苦から絶対に逃れ...

迷信への執着も悩み苦しみの原因、ではある

仏教の基本としては、何かにこだわるのは悩み苦しみの原因になるので良くはありません。
また、よく確かめもしないで盲目的に何かを信じたり、頭から決めつけて何かを否定するのも、悩み苦しみにつながります。

ですから、世間の習慣・文化としてケーキ食べたりプレゼント交換したりを楽しむのはよいですが、宗教にこだわりすぎて余計な不安につながるのは避けたほうがよいです。
たとえば、観光気分でお守りやお札を買ったり、おみくじを引いたりを楽しむのはよいですが、
「今年はお札を買い忘れたから何か悪いことが起きるかも」「おみくじで凶が出た!恐い!どうしよう助けて!」「忙しくてお墓参りに行けなかった!ご先祖の祟りが恐い!」などと宗教のせいでストレスになるような考え方は、しないでください。

2015年12月30日 18:36
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。無理にどれか一つにこだわらなくてもいいのですね。今までモヤモヤしていましたが、何だか気持ちが軽くなりました。おみくじの結果に一喜一憂したことや、お守りを持ってくるのを忘れたから今日の試験はうまくいかないかも…などと思うようなこともあったので、これからは宗教を理由に不安になりすぎないように気をつけます。

「仏教全般」問答一覧

「師匠無しは外道です。仏教は世界を救うためにあります」

坐禅会で副住さんと二人きりだった。 気候に依るか、今日は二人だけという縁に依るものであったのか、僕がムカつく顔をしていたのか…なるようにして、そうなったのでしょうが…。 会話量は僕が2、お坊様が8くらいでした。法話聞きに行ってるので。 風の吹き方一つで虫の居所も変わるでしょうし…なるようになったのか? 「山には色んな入口と登り方があり、諸宗教も同じですよ。」 僕「山なんて本来無いのでは?」 「貴方と話してるとウンザリするんですよ…こう言うのも面倒くさいんです(半笑い)」 「えっ」 突然だったので驚きました。これは何らかの方便なのでしょうか? 縁が整った故の個人的な考えですが、神様には個々人の内に誕生日があって、各々が見聞していく中で神々の造形や威光が深められていき、その信徒が己の生み考えた偶像にひれ伏すようになっていく。そういった一切は縁起に依り、各々が思うように仕立て上げていると気付くために坐禅等の諸行によって三昧、思い込みの縄を解き、無自性=縁起に気付き、よくよく見極めていく。 「自覚」縁起の教えが仏教。そこが諸宗教と一線を画する所では? と考えています。 そう思える縁が整っただけですが…。 上記のような屁理屈だって蹴倒れる程に悲しい。 因縁仮和合云々並び立てても殴られりゃ痛いし、彼の軽蔑は悲しい。 それで心相続していって変遷していく。 またその場の気分も風の吹き方一つで変わるので、次はお寺に行くかもしれないし、行かないかもしれない。嵐か地震が来るかもしれないし、実際は考えに依ってくれないし。 世界を救うって何を…? 僕「師がいなくて外道なら、在家信者は外道ですか?」 「師ならそこらじゅうのお寺にいるでしょう。 解釈に囚われているから、そういった考えになるんです」 僕「はい」 「ウチは檀家100件を超えておりますが、法事をして救いもして、救いもしない事が救いになる事もありますよ」 「師について学ばないとオウムと変わりませんよ。空だから〇してもいいっていう」 僕「え?(なんで突然オウム?そもそも誰かを〇すなんて)」 彼が気に入るだろう答案を提出できる縁に僕は恵まれなかった。 痛い位に今日の彼から伝わってきたのはもう僕に二度と会いたくないってこと。 僕が出来るのって出来る限り接する人に親切にしていこうと願う事位。 世界を救うって何?彼の真意は何でしょう?

有り難し有り難し 62
回答数回答 2

仏教では女は差別されるのですか?

初めて質問させていただきます。 ここ3年神仏に惹かれて近くのお寺にお参りなどさせていただいているのですが仏教では女だと差別される、等など聞いてしまい、ネットなどで見てみたらそんな話が色々書いてありました。 例えば女だと成仏出来ない、女は汚れているだの書かれていました(泣) 本当にそんな差別などお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんがするのか知りたいです。 そんな事を仏さまは思ったりしていないと思うのですが… 女だと汚れているからと思っているお坊さんはこの時代いるのでしょうか? もし、本当にお釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さんが思っていたらお 参りすることって出来ないですよね…? 悲しい事が書かれていたので凄く落ち込んでいます… 今まで一生懸命感謝の気持ち、これからもよろしくお願いしますと手をあわせていたのが意味もないんだと思ってしまいました。 実際、以前土俵に女性が上がったのが問題になったのがありましたよね? (土俵は神社系だと思いますが) なので、結局神仏どちらも女性軽視になるのですか? 神社で女性の神主さんは見たことがあります。 仏教はどうなのでしょうか? お釈迦さまやお不動さま、そしてお坊さん達は実際本当に女性軽視なのですか? 子供を産むのは女性なのに悲しいものを読んでしまいショックです。

有り難し有り難し 26
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る