hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

納得のいかない法話

回答数回答 6
有り難し有り難し 143

質問させていただきます。
回答しづらければ、スルーでお願いします。

母の四十九日法要の和尚さんの法話でのことです。
「亡くなった人はどこへ行くか?」と和尚さんは私の甥に尋ねました。
小学生の甥は、「心の中」と答えました。
それは、亡くなった母が教えたことです。
母は「自分が死んでも、いつも見守ってるから」という意味で、生前、そのように話したのだと思います。

が、その和尚さんは、それを完全否定しました。
人は死んだら「無」になる、と。
何もなくなる、心の中ということはない、と。

実際に仏教でどのように考えられているかは知りません。
和尚さんが仰ることが正しいのかもしれません。
ですが、そこはあえて否定する必要があるのでしょうか?
マチガイハ タダスベキということですか?
甥だって大人になるにつれ、母の言葉の意味は理解するだろうし、何より母の法要で母を否定されたような気がして、何とも言えない気持ちになりました。(「黙れクソ坊主がっ!」と思ったことは内緒です)

また、その話の流れで、ホームレスは人間のクズだから地獄に堕ちるという話をされました。
いや、ちょっと待て!
人は死んだら無になるんじゃなかったのか?
無になったら、地獄も何もないのではないか?
それとも、ソレとコレとは違うとでも言うのだろうか?
それより、ホームレスが人間のクズとはどういうことなのか!?
それが仏教なのか?
和尚さんの偏見ではないのか?

和尚さんに対しての怒りの感情と、母に対して申し訳ない思いと…
お前が地獄に堕ちろ!とマジ思いました…

ホームレスの方達に炊き出しをするボランティアをしていたので、色々と思うところがありました。

もう数年前のことですし、そのことを引きずって悩んでいる訳ではありません。
過去のことに上書きすることはできませんし、それはソレで、そういう事実があった、でよいです。
ただ、その本当のところが知りたいです。

数年前のことを、なぜ今、このタイミングで?と思われるかもしれませんが、今まで聞く人がいなかったからです。
hasunohaのサイトを最近知りました。(遅っ!)

よろしくお願いいたします。

2018年12月27日 16:53

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【後生の一大事】

”マチガイハ タダスベキということですか? ”
あなたの仰る通りですね。
甥っ子さんがせっかくそう思っているのなら、それを励みとしていよいよまっすぐ育つように言葉をかけてやるべきだったと思います。

”その本当のところが知りたいです”
さて本題ですが、結論として、結局のところはわかりません。
科学的、物理的に確認しようがありませんから。
はっきりしている事として、仏教は「無になる」と説明したほうがいい人には「無になる」と言うし、「極楽へ行く」と励ましたほうがいい人には「極楽へ行く」と言うし、「地獄に堕ちるぞ」と戒めたほうががいい人には「地獄に堕ちるぞ」と言います。肝心なのは、死後に思いを馳せる事で、今生きている者がより善く生きていけるかどうかです。

だから、それこそ四十九日法要のときの話。甥っ子さんが「亡くなったおばぁは僕の心の中にいる」と言ったのであれば、「そうやな。だから、寂しがることはないし、おばぁはちゃあんとお前を見ているからな、お父さんのお母さんの言う事をよく聞いて、勉強も一生懸命がんばってー」と励ましてやるのが僧分の本来の役割だと私は思います。

2018年12月28日 0:51
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

ご住職との信頼関係

質問読ませていただきました。

我々僧侶も、それぞれの宗派の中でそれぞれの教学を学び、そこからさらに自分で色んな経験や勉強を重ねていくのです。ですので、僧侶それぞれに考え方や化導方法があります。
それらについて、好き嫌いは当然あるでしょう。

そして「無」ということですが、色んな概念があります。
人間は死んでしまうと何も無くなるから、次の命なんてないのだ、という意味で「無」という言葉を使われる方もいらっしゃるでしょう。
また、人間という仮の形でこの世に命を受けたが、亡くなればその仮の姿は無くなり、次の命を受けるのだ、という意味で「無」という言葉を使われる方もいるでしょう。

仏教を開かれたお釈迦様も、もともとは煩悩の多い一般人であり、何度も生まれ変わりながら気の遠くなるような長い年月修行を重ねることでようやく悟りを開かれたのです。
ですので、そのご住職の言われた「無」とは後者の意味ではないでしょうか。それは、「地獄に堕ちる」という言葉からも推測されます。

ただし、「ホームレスの方・・・」というご発言に関しましては、ひょっとしたら深い考えあっての発言で、少し表現が乱暴なだけだったのかもしれません。一度尋ねてみて下さい。
もしそうであるなら、りぃなさんのわだかまりは溶け、ご住職との信頼関係は深まるかもしれません。雨降って地固まる、ですね。

私は、住職と御信徒の間には信頼関係が必要不可欠だと考えています。なぜなら、信仰とはその人の人生に大きな影響を与えるからです。どれだけ正しい教えだったとしても、それを説く住職を信頼できなければ、その教えに身を委ねることは難しいでしょう。
また、仏教では「臨終の一念」と申しまして、どのような臨終を迎えるかで次の命が決まります。自分が死を迎える際、「私はこの信頼できるご住職にお葬式を挙げてもらって、苦しみのない世界に生まれ変わるんだ」と心から思えるのであれば、きっと穏やかな気持ちで臨終を迎えられるでしょう。しかし、「あの住職にお葬式あげて欲しくない」なんて思えば、心は乱れます。

ですので、住職と信頼関係を築くことが大切です。色々お話しして、もしどうしても納得できないというのであれば、信頼に足るご僧侶を探してみて下さい。ただし、一度信頼し、「この方を師とする」と定めたのであれば、その心を忘れないようにして下さいね。

2018年12月27日 18:50
{{count}}
有り難し
おきもち

京都府・大阪府・奈良県の県境に当たる、京都府京田辺市の自然に囲まれたお寺で...

がっかりです。

ご質問を読ませて頂きました。
実際に法話を聞いたわけではないので断言は出来ませんが「無」の発想からして禅宗のお坊さんでしょうか。

そもそも仏教はインド発の宗教ですので、人は生まれ変わり死に変わりを繰り返すと考えており、これを輪廻転生と言います。
ただし、輪廻転生は仏教独自の思想ではなく、インド生活圏内の国々では仏教発生以前から今日まで常識として捉えられています。
しかし、時代が経つにつれて、仏教にも唯心論的な思想(唯識)が芽生えて、天や地獄といった死後の話も今生の私たちの心の在りようと捉える集団が現れました。
その後、インドから中国に仏教が伝わった際、日本人の我々が「人生一度きり」と表現するようにインド的な輪廻転生はあまり受け入れられなかったようで、唯識思想が色濃く受け継がれました。そんな中国で出来たのが禅宗なので、日本の禅宗でも従来は輪廻転生の話はあまり触れられませんでした。最近でこそ、徐々に触れられるようになりましたが、忌避される方も少なくないように思います。

最後に、仰られた事が事実であれば差別偏見を助長するものとして大変遺憾に思いますし、今日そんなレベルの低い法話をされる方がいることに個人的にがっかりしています。
あくまで法話された和尚さんの個人的な意見であり、仏教や禅宗がそのような見解を持つものではないことをご理解頂ければ幸いです。

2018年12月27日 18:17
{{count}}
有り難し
おきもち

臨済宗寺院の住職です。皆様の良き御縁となる事が出来れば幸いです。

本当のところ

>本当のところが知りたいです。

うーん、ちょっと答えずらいんですよね。仏教は「八万四千の法門」と言いまして、「これ1つが正解!」という宗教ではありません。お釈迦さま自身が相手の目線に合わせて「来世のことなど考えないで今の修行に専念しろ!」と叱ったり、「誠実に生きなさい。そうすれば来世で楽を得るでしょう。」と来世に言及なさったり、様々な説きかたをしているんです。対機説法というスタイルです。その中には否定から入ることも含まれますし。

ですから(上手くいったかどうかは別として)そのお坊さんなりの意図目的があっての発言かどうかは、本人に聴かねば分かりません。「未練を残す方向性のご供養のやり方はよくない」と考えるお坊さんもいますよ。もっとも本当にそこまで考えての発言かも確かめねば分かりません。片方だけの言い分しか聴かずに否定したくありませんので、可能性として。

ただ、私個人は「心の中」という説き方は好んで使います。
https://hasunoha.jp/questions/17875
ただし片側からのみ見た話です。もう片方の側から説くとこうなります。
https://hasunoha.jp/questions/26445
前者は「自分が有る」という側、後者は「自分や他人というものはそもそも無い」という側なので裏表です。もっと仏教っぽく言えば、色即是空の側か空即是色の側かですから、どちらも仏教です。

もっとも後者のリンクの「それが成仏です。私は私である以前に、宇宙なんス。」というのを「無」というのであり、無とはゼロとか、何も無い、虚無ではありません。明治期曹洞宗を代表するとある老師は「宗門では無や非、不という字は全と読みかえろ」と書いています。また以前、日蓮宗さんの回答僧・常在師も

>「無」とは充満です。満ち溢れた状態を「無」と申します。 何も考えないのではなく、あらゆることに心を配る、それが「無」なのです。

とおっしゃっていたので、きっと禅特有の考え方ではなく通仏教的なのだろうと認識しております。それ自体を「何もなくなる」と表現するお坊さんもいますけどね。東南アジアの上座部のお寺で聞きました。

何にしても本心は本人にしか分かりません。どうぞ気になったことは再問、再々問なさって下さいね。それが御仏縁というものです

「ホームレスは地獄へ堕ちろ」は嫌いです(直球

2018年12月27日 22:33
{{count}}
有り難し
おきもち

曹洞宗副住職。タイ系上座部仏教短期出家(捨戒済み) 最近YouTubeを...

死んで無になれるのは悟った人だけ

 現代日本の各宗派ではいろいろな教えを説いているかもしれません。

 そういうものは放っておいて、お釈迦様の最初期の仏教から見た事実を言います。

 アラカンという、最高の悟りに悟った人だけが、死後、どこにも生まれ変わらず、滅することができます。

 それ以下の悟りに悟った人は、良いところに生まれ変わり、いつかは最高の悟りに達します。
 悟らなくても善行為の結果が出れば良いところに生まれ変わり、
 悪行為の結果が出れば、悪いところに生まれ変わります。

 詳しくは拙著『悟りの四つのステージ』(サンガ)をご覧ください。

 死んだら無だという誤解は、禅宗から出た誤解(禅宗も祖師はそんないい加減なこと言ってないと思います)で、遅くとも、フロイスやサビエルが日本に来た時の記録に、出ています。

 この誤解の理由は、たぶん、悟って死んだら無、だったのが、禅坊主が修行して悟れずに死んだらカッコ悪いから、全員、死んだら無ってことにしようと……その程度では?

 死んだら遺族の心の中に、というのは、実は正しい言い方です。本人が心の中に移動するわけではありませんが、記憶、思い出、というものが遺族や縁者にはあります。それがある間は、まだ故人も人間界との縁が切れてないのです。縁者も死ぬと、さすがに、そのたびの人間界の縁は終わり、と。

2018年12月28日 7:52
{{count}}
有り難し
おきもち

初期仏教というか仏教本来の教えを学びつつ、その在家信者のあり方から見た日本...

「空と縁起」と「二諦」

りぃな様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

日本の僧侶の最も弱いところが、中観思想の理解となります。

中観思想は、断見と常見の極端を排すると共に、適宜適切な対機説法、方便のためにも重要な視座となるだけに、しっかりと理解しておかなければ、説法等において、その内容の意図が誤ったものとなってしまいかねないところとなってしまう場合がございます。

さて、「無」につきまして、仏教において、「無」という表現は、「空」と同義として、「実体が無い」という「無」として使うものとなります。

一方で、モノゴトのありようについては、「縁起」としてあり得ているということも理解をしなければならないものとなります。

「空と縁起」、このバランスがモノゴトを理解するために大切な要諦となりますゆえ、今はまだその理解が無理であっても、これからの仏教の修学におかれましては、このことを少し意識しながら学ばれて頂けましたら有り難くに存じます。

また、更に仏教には、「二諦」として、勝義諦(最高の真理)と世俗諦(方便としての真理)の二つの真理があるため、その仏説はいったいどちらの真理として説かれてあるのか、ということも考えることが必要となります。

仏教において、最も頼りとすべきは、もちろん仏典となるわけですが、残念ながらその仏典の内容を解説すべき僧侶自体、この二諦を正確に理解できておらず、そのため、その解説、説法も中途半端なものになってしまっている場合が往々にしてございます・・

とにかく、僧侶の言っていることだからとして、うのみにはされずに、しっかりと自分で検証していくことも大事となります。

ダライ・ラマ法王様がご法話にてよくおっしゃられておられますが、「師の教えを、ただ尊敬だけをもって受け入れるべきではなく、金細工師が、その扱っている金が本物か偽物か、その金を焼いて、切って、磨くことをもって慎重に吟味するように、そのようにして師の教えも受け入れていくべきである」として、しっかりと一つ一つの教えを批判的、合理的、論理的に検証しつつ、得心して受け入れて参りたいものとなります。

納得できるまでどうぞhasunohaもご活用頂いて、検証することをお薦め申し上げます。

川口英俊 合掌

2018年12月28日 16:38
{{count}}
有り難し
おきもち

川口 英俊
「僧侶は、悩む人に正しいくすりを調剤できる薬剤師であれ」 http:...

質問者からのお礼

【ご回答くださった僧侶の皆さま】

ご回答ありがとうございます。

質問する前よりも、若干混乱しております。

ぼんやりとした輪郭は見えました。
が、私の仏教に対する知識があまりにも乏しいため、うまく消化できないという現実が明らかになりました。
(こんなオチで申し訳ないです…)

貴重なお時間を割いてご回答いただいたことを、その御心を、無駄にはしたくないので、仏教について学びたいと思います。

まずは、hasunohaを読み漁ろうかと。
まずは、ここから。
その中で、疑問に思うことなどが出てきたときは、改めて質問させていただきます。
そのときには、よろしくお願いいたします。

【川口英俊さま】
お礼コメントを読んでいただいてのご回答をありがとうございます。

皆さまの回答を拝読して、なんとなく表面上は分かる気がするのですが、たぶん、それは、「理解したつもり」なだけで、きちんと理解できていない、と感じました。

「理解したつもり」で放置することも可能でしょうが、ここでご回答いただいたのも何かの御縁でしょうし、無駄にはしたくないのです。

川口さまにおかれましては、私が今後学んでいく上でのアドバイスまでくださり、本当に有り難く感謝申し上げます。

「お坊さん・僧侶全般」問答一覧

病んでしまった人が住職になれるだろうか?

私は寺の長男に生まれました。が保育園のころから電気が好きで、小学校1年の時の将来の夢が最初は電気屋さんになりたい。でした。ですが、住職である父に「電気屋さんがお坊さんはできないけど、お坊さんが電気屋さんはできるんだよ。」という今考えるとわけのわからない理屈で言いくるめられ、将来はお坊さんになりたい。と書き換えさせられました。かといって仏教が嫌いだったわけではなく、児童向けのおしゃかさまのでんきを友達からもらって読んだり、生まれて初めて映画を見たのが井上靖の天平の甍(鑑真さんの話)だったりしたのもそのころでした。小学5年生の時に東京の増上寺で得度しました。秋葉原に行けるからでした。生まれて初めて飛行機に乗りました。その後中学1年の時に初めてパソコンを買ってもらい、ゲームやプログラミングに夢中になりました。MSXでしたが、パソコン・モニター・データレコーダ・漢字ROM・プリンタと買いそろえてもらいました。中学2年の時に独学で国家試験を受けて、電話級アマチュア無線の免許を取りました。開局したのは高校になってからでしたが、無線も好きでした。高校では科学部物理班でアマチュア無線とパソコンに夢中でした。将来は工学部に進んで風力発電の研究をしてエンジニアになるのが夢でした。しかし文理選択で寺の後を継がなくてはなというプレッシャーに負けてしまい、文系を選択したのでその道は絶たれました。そのころひろさちやの仏教大百科を読んで、浄土宗は大正大学か佛教大学に行くことを知りました。親は大正大学に行けとは一言も言いませんでした。そして大正大学には入ったものの授業に出たことはないです。サークルにばかり逃げていました。サークルがなかったら、大学を中退していたかもしれません。テストだけは受けていたので単位は取れました。(何個か落とした単位もあるが再取得。)大学在学中に加行をなんとか御え住職資格を取り(風邪で3日休んで下山寸前だった。)そのあと大本山にある修行道場で1年間更に修行しました。大学在学中から心が病んでいて医者にかかっていたので、修行道場も医者に通いながら勤めました。修行のほうが寺にいるより楽しかったからです。町寺の法事葬式で回っている感じが嫌いでした。でも仏教は好きという矛盾を抱えていました。心の病気が酷くなって私は今は寺を離れていますが、私にはもう住職は無理なのでしょうか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

法事の僧侶を変更したいです

先日亡母の一周忌法要の読経を所謂檀那寺に依頼して執り行いました。葬儀の時と同じ僧です。まず、亡母の法名を把握されていませんでした(法名はこの僧がつけお布施を支払っています)読経の前に長々と浄土真宗のPR、報恩講の内容、他宗の批判、自宅で本尊を祀っているかなどの遺族への質問等を約1時間ほど話してから読経されました。阿弥陀経、観無量寿経そして正信偈。70歳を過ぎた高齢の為だけとは思えない非常に変わった節回しで終始下手な読経でした。そして、自らが日本仏教会の役員であると言ってニヤニヤと自慢話までされていました。時間にして1時間半以上でした。  昨年の葬儀の際は、枕経は忙しいのでしません!と言われ、出棺の際にも次の葬儀の予定があるので失礼しますと言って帰られました。当然、火葬場では僧侶による読経なしの見送りでした。他のお見送りされるご遺族の方には寄り添ってらっしゃる僧侶ないし牧師様のような方がいました。  また、私が「本来は七日ごとの法要(二七日〜四七日)をお願いすべきですが、一般の通例として遺族がそれぞれ自らの気持ちで念仏したいが、三十五日と一周忌の際は宜しく御願い出来ますか?」とこの住職に尋ねると、「お前は法事をサボるのか?」と言われ、サボる訳ではないが、、と伝えても「サボるんだろ!」と恫喝されました。そう言われても一周忌はお布施もきちんと致しました。当たり前のことですから。  この住職とは祖母の頃からの付き合いですので、存命の父の考えも尊重して我慢してきましたが、親族から「三回忌は(違う僧侶を)考えた方が良くないか?」との意見も出ております。  そこで、質問ですが、①法事の際、檀那寺から違う僧侶へ変更は可能でしょうか?②この住職の言動で傷つく方が現れないように世間に知らせてあげる方法はないものでしょうか?法事の会場のスタッフの方からもあのお寺さんはかなり特殊ですね!と言われ、業界でも有名のようでした。  大変長々と拙い文章で申し訳ございませんが、宜しくお願い申し上げます。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

再び迷っています

以前に得度について質問したものです。 あれから、自分でも色々調べてみました。まず、わたしのような者の師僧になって下さる僧侶の方に深く感謝します。 費用についても、ほぼ工面できます。 僧侶になった後、入りたいお寺も、あります。(実家のある田舎のお寺の僧侶が事件を起こし、懲役刑となり 解任となったあと五年も住職不在です。このままつぁは廃寺になりそうなので、これは大変と、墓は都会にうつしましたが、いまは早まったかなと後悔しています。子供の頃から親しんできたお寺なので、もし、お許しがあればそこに入りたいです)自分一人の生活費は、なんとかなります。過疎の限界集落で若い人はほとんどいませんが、それでも残って生活している知り合いのおじちゃん、おばちゃんの力になりたいのです。(平均年齢は90近いです) で、今日の相談なのですが、いろんなお坊さんのお話を聞いているうちに、お坊さんの世界にも権力闘争とか、色と欲にまみれている方とかが、いるようです。高名な僧侶の方の耳を疑うようなスキャンダルも耳にしました。 そんな深い闇があるとは!わたしに、つとまるのか!ここに来て少しびびってしまいました。 もう、師僧(お墓を移した都会のお寺の住職さん)に法名をつけてもらっているのですが、自分のこころを整えるために、修行を進めるのを少し待ってもらっても良いものでしょうか。 つけ加えると、中学生の頃から仏道や出家への憧れがありました。菩提寺の住職さんといろいろと話しているうちに「得度してみるかね」「はい」とお答えしました。いろんな条件も整っているので、周りからの異論はありませんが、以前した質問のように仏教界には、ほとんど無知なのです。実情を見聞きして、少し気持ちが萎えてきました。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

他のお坊さんのご意見が聞きたいです。

先日、母の一周忌でお坊さんを派遣して頂きました。初めてお会いする方です。 その方に、お仏壇について色々お教え頂きました。中に入れてはいけないもの、必要なもの。ありがたいこととは思いますが、親の宗派で私自身は特に信仰しているわけではなくなく、全てを揃えなければいけないのか?と疑問に思いました。また、母の好きなもの、生前大切にしていたものを置いておいたのですが、それもいけないと言われてしまい悲しくなりました。もちろん、決まり事はあるでしょうが。 お仏壇は、きちんと決まりを守らなければいけないものでしょうか。マンション住まいで立派なものは用意できませんし、私たちにとっては精一杯の母への供養のつもりで用意したものなのですが。 また、私と兄、2人だけの参列だったのですが。「そもそも、法要は親しいものが集って行うもの。集って行わなければ意味がない」というような趣旨のお話をされました。私たちは親戚が遠方にしかおらず、年老いた親戚を呼び寄せることも出来ません。 少ない人数では、法要は行っては意味がないのでしょうか。 母のために、一通り供養をしたいという想いでお坊さんをお呼びしましたが、とっても悲しくなってしまいました。 もう、お坊さんを今後お呼びしたいとも思わなくなりました。 もちろん、そのお坊さんは悪気があって仰ったことではないとわかっていますが。 他のお坊さんは、このようなこのお坊さんの言葉をどう思われますでしょうか? 教えて頂きたいです。

有り難し有り難し 19
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る