hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

四十九日の法要と本当の四十九日について

回答数回答 4
有り難し有り難し 43

父を亡くし、先日四十九日の法要を終えましたが、四十九日の法要を行った日は亡くなってから四十六日目であり、本当の四十九日の日ではありませんでした。そこで、
①父はどのタイミングであの世(極楽浄土?)を目指すのでしょうか。
②お供えなどは本当の四十九日まで行った方がよいのでしょうか。
③お供えや話しかけたりするのは本当の四十九日が過ぎてもして良いものなのでしょうか。

2020年12月20日 21:42

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 4件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

49日間は、仏界にいくための準備期間だと思います

 仏教では人が生まれてから死を迎え、次の生に生まれ変わるまでを4つの期間に分けて考えます。これを「四有(しう)」と言います。
 我々が生きている状態のことを、本有(ほんぬ)と言います。そして、命尽きる時の瞬間の状態ー御臨終ーを死有(しう)と言います。其の後、我々は此の世に人でもない、あの世の人でもない中間の状態になると考えられています。其の状態を中有(ちゅうう)或いは中陰(ちゅういん)と言います。そして、中有の期間が四十九日と言われています。これは、インドの伝統的な霊魂観に起源していると言われております。
 
 ご質問ですが、
①、お亡くなりになられて、49日目だと思います。

②、お寺での法要は、お寺側の都合や施主や親族の都合で、本当の四十九日目に行うことが出来ないことも多いです。でも、ご自宅で中陰壇もしくはお仏壇に香を手向け霊膳や供物を供えるのは、四十九日目の方が良いと思います。

③、49日間は、中有の状態の故人へ語り掛けとして、勤めてあげれば良いと思います。49日以降は、仏界に行かれ仏弟子として精進している故人への応援として、語り掛けてあげれば、よろしいかと思います。

2020年12月20日 23:35
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

宗派によって解釈が異なるので、ぜひ菩提寺のご住職にお尋ねを。

ちなみに
浄土真宗であれば
亡くなって即往生されますと説きます。

お参りされる方々の都合で
法事の日取りは前倒しになったりしますが
ご家族だけで正式な日に再度お勤めすることもあります。

2020年12月21日 10:07
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


和田隆恩
 浄土真宗(大谷派)/広島県広島市/17世住職。  1967年京都市生ま...

こんばんは。
お父様のご逝去にお悔やみを申し上げます。

 亡くなった方は49日後に他の何かに生まれ変わるといわれています。
 亡くなった後の49日間どのように過ごしているかというと、7日ごとに裁判のようなものを受けて、7回目の裁判、つまり49日目に生まれ変わり先が決まるようです。
 その裁判は、遺族の方の様子(死んでヤッター!とか言われていないかとか49日などの法要はきちんとしているか)なども審査の対象になるようです。現代人は忙しいので、正当の49日目でなくても、法要をしていれば大丈夫です。

 お父様が亡くなった時にお葬式をしたと思いますが、お葬式は亡くなったお父様が、お釈迦さまのお弟子さまになる式です。ですのでお父様は亡くなって49日後にはきっと仏さまの世界(極楽浄土)に生まれ変わっているでしょう。

という前提でお話を進めますが
①父はどのタイミングであの世(極楽浄土)を目指すのでしょうか。
 亡くなった時点で仏様の世界(極楽浄土)を目指し49日の日に到着すると考えて良いでしょう。

②お供えなどは本当の四十九日まで行った方がよいのでしょうか。
 49日までの「あとかざり」については、49日の法要を終えたら片づけてしまって良いと思います(引き続き仏壇の方にお供え・お参りをしましょう)が、気になるようでしたら正式な49日まで続けても良いでしょう。
③お供えや話しかけたりするのは本当の四十九日が過ぎてもして良いものなのでしょうか。
 仏壇へのお供えは、これから常に行ってください。できる範囲でいいですよ。お父様は仏さまの世界に生まれ変わっているはずですので、お位牌やお墓を通していつでも通信可能と考えて良いと思います。お位牌やお墓は仏さまの世界に通じる電話のようなものです。是非話しかけてください。

 以上は私の考えですが、宗派やお坊さんによって考え方が違うと思いますので、菩提のお坊様に話を聞いてみてください。

2020年12月20日 23:31
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


・曹洞宗/静岡県/50代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが、...

中陰供養の意義

あおこさま

もう既に回答は出尽くしていますが・・

死後、人は、過去世・今世も含めた業(カルマ)に従って、次の生へと向かうことになります。

その次の生へ向かうまでの期間が中陰と言われ、その期間が地球の時間の単位で、49日間が最長であると言われています。

この中陰の間は、非常に不安定な存在であり、特には業の力に流されてしまうところとなります。

ちなみに、中陰・中有の間の意識は、私たちの普段生きている中でのこの粗い意識レベルとは異なり、輪廻を繋ぐ非常に微細な意識となります。

その微細な意識における業の状態を、より善い赴きへと向けて調えるために行うのが、供養(お通夜、お葬式、中陰の法要)ということになります。

特に大事となるのが、仏縁を紡ぎ、仏界への転生、つまり、仏の道を歩めることのできる世界と境涯に生じさせるというところとなります。

これが、お通夜、お葬式、中陰の法要で効果があれば、亡き人にとっては大いに善い赴きへと向かえる力となりますが、問題は、それだけではなく、やはり、亡くなられた方の生前の行い、過去世における業、功徳、仏縁等が大きな力を持つことになります。

亡くなられた方の生前の行い、過去世における業、功徳、仏縁等の力が、7割。

お通夜、お葬式、中陰の法要、回忌法要等の追善供養の力が、3割。

となるでしょうか。

もちろん、3割の中だけでも、仏縁を紡ぐこと、功徳を届けることによる効果は、その方のそれからの善き赴きへの力として大きなところとなりますから、全くの無駄であるというわけでもありません。

①父はどのタイミングであの世(極楽浄土?)を目指すのでしょうか。
→ 浄土へ向かう因縁が調ってあれば、死後すぐにでもそれが可能でしょうが、別の赴きへ向かうことも因縁次第であり得ます。

②お供えなどは本当の四十九日まで行った方がよいのでしょうか。
→ 無理に何かモノをお供えする必要はありません。追善供養の本質は、特に功徳を送ることですから、何か善いことをしたことを都度都度に報告なさられるだけでもその効果はあります。ちょっとふと虫の命を助けたとかでも構いません。

③お供えや話しかけたりするのは本当の四十九日が過ぎてもして良いものなのでしょうか。
→同上となります。

川口英俊 合掌

2020年12月21日 16:29
{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1600件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

質問者からのお礼

ありがとうございました。
とても勉強になりました。
父が極楽浄土を目指せるように本当の四十九日までお供えを続けたいと思います。
本当にありがとうございました。

「法事・法要・49日」問答一覧

先延ばしになる母の海洋葬、一周忌

去年の春に大好きな母がガンで亡くなりました。数少ない母の遺言は死んだら海洋葬にして欲しいということです(母は海の近くの生まれでした)。 実家の近くに海はなく、コロナもあるためネットで海洋葬をしてくれる所を探しました。しかし父に提案しても「まだいいよ」「コロナが落ち着くまで待とう」の一点張り。一周忌にしても、今年から私が関西に転勤になり、コロナもあって帰れないが父と姉で一周忌をして欲しいと言っても父は「家族3人そろってやろう」「コロナがもう少し落ち着かないと、歳をとっている住職に頼むのは申し訳ない」と言って何も出来ませんでした。そして今度のゴールデンウィークは私が帰省できるので今度こそ一周忌をやろうと言ったのに、「お姉ちゃんの仕事が忙しくて唯一の休みの日も半日は仕事。休ませてやろう」「また次に3人揃った時にやろう」と。今度私が帰省できるのは早くても8月のお盆です。 葬送も一周忌も、所詮は私の自己満足だということは分かっているんです。何も出来なくても心から祈ればいいとは思います。でも母の遺言である海洋葬も出来ず、一周忌さえ先延ばし。このことに対して、というよりそれでよしとする父にどうしようもない憤りを感じてしまうんです。海洋葬に関しては、お骨を海に撒いてしまうという、母の形を成していたものをお墓として一つの場所に納めるのとは違うことに、躊躇いやどうしようもない寂しさを私も感じてはいるので、父もまだ踏ん切りがつかないのかなと思うところはあります。 しかしせめて一周忌はちゃんとやりたいと思うのです。私と父の2人でお寺に行ってお経をあげてもらうのはだめなのかと聞いても、やはり「3人揃ってやろう」と言うのです。 こんなことにこだわって父に怒りを覚えるのは、母が生きている時も亡くなった後も、私自身が母に対して母のためになるようなことをろくにしてこなかったから、今更後ろめたく思って躍起になっているのかなとも思います。 頭ではそう思っても、父に対する憤りがどうしようもなくわいてきてしまいます。この感情を静めたいです。どうしたらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 15
回答数回答 1

一回忌について(一周忌)

父が亡くなってもうすぐ一周忌ですが多分呼ばれません。葬式にも呼ばれていないんです。死んでから一か月ぐらい経ってからの連絡でした。死に目にも会えていない。離婚した子はなかったことにしたいのですか。再婚家庭の考えが私にはわかりません。人間に見えません。日本の家意識とは何ですか。家を守るためならば実の我が子でさえも非情に切り捨てるようなそんなに冷たい人間たちが素晴らしい家を守ろうと言っているのでしょうか。人をないがしろにして守り上げていくその家に価値はありますか。海外の人の離婚再婚と日本人の離婚再婚は違うような気が致します。子供をないがしろにしてきた家は滅亡すると私は思います。 私が前妻の子だからですか。家族は離婚したら家族ではなくなりますか。 私も父の娘なのに仏壇も家にないし分骨もしてくれないし私は一体何なのかとさえ思います。父は四歳の私を捨てて女性と再婚をしています。離婚と再婚は確実に子供の心を殺します。大人たちはそれに気づきません。わかっています。何度も質問しましたし終わったことなのはもう、わかっています。でも四歳の私は泣いています。自分が悔しいです。再婚相手も憎いです。 日本には共同親権がないのです。私は共同親権をすることの本当の意味は男女に離婚しても子供の親であることをもう一度ちゃんと自覚させるための教えだと思っています。日本の男性の思考は離婚すれば独身に戻り新しい女とやり直せると言う思考が多いと思います。女性に比べればそれは明らかに顕著でした。何故ですか。何故なんですか。離婚しても幸せになれる権利はあります。私はこの言葉が嫌いです。一体どの口がそれを言うのかとさえ思います。子供のことをなかったことにしたい人と子供のことを見ない人がそれを言うのです。 離婚しても幸せになりたいから再婚をします。それは誰のために。自分のために。子供を見なかったことにして自分のために。激しく怒りを覚えました。私は一度家庭を壊した人間がもう一度家庭を作り直すことに疑問を持ちます。 再婚すれば子供の心が死にます。実際私の心は今も死んでいます。枯れています。花はもう、咲きません。枯れています。私は何のために生きているのか、私は何のために生まれてきたのか、わかりません。父と母の子で三人で仲良く暮らしたかった。ただただ、それだけなんです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る