皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

戦争、死への怖れ

はじめまして。やまと申します。

死ぬのが怖いという思いがあります。

そして、ある妄想にとらわれております。
自分の住んでいる所が北朝鮮からの核ミサイル攻撃をうけるというものです。

世界は何か見えない大きな力に動かされていて、私たちは戦争をさせられているような気がしてならないのです。

ここ二三日、一晩中上空からヘリの飛んでいるような音が聞こえています。
ニュースやネットなどを見、妄想に妄想を重ね怯えてしまいます。
少しの物音にも怯え、サイレンが鳴るのではないかと気にしたり、核兵器が上空で爆発する様子や土地が汚染され誰も助けには来ない様子などを妄想したりしてしまいます。

このサイトで、戦争について怖れている方が他にもいらっしゃることを知りました。戦争を怖れるよりも、今できることをやるしかないということは頭では分かっているつもりですが、やはり怖れ、迷ってしまいます。

今できることというのは、この場所(今住んでいる県または国)から逃げることなのか。普段の生活を続けることなのか。それとも、死を怖れないようになることなのか。どうすればいいのか分かりません。

いったい、どうすればいいのでしょうか。

まとまりの無い文章で申し訳ありません。
お忙しいとは思いますが、
ご回答いただけたら幸いです。

死について
有り難し 38
回答 4
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

三つの戦争をしないこと

一つ、人と争い合う戦争をしない。
一つ、世間の戦争に加担しない。
一つ、自らの心と争い合う戦争をしない。
そこにいまだ起こらざることはただの情報です。
昨日までのXデー報道は結局「何もなかった」のです。
ですから、もうご安心ください。
北朝鮮は、武力、核という脅威で世界をいいなりにしようとさせましたが、実際にそれは各国の動きの情勢からしてもアメリカの圧力があったことで「得策」ではないことに気づいたのでしょう。
📺CM
「愛する人を守りたい。子供の未来を残したい。
12人まで、同居が可能。設置までわずか1カ月。
一家に一室、核シェルター❝タイムカプセルくん❞」とかCMでいよいよ核シェルターが宣伝されたら本当に用心する必要があると思います。
禅の公案でこのようなものがあります。
「あなたは明日、テポドンが飛んで来たらどうしますか?」
その時、考えりゃいいのです。
飛んでこぬうちから、飛んで来たらどうしようどうしようって今日の一日を脳内戦争させていたら何もできません。
ノストラダムスの大予言はどうなったのでしょうか。
ネット内で騒ぎする数々のXデーは何一つ的中しませんでした。
今から今日の空を肉眼で見てください。
そこにまだ、戦争はありません。
あなたの脳の中での不安・恐れが映像化されただけです。実際は大丈夫です。起こらなかったのです。安心してください。
私は死ぬまで死にません。
生きている時に死ぬことを考えて一秒一秒を無駄に過ごしてはなりません。

回答僧

大慈

だからこそ今を生きる

なんか僧侶っぽいこと書こうとして途中まで書いてたのですが、止めました。
4時半にうちの息子が保育園から帰ってきましてね、お母さんと一緒にアッチ行ったりコッチ行ったりしてたんです。そしたらタブレットで何かしてる私を見つけて、こう言ったんです。「ねぇねぇ、ナモタサーして!」

ナモタサーとは南方の言葉で南無釈迦牟尼仏した時の出だしの部分のことです。ちょうど息子が生まれた歳に私はアッチの方で修行したり色々ご縁がありまして、アッチ流の南無釈迦牟尼仏の節を覚えたんです。んで、覚えたての楽しさと練習とを兼ねて、泣いた時にあやす時とか、寝かしつけの時に息子の耳元でお唱えしてたんです。

それを保育園に行くようになってもまだ覚えていてくれたわけです。それで「ねぇねぇ、ナモタサーして!」と。ワタシャ三返がえしで聞かせてやりました。そしたらねぇ、息子が声をあげて、飛び跳ねて喜んでくれるんです。嬉しいねぇ、父親としてこんなに嬉しいことはない。。。

さて、ぶっちゃけですね、本来、人はいつ死んでもおかしくないんです。戦争がなくたって人は死んでいきます。歳の順とか世代の順とか関係なく、死んでいくんです。
ただ、あなたにとっては最近まで他人事だった…でも、最近になって他人事ではなくなった。自分のこととして知覚できた。

仏教徒の世界ではみ〜んな口を揃えてこう言います。
無常迅速(むじょうじんそく)
人の一生はアッと言う間…だからこそ、今、全心全霊で生きねばいつ生きるのか?

日常生活の1秒1秒が人生です。この一瞬一瞬にある、何の変哲もない喜びに目を付け、大切にすることが人生を豊かにします。

そして、そんな生き方の達人だった、とあるお坊さんはこう言いました。
「災難にあう時節には災難にあうが良くそうろう」
災難にあってしまっても災難にあったなりに、目の前の今を大切に生きるんです。
ワタシャ幸せですよ、息子がナモタサー喜んでくれたもん。

…おかしいな、エライ坊主臭くなってしまった。どうしてこうなった。

拙生の心構え

やま様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

確かに、北朝鮮とアメリカとのこの緊迫した状況においては、当然に、近隣国であり、日米同盟下における日本も、対岸の火事というわけにはいかず、もしかすると・・と最悪の事態を想定してしまうのは仕方のないところでございます。

以下は拙生の心構えとなりますが、一つ参考までに。

この人間界が、無明(根本的な無知・愚かさ)・煩悩により悪業の絶えない世界であって、その中で、愚かにも戦争という悲劇さえ起こしてしまい、また巻き込まれてしまうのも、迷い・苦しみの輪廻の中にある以上、私たちにおいては避けられないところがございます。

そのため、いずれにしても輪廻にある限りは、迷い・苦しみが顕現してしまう世界であるということを理解した上で、やはり、何とかして皆がこの迷い・苦しみの世界から脱することができるようにとして、そのために、自分が少しでも皆を悟りへといざなえるための境地へと至れるように、この世界のこの生にある限りにおいても、できる限り、最後の最後まで仏教の修習に努めて参りたいと存じております。

もちろん、明日ミサイルが直撃して生を突然に終えるかもしれません。

それでも、無明・煩悩をそのままで、また同じような目に遭うこの輪廻において迷い苦しみ続けるよりかは、少しでも、無明・煩悩を対治し、確かなる仏縁、法縁を紡ぎ、一歩でも、一日一日、悟りへ向けて前へと進んで参れればと存じています。

いずれは、どのようなカタチにせよ、この生を終える時は否が応でも参ります。

明日であろうが、10年後であろうが、その終わる瞬間まで、とにかく、できる限りに仏法の修習に努めること。そう心掛けて、毎日のお勤めやhasunohaの回答にも努めさせて頂いております。

たとえ、明日にミサイルが直撃して生を終えても、その後も確かなる仏縁・法縁の流れに引き続きあるということを確信している安心が大きいのも、拙生の場合はあるかもしれません。

是非、これを機縁に仏教について更に関心を高く学んで頂けましたら有り難くに存じます。

川口英俊 合掌

戦争よりも怖いもの。

やまさん、こんにちは。

最近の北朝鮮の動向が問題になっています。戦後から今までの約70年の間戦争のなかった私たちにとってほとんどの人が戦争未体験で空想になっていますので、現実に、ミサイルが飛んでくるという事実にどう、対応したらいいか、対応が現実的でないような政治状況に私は見えます。

さて、死ぬというリスクを前提にするならば、確立の問題です。日本は第二次大戦後、戦争で亡くなった人は一人もいません。今の日本はほとんど戦争で亡くなることはありません。
 万が一北朝鮮が戦争をしかけてミサイルや核を使う確立は非常に小さいのです。ミサイルを撃つ確立は少しあります。でもたぶん、やまさんの照準はセットされていないと思いますし、ミサイルの性能が悪くともやまさんの地域には落ちる確立は非常に低いです。そしてミサイルの性能などを分析している情報によると、北朝鮮はたくさん持っていますが、それを全部撃つことはシステム的に不可能だといわれています。そして一発でも撃ったら最後、アメリカの最新ミサイルが北朝鮮を猛攻撃しますので、北朝鮮のミサイル反撃はほぼ不可能になります。それを考えると、やまさんが戦争で亡くなる確立は0.00...%の確立なのです。

 メディアやエセ平和運動家が煽って、戦争で死んでしまうかも、と煽って終わりいるので恐れるかもしれませんが、それよりも日本では、交通事故で亡くなる、あるいは自殺で亡くなる人の方が、世界の戦争で亡くなる人よりも確立がすごく高いです。
 生涯で交通事故であう確立は障害の間に30%、つまり3人に1人、そして死傷する確立は50%です。そして自殺は日本では年間3万の人が自殺しています。これは一生で2%の確立、それは100人のうちに2人が亡くなる確立です。もし死を恐れるのであれば、戦争での死を恐れて対応するよりも、交通事故や自殺でなくなることを恐れるべきなのです。

 知識のない恐れは、逆に恐れを増幅させます。正しい知識こそが死へのリスクを下げるのです。是非、やまさんはほとんど亡くなる確立の少ない戦争の死よりも、交通事故や自殺の死への対策をしてください。
 特に自殺は精神的な問題です。クヨクヨしてしまう性格は辛いときに自殺を選んでしまいます。心身ともに鍛えて強く生きる力が必要なのです。その一つが仏教の信仰だと思います。合掌


質問者からの有り難し - お礼

丹下覚元様、川口英俊様、大慈様、染川智勇様、お答えしていただき、ありがとうございます。
みなさまのお言葉により、気づいたことがあります。
それは、迷いや苦しみを持っているのは自分だけではないということです。戦争を起こしてしまう人たちにも迷いや苦しみがあるのだということです。
私は、もちろん、戦争はいやです。
なぜそんなことを人間はしてしまうのか、と思います。
しかし、それが、私たち人間の生きる世界なのだと、みなさまのお言葉により、気づかされました。
世界にはいろいろな人たちがいると思います。その一人一人に迷いや苦しみが少なからずあると思います。彼らから迷いや苦しみがなくなることは、自分から迷いや苦しみがなくなることと繋がる気がします。そして、自分から迷いや苦しみがなくなることは、世界から迷いや苦しみがなくなっていくことに繋がるのかもしれない、いや、そうなってほしいと、思うに至りました。

見ず知らずの私に、このような気づきを与えてくださり、ありがとうございました。
一日一日を大切に、生きていきたいと思います。

関連する問答
このページの先頭へ