hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

お寺は地域のために開放するべきではないのですか。

回答数回答 8
有り難し有り難し 332

近所のお寺の奥さんの言動に失望し、傷ついたのですが聞いて下さい。
私は特別支援学校の職員ですが、いつも生徒15名と他の職員3名と共に散歩をしているのですが、その散歩コースに近所のお寺が含まれており、境内で休憩し生徒達もはしゃいで走り回って楽しんでいます。
トイレも拝借しております。

ある日、帰校しようとお寺を出た所、お寺の奥様に呼び止められ「あなた方にはモラルがないのですか?」と、いきなり怒られました。
一方的に「あなたは、よそ様のお宅に勝手に上がり込んで勝手にトイレを使って庭を荒らしても何の挨拶もなく知らぬ顔で帰るのですか?
来る時は前もって、いつ、何時頃行ってもいいですか?と連絡するのが常識でしょ」と言われました。

納得できないのですが、お寺は地域の為に存在し、誰でも自由に出入りが出来てトイレも自由に使ってもいいのではないですか?
奥様が仰るには、「うちは観光寺院ではありませんし、トイレも公衆トイレではありません。」だそうです。

これでは生徒達が可哀想です。
お寺は皆そうなのですか?


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お寺が求めているのは見学の精神 ではなく 参拝の精神

こんにちは、名探偵コナンじゃなかった、丹下と申します。
私の推理では、そのお寺の方は、それまでにいろんな方が来て、ハタハタ迷惑していたのでしょう。
実はわたしも中国のお寺に団体で見学に行った時、そこに修行僧たちがハタハタ迷惑そうにしていたのを覚えています。
みんな観光、物見、見学的な感覚でお寺にズカズカ入り込んできますが、場所によってはそういうスタンスで上がり込んでくる人というのは、ハタハタメーワクという事を私は初めて経験しました。
観光寺に来る人は見学の人と参拝の人がいます。
先日も、法事の合間にどかどか入り込んできて本尊様の前で、長ーくお経をあげていく「信仰という名の元に何でもやっていいと勘違いしている人」がきました。
お寺は、公共施設ではなく【半公共施設】です。
何故なら、住んでいる人がいます。
プライベートだってあります。
先日も、近所の小学校がお参りに来た時も、その方々は連絡をしてくださいました。
別になくてもいいと思いますが。
ですが、あった方が❝心が通っている❞ということをその奥様も言いたかったのではないでしょうか(そうであってもなくても、そう思うというのが、こちらの我や正義を引っ込める仏道修行というもの)
今から申し上げることは、別に悪く言う訳ではありません。よく聞いて、ああ、人間世界というものはそういうものかーと理解して頂きたい為に申し上げるのですが。
教育者的立場にある人は、およそ高い理念を皆持っています。それは我々僧侶も同じです。
自分たちが、教育者として常に人道的立場であろうとするため、時おり正義心が優先されます。それが為に、自分の正義、理念に相反する人を見ると何となく拒絶感にも似た反発感情が生まれてしまうという事があるそうです。
そういうのを捨てて普通に考えてみましょう。
「ああ、お寺といっても嫁いだ一女性の立場としてみれば、確かに観光寺ではないし、勝手に入り込んで、こっちは子供もいたから正義的立場だと思い込んでいたけど、それはよく考えてみれば、礼節を欠いていたと言えば欠いていたなぁ」と思ってみましょう。
それがお寺を❝見学❞ではなく、❝お参りする❞という敬いの精神なのです。
自分の正義を貫きたい気持ちに参拝してみてください。
その扉を開けたところには「何」がありますか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

私の感覚では

こんにちは。私は東京のお寺です。よく地域の「地元のお寺、見て回ろう」というグループ(区で主催しているようです)がお越しになりますが、いつの頃からか、予告をしてから来るようになりました。また、近所の子どもたちが野球だのサッカーだの自転車だの、練習に来ています。こちらは特に予告なくやって来ます。基本的に答えは「どうぞ」ですが、行事と重なったりする時はご遠慮いただきます。また、ゴミを散らかしている時は、しばらく閉鎖します。
子どもが15人…それは正直言って、あらかじめご連絡いただきたいです。公園に寄るのと同じ感覚ですか?せめてお参りであるなら、また違った受け止めになるかとは思いますが。あとは頻度ですね。
地域柄が分かりませんし、そもそもコッチは関東ですから、感覚が異なる事は大いにあり得ます。
しかし、予告やお断りがあったのならまだしも、そうでなく訪れて、対応に怒りを感じておられるのは、些かお門違いと感じます。「生徒たちが可哀想」という事であれば、おとずれる先の調査をしておくべき、と存じますが如何。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

いろんな見方があるでしょうが、挨拶はすべきと思います

 どれくらいの頻度で、散歩をし、お寺さんの境内で休憩してこられたのか質問だけではわかりませんが、或る程度の規模の団体で定期的に訪問し手洗いを使用しているなら、事前の承諾や使用後の挨拶があったって良いのではないかと思います。飽くまでも、私個人の考えです。

  小学校で学校周辺の地域を探索するという授業の一環で寺を訪問する場合は、事前に学校からは電話がありますし、当日は教員の方が挨拶に来られます。地域の歴史探訪の中高年グループが寺町散策の中で当寺を訪問する場合、事前に案内役の方が説明に来られます。

 特別支援学校の職員として生徒さんたちを引率されるのも大変かと思いますし、交通安全の面でもお寺の境内の散歩するほうが安全だと思います。生徒さんたちが生徒達もはしゃいで走り回って楽しんでいる光景はいいですね。それだけに、そこのお寺さんから言われた言葉は水を差されたような気分だったかもしれませんね。
 生徒さんたちが走り回っている光景は教員にとって、嬉しいことでしょう。但し、お寺の境内は公園や校庭のように、子供さんたちが走りまわることを前提としておりません。もしかしたら、境内の草花が踏み荒らされたりしたことも有ったかもしれません。掃き清めた参道が靴跡がついてしまったり、砕石が蹴散らされたりということがあったのではないでしょうか?団体で利用すれば、お手洗いの汚れ方も違います。1回2回なら苦情は言わないと思います。定期的に休憩し、手洗いも使用したなら、事前連絡をしなくても、当日挨拶したり帰る時に御礼を言ったりするのが礼儀だと思います。そういう挨拶の仕方を生徒さんたちに身をもって示すことも教育ではないかと思います。


お寺は地域の為に存在し、

  これは個々のお寺によって、違うと思います。我が寺は地域社会と共存し地域社会に協力してはおりますが、「地域の為に存在する」とは思っておりません。我が寺は基本的には檀信徒の為に存在し、同時に多くの方々に仏様との御縁を結んでいただけるよう努力し広く門戸を開くようにしているつもりです。「誰でも自由に出入りが出来てトイレも自由に使ってもいいのではないですか」と言われるのは、あなたの価値観の押しつけのように感じます。お寺の境内にあるトイレが公衆トイレとして使用される場合も有れば、飽くまでも参拝者のためのトイレの場合もあると思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


 目の前の方の悩みや気持ちをしっかりと受け留め、心を開いてもらうように努め...

そうではないお寺もありますよ。

同じ地域や宗派であっても、
住職の考え方次第で、
お寺の運営も雰囲気もガラッと変わります。
「お寺は檀家のため」という考えなら、
他の方が来られるのは嫌でしょうね。
そのお寺はそのような考えのところなのでしょう。
でも、それが善いとも悪いとも決められません。

「お寺は地域のため」と考えるお寺もありますから、
他のお寺を探されるのが良いかもしれませんね。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

連絡すれば済む話では?

いつも仕事として生徒を連れて散歩してて、そのお寺に寄ってトイレを利用するのであれば連絡するのは当たり前だと思います。
トイレは参拝者の為に設けてあるものであって、トイレを必要とした全ての人の為に作っているものではありません。
もちろん使ってはいけないとまではいいませんが、やはり節度の問題かと思います。
それだけの人数が定期的かつ頻繁に利用しているにも関わらず挨拶も連絡もなしというのは少し問題かと思います。
「利用してもいいですか?」と一言声をかける配慮をするのが、社会人としての常識だと思います。
その一言でお互い気持ちのいい関係が保てるように思いました。

※うちにもトイレはありますが、設置費用は決して安くはありませんし、維持費も案外かかっています。
全て檀家のお布施と寄付で成り立っていますので、参拝者以外の方の利用は基本的にはお断りの姿勢です。
だからといって鍵が付いているわけでもなく立て看板もありませんから、自由に使ってもらえる状態ですが…

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

まあ、宗教法人の敷地は一応私有地ですからねぇ。

一言声をかけていれば快く「どうぞ」と言われていたのかもしれません。
お寺は、宗教法人の施設です。
住職としては、宗教法人の構成員(檀信徒)から施設の管理を任されている責任もあるので、万が一の事故でもあって建物等の破損があったら、法人の役員会や檀家総会で報告しなければなりません。
現代社会では、昔ながらのたたずまいのお寺といえども、法人として組織運営によって成り立っていますから。

なお、上記のコメントは、そのお寺の奥さんを弁護するために申し上げているのではありません。
怒りはストレスの原因なので、相手(お寺)の立場を想像することで、怒りを冷まして平安な気持ちになっていただきたいのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

地域との関係性による

ホトトギスさんご質問の意図ご察しますが地域とお寺の関係性によります。

都市部のご寺院さんは、防犯上、仏事の多忙さや施設の広さなどから、比較的クローズなところも多いですが、地域に密着したお寺さんだとまた違ってきます。

いずれにせよ、お寺さんごとに事情が違い、地域やご住職によってお寺開放の考え方が違うので、トラブルにならないようにした方がよいと思います。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


小黒澤 和常
大本山總持寺安居ののち、松岩寺副住職となる。テレビ朝日系お坊さんバラエティ...

残念なことです

ホトトギスさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

私も子どもを支援学級に通わせているため、ホトトギスさんの「失望し、傷ついた」という言葉に含まれるニュアンスが痛いほど私に伝わってきました。

私は、寺は公共の場所であると考えています。トイレも宅配の業者さん、郵便配達の方、通りかかりの方に利用してもらっています。境内が生徒たちの声で賑わしいのはうれしいことだと私は思います。以前は近所の子どもたちの遊び場でしたから。

時には、呼ばれない人も来ることがありますので、寺院も管理面で気をつけていることはあります。お賽銭や仏像が消えることがありますので。

御縁がなかったのでしょう。せっかくの仏縁が生まれず、残念です。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
私の勉強不足であり、お恥ずかしい限りです。
何年もの間、何も言われなかったので、大丈夫だと思っておりましたが、ずっとお寺の方も我慢されていたのかも知れません。反省しております。

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧

離檀を考えてしまいます。

今年、祖母を亡くし葬儀・法要と先祖代々お世話になっている お寺にお願いしました。 その際住職の対応が不誠実に感じています。 ・葬儀でお経を咳き払いをしながら読み 木魚を叩く棒を床に落としました。 落としても気にせず葬儀社の方が 拾い上げてくださるまでそのままでした。 (住職の飲み歩きは有名で飲みすぎでうまく お経が読めないのではと勝手ながら思ってしまいます。) ・葬儀に際して両親が連絡をした際も 希望日に私用があったらしく「僕も忙しいからさ、疲れちゃうし」 と言われ別日になりました。 お布施も相場3倍以上の額を住職から言われ包みました。 車代も自家用車でくるのに「タクシーだと1万じゃ足りないよね」と言われました ・四十九日では 位牌二つを一度に片手で持たれ(二つ指で挟むように) 遺影は片手で渡されました。 親戚がお寺でコードにつまずいた際は 足元よく見て歩きましょうよ。と言われました。 質問を無視されたこともあります。 ・住職から祖母を悼む気持ち、遺族に寄り添う気持ちは全く感じられませんでした。 ・お布施も祖父母が自分の葬儀にかかるお金はと コツコツためてくれたお金から包んだものです。 私は大のじいちゃんばあちゃん子で大好きな祖母の最期を 台無しにされた気持ちが強くとても腹が立ちます。 ・祖父や両親も離檀はちらついてはいるようですが 実家は田舎町で、色々な話があっという間に広まることや 先祖代々からのお寺、離檀にかかるお金と気力を考えると 現実的ではないと思っているようです。 祖父も高齢で体調も思わしくない為、そう遠くないうちに またお寺と関わる機会もあるかと思うと 今、騒ぐのはかえって負担にさせてしまうと思います。 一方でまた住職にお願いしたくないとも思います。 ・現状、祖父も両親もいますので 私がでしゃばって行動しようとは思っていません。 ただ頼りにされた時力になりたいです。 私は実家を出ている為色々な案を出せればと思っています。 そこで一度ほかのお坊さんのお話も聞きたいと思いこちらに質問させていただきました。 (住職への怒りが収まらず話を聞いて欲しかったのもあります) ・このような住職の対応は私たちは受け入れるしかないのでしょうか? 先祖代々からのお寺を離檀するというのは良くないことですか? 離檀のさいは今の住職にまず話をするべきですか?

有り難し有り難し 9
回答数回答 1

信頼していたお寺に裏切られた気持ち

20年前にご縁のあるお寺にてご祈祷を受けたところ、凄い効き目がありました。その頃、霊現象が多かったのですが、口伝のまじないのようなものもその時教わりました。(口伝なので、人には内緒にするよう言われました) 色々効き目は凄かったのですがここでは省きます。 それから、20年毎年正月にはそのお寺で新年のご祈祷を受けていたのですが。 最近、良くないことが重なったので、いつものお寺でご祈祷をしてもらおうと伺いましたところ、 今まで見たことのないお坊さんが受け付け、私の話を笑ってバカにするのです。しかも、同じお寺にもかかわらず、以前受けたご祈祷のこともバカにされた(言ってはいけないと言われた口伝も無理矢理聞き出した上で)為、私は怒ってご祈祷を受けずに帰りました。 しかも、寺を出て5分もしないうちにゴールド免許だったのに警察につかまり罰金です。 そのお坊さんは人間としても最低だと思いましたが、 私は20年も通い続けたお寺に裏切られたと、仏縁が無くなったと感じ、そちらの方がショックなのです。 もう、お正月に御札を替えに行く気持ちもなくなりました。 しかし、次にどこを頼れば良いのか。今回の件で、どれだけ自分がいつものお寺を頼りにしていたかもよくわかっただけに、帰る実家を無くしたような気持ちです。 このような場合、お正月は新しいお寺を探して行った方が良いのでしょうか? それとも、そのクソ坊主に当たったのはたまたまだと考えて同じお寺に行った方がいいのでしょうか?お正月、また会ったらイヤなので、とても迷っています。

有り難し有り難し 29
回答数回答 2

お坊様を信用出来なくなりました

このようなタイトルを掲げてこちらへ来るのはとても勇気がいりましたが、お坊様側からの見解をどうしてもお聞きしたく質問させて頂きます。 6年前の父の火葬の際、檀家になっている寺の住職がお経を唱えた後、「貴女方お金無いんでしょ?30万円を20万円にしてあげますからご安心を」と周りに人がいるのも憚らず非常に通るいい声でおっしゃられました。 確かに我が家は貧しいのですが、お布施も苦しい生活の中からきちんと納めていましたし、今回の葬儀も安くしてくれとは一言もお願いしておりませんでした。気を使ってくださったのでしょうが、仏に支えるお坊様からお金の話が火葬場で出るとは開いた口が塞がりませんでした。 火葬場まで高級外車で乗りつける姿にも違和感を感じましたが、こんなお坊様は今時そんなに珍しくないのでしょうか? 寺での葬儀後も納骨にはいくらいくら、石材店にはこのくらいと、始終お金の話が絶えずさすがに腹が立って仕方ありませんでした。父を亡くして悲しんでいる家族にビジネス丸出しの言葉ばかりの住職に対し不信感しかありません。 先代の住職は緋の衣を纏うほどの立派な方との事で、祖父の代から檀家になったそうです。 現在の住職はゴルフはするし、高級外車を何台も駐車場に並べています。おまけに意味のない鐘突堂等の建築にも力を入れておられます。 そして肝心の寺の設備と言えば、檀家用のおトイレは和式のままでバリアフリーとはなんぞや?のような古寺です。 あれではお年寄りが気の毒です。 お布施や寄付は一体何に使われているのでしょうか? どんなにありがたい仏様のお話しも耳に入りません。 檀家離れが騒がれる今日、こうした生臭坊主が時代にそぐわないお金儲けに走っている事が原因なのか、そもそもコロンブスの卵のように檀家が減るからお金儲けを始める坊主が出てしまうのか どちらが先か分かりませんが、墓終いをしたくても今度はいくら吹っ掛けられるか怖くて相談も出来ません。 仏の名を借りたそれらしい説教をさ れそうで怖いです。 お寺って昔はそんな人を見下したりする所じゃなかったのに…と悲しみと怒りと今後の不安で夜も眠れません。 私は元々お墓参りやお盆、彼岸の古来からの習慣を大切にしてきました。金金金のお寺さんを目の当たりにして、今後続けていく気持ちが無くなりそうです。どうぞお導きのほどよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 82
回答数回答 4

お寺に直接不満を伝えるべきか?

いつも楽しく読んでおります。 曽祖母の代からお墓をお世話になっているお寺のことで悩んでいます。 二十年ほど前から住職の息子さんが修行を終えてお寺で働くようになりました。この息子さんは地域のボランティアにも参加されている、素晴らしい和尚さんです。しかし私はどうしても好きになれません。理由は二つあります。 ひとつは、この和尚さんが法事や葬儀を行うと、トラブルが多いのです。遅刻や、戒名の読み間違えがたびたびありました。また、年若の親族がいるといきなり進学や就職のことを質問し、「もっと安定した職に転職すれば」などの言葉をかけます。ありがたいのですが、この和尚さんと顔馴染みでない親族の中には腹を立てる人も多いです。 もうひとつは和尚さんのブログです。本名で、お寺の名前を出して、お寺の出来事や地域について書いていらっしゃいます。ただ、「このボランティアのメンバーとは気が合わない」など、あまりに率直な記事も公開されています。一番驚いたのは亡くなった檀家さんについて「この(檀家さんの)職業については正直なところ偏見がある。ご存命のうちに会わずに済んで良かった」と書いていたことです。私もその檀家さんと同じ仕事をしております。和尚さんの記事であらためて自分の仕事を見直し、精進していこうと思う機会にはなりました。しかし、そんな個人の考えを誰でも読める場所に公開することに疑問も感じました。 いっそ、お寺に直接「なるべく遅刻はしないでほしい」「親族にあまり声をかけないでほしい」「ブログは匿名で行うか、内容を非公開にしてほしい」と伝えるべきか悩んでいます。しかし、(遅刻はともかく)親族にアドバイスしたり、ブログで世間に物申すのも和尚さんの役割かもしれない、とも思い、迷っています。 まとまりの無い内容ですが、アドバイスをお願いします。

有り難し有り難し 55
回答数回答 4

納経所にいるお坊さん

皆様がこの不安な世の中を生きるために苦しい胸の内をご相談されているなか、このような質問をするのは忍びないですが、是非ともお教え願いたいです。     最近、神社やお寺をお参りしていて、四国に住んでいるのもあり、四国霊場のお寺を順番は関係ないですが行ける時に行ける範囲の所へ足を運んでいます。       昨日、子供たちを旦那が見ていてくれるというので、少し距離はありましたが香川のお寺にお参りにいきました。 14時を少し過ぎて到着し、御朱印帳を用意して納経所へ行ったのですが誰もいらっしゃらず、インターホンがあったので鳴らしました。 次にお寺に行った時はお線香をあげさせてもらいたいな、と思っていたので、初めてだし質問してみようかなとワクワクしながら待っていました。 すると別の建物から若め?のお坊さんが出てきてくれたのですが、あからさまにめんどくさそうな顔をされ、会釈をしても、お願いしますと声に出して言ってみても無視され、御朱印帳もぱっと取られ、お釣りの小銭も御朱印帳の上に置いて返されました。 お礼はなんとか言えたのですが、内心すごくショックで、お線香のことも聞くに聞けずでした。 自分なりに大事にしている御朱印帳なので、小銭置きにされたのは正直腹が立ちましたし、それなりの時間をかけて子供たちも旦那に預けてお参りに行っていたので本当に残念でなりませんでした。       しかし家に帰る途中、ひょっとすると神社とお寺の御朱印を一緒にしていたのがいけなかったのかな、それとも緊急事態宣言が解除されたとはいえ、このご時世の中来ないでほしかったのかな、と頭によぎりました。     今まで行ったお寺では、特に何を言われるでもなく、ようお参りくださいました、とまで言ってくれる方もいたので、謎です。   もしかして、14時くらいからお坊さんのお昼ご飯は始まるのでしょうか。   なにか私に悪いところがあれば、納得もいきますので、どうかお教え頂きたいです。

有り難し有り難し 17
回答数回答 2

檀家ってどうなんでしょうね?

先日、父親の葬式がありまして代々檀家としてお世話になっているお寺のお坊さんに来ていただいたのですが、お坊さんの態度とか振る舞いがなんとも偉そうなカンジで親類一同イヤな思いをしました。 まずはお経をお願いするためにお寺に電話した時から上から目線で日にちや時間を指定されました。 お経をあげる前にお布施を前払いで要求したりお布施の金額を指定してきたりするのは普通なのでしょうか? 今まで参加したお通夜ではお経の後に親族を励ますような説法をしてくれたりしているとこが多かったように思うのですが、事務的にお経をあげて挨拶もそこそこにさっさと帰って行かれました。親戚の叔父さんの話では、お坊さんが代替わりしてから檀家からの悪評をあちこちで聞くらしいです。お坊さんは世襲で檀家の者はお坊さんを選べないんですかね? 私の兄弟も檀家をちがうとこにしたいとか言ってました。インターネットで調べても最近檀家を抜ける人が多いとか出てますが、しかし先祖代々お世話になっていますから簡単にはかないようにも思いますし…  どうなんでしょうね? 宗派に不満とかは無いので同じ宗派の別な檀家に入れてもらったりするのは可能なのでしょうか? あるいは本山に連絡してお坊さんを変えてもらったりできないのでしょうか? これから行事毎にそこのお寺にお願いして来ていただくことが苦痛になりそうです。 最近インターネットでお坊さんを派遣したりするビジネスがあると聞いて馬鹿々々しくて笑っていたのですが、今回自分がこのような体験してみると派遣して来ていただいたほうが正しいような気がしてきました。 今の時流がひとつ理解できました。 どうするのがよいとおもわれますか?

有り難し有り難し 39
回答数回答 4

小さな冤罪

彼岸会に参らせて頂き、別院で2時間程の行事に参加した後の事です。 本殿(観光地となっています)前の野外で親子で順に1人づつお線香に火をつけていた時、本殿の奥から 「あんたお金払わないといかんよ」と怒鳴られました。あぁ、間違いかな と思い「払いましたよ」と応じたところ 「ずっと見ていたから払っていないの分かるよ」「悪い事はしたらいかん」「この人が払ったよ、見とった あんたは払っていない」 と、こちらが いついつこういう形で払ったという度に表に出てくる事なく中から大声でおっしゃるので、本殿の中に入りお参りするのも悲しく辛い状況になりました。 「この人が払ったのは見た」という、この人とは私の家族です。家族でひとりだけお線香代をくすねる訳無いと思うのですが。 お線香代は、良心販売方式で箱に100円入れる様になっていて本殿中からは3M以上離れています。 同行していた幼い子がお中日のお線香初体験を楽しんでいましたので、この子に気持ちが落ち込んだ事が伝わってはいけないと思い本殿にすすみ手を合わせましたが、疑いをかけた人物は不審な者を追うような目で睨みを利かせていて怖かったです。 まだ昨日の事なので、幼い頃から親しんだお寺に怖い印象が湧いてしまいそれが悲しく辛いです。どの様な心持ちで思い直せば良いのでしょうか?

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る