hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
2019年のあなたを表す漢字 募集中

お寺は地域のために開放するべきではないのですか。

回答数回答 8
有り難し有り難し 300

近所のお寺の奥さんの言動に失望し、傷ついたのですが聞いて下さい。
私は特別支援学校の職員ですが、いつも生徒15名と他の職員3名と共に散歩をしているのですが、その散歩コースに近所のお寺が含まれており、境内で休憩し生徒達もはしゃいで走り回って楽しんでいます。
トイレも拝借しております。

ある日、帰校しようとお寺を出た所、お寺の奥様に呼び止められ「あなた方にはモラルがないのですか?」と、いきなり怒られました。
一方的に「あなたは、よそ様のお宅に勝手に上がり込んで勝手にトイレを使って庭を荒らしても何の挨拶もなく知らぬ顔で帰るのですか?
来る時は前もって、いつ、何時頃行ってもいいですか?と連絡するのが常識でしょ」と言われました。

納得できないのですが、お寺は地域の為に存在し、誰でも自由に出入りが出来てトイレも自由に使ってもいいのではないですか?
奥様が仰るには、「うちは観光寺院ではありませんし、トイレも公衆トイレではありません。」だそうです。

これでは生徒達が可哀想です。
お寺は皆そうなのですか?

2015年10月16日 17:31

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 8件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

お寺が求めているのは見学の精神 ではなく 参拝の精神

こんにちは、名探偵コナンじゃなかった、丹下と申します。
私の推理では、そのお寺の方は、それまでにいろんな方が来て、ハタハタ迷惑していたのでしょう。
実はわたしも中国のお寺に団体で見学に行った時、そこに修行僧たちがハタハタ迷惑そうにしていたのを覚えています。
みんな観光、物見、見学的な感覚でお寺にズカズカ入り込んできますが、場所によってはそういうスタンスで上がり込んでくる人というのは、ハタハタメーワクという事を私は初めて経験しました。
観光寺に来る人は見学の人と参拝の人がいます。
先日も、法事の合間にどかどか入り込んできて本尊様の前で、長ーくお経をあげていく「信仰という名の元に何でもやっていいと勘違いしている人」がきました。
お寺は、公共施設ではなく【半公共施設】です。
何故なら、住んでいる人がいます。
プライベートだってあります。
先日も、近所の小学校がお参りに来た時も、その方々は連絡をしてくださいました。
別になくてもいいと思いますが。
ですが、あった方が❝心が通っている❞ということをその奥様も言いたかったのではないでしょうか(そうであってもなくても、そう思うというのが、こちらの我や正義を引っ込める仏道修行というもの)
今から申し上げることは、別に悪く言う訳ではありません。よく聞いて、ああ、人間世界というものはそういうものかーと理解して頂きたい為に申し上げるのですが。
教育者的立場にある人は、およそ高い理念を皆持っています。それは我々僧侶も同じです。
自分たちが、教育者として常に人道的立場であろうとするため、時おり正義心が優先されます。それが為に、自分の正義、理念に相反する人を見ると何となく拒絶感にも似た反発感情が生まれてしまうという事があるそうです。
そういうのを捨てて普通に考えてみましょう。
「ああ、お寺といっても嫁いだ一女性の立場としてみれば、確かに観光寺ではないし、勝手に入り込んで、こっちは子供もいたから正義的立場だと思い込んでいたけど、それはよく考えてみれば、礼節を欠いていたと言えば欠いていたなぁ」と思ってみましょう。
それがお寺を❝見学❞ではなく、❝お参りする❞という敬いの精神なのです。
自分の正義を貫きたい気持ちに参拝してみてください。
その扉を開けたところには「何」がありますか?

2015年10月17日 11:47
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
お悩み相談 ❝あなたの悩みという荷物をおろしてみませんか?❞ 「お寺で...

私の感覚では

こんにちは。私は東京のお寺です。よく地域の「地元のお寺、見て回ろう」というグループ(区で主催しているようです)がお越しになりますが、いつの頃からか、予告をしてから来るようになりました。また、近所の子どもたちが野球だのサッカーだの自転車だの、練習に来ています。こちらは特に予告なくやって来ます。基本的に答えは「どうぞ」ですが、行事と重なったりする時はご遠慮いただきます。また、ゴミを散らかしている時は、しばらく閉鎖します。
子どもが15人…それは正直言って、あらかじめご連絡いただきたいです。公園に寄るのと同じ感覚ですか?せめてお参りであるなら、また違った受け止めになるかとは思いますが。あとは頻度ですね。
地域柄が分かりませんし、そもそもコッチは関東ですから、感覚が異なる事は大いにあり得ます。
しかし、予告やお断りがあったのならまだしも、そうでなく訪れて、対応に怒りを感じておられるのは、些かお門違いと感じます。「生徒たちが可哀想」という事であれば、おとずれる先の調査をしておくべき、と存じますが如何。

2015年10月16日 19:28
{{count}}
有り難し
おきもち

一般大学(一般的でもないが…)から大正大学の史学コースへ。そののちお寺。坊...

いろんな見方があるでしょうが、挨拶はすべきと思います

 どれくらいの頻度で、散歩をし、お寺さんの境内で休憩してこられたのか質問だけではわかりませんが、或る程度の規模の団体で定期的に訪問し手洗いを使用しているなら、事前の承諾や使用後の挨拶があったって良いのではないかと思います。飽くまでも、私個人の考えです。

  小学校で学校周辺の地域を探索するという授業の一環で寺を訪問する場合は、事前に学校からは電話がありますし、当日は教員の方が挨拶に来られます。地域の歴史探訪の中高年グループが寺町散策の中で当寺を訪問する場合、事前に案内役の方が説明に来られます。

 特別支援学校の職員として生徒さんたちを引率されるのも大変かと思いますし、交通安全の面でもお寺の境内の散歩するほうが安全だと思います。生徒さんたちが生徒達もはしゃいで走り回って楽しんでいる光景はいいですね。それだけに、そこのお寺さんから言われた言葉は水を差されたような気分だったかもしれませんね。
 生徒さんたちが走り回っている光景は教員にとって、嬉しいことでしょう。但し、お寺の境内は公園や校庭のように、子供さんたちが走りまわることを前提としておりません。もしかしたら、境内の草花が踏み荒らされたりしたことも有ったかもしれません。掃き清めた参道が靴跡がついてしまったり、砕石が蹴散らされたりということがあったのではないでしょうか?団体で利用すれば、お手洗いの汚れ方も違います。1回2回なら苦情は言わないと思います。定期的に休憩し、手洗いも使用したなら、事前連絡をしなくても、当日挨拶したり帰る時に御礼を言ったりするのが礼儀だと思います。そういう挨拶の仕方を生徒さんたちに身をもって示すことも教育ではないかと思います。


お寺は地域の為に存在し、

  これは個々のお寺によって、違うと思います。我が寺は地域社会と共存し地域社会に協力してはおりますが、「地域の為に存在する」とは思っておりません。我が寺は基本的には檀信徒の為に存在し、同時に多くの方々に仏様との御縁を結んでいただけるよう努力し広く門戸を開くようにしているつもりです。「誰でも自由に出入りが出来てトイレも自由に使ってもいいのではないですか」と言われるのは、あなたの価値観の押しつけのように感じます。お寺の境内にあるトイレが公衆トイレとして使用される場合も有れば、飽くまでも参拝者のためのトイレの場合もあると思います。

2015年10月18日 12:41
{{count}}
有り難し
おきもち

そうではないお寺もありますよ。

同じ地域や宗派であっても、
住職の考え方次第で、
お寺の運営も雰囲気もガラッと変わります。
「お寺は檀家のため」という考えなら、
他の方が来られるのは嫌でしょうね。
そのお寺はそのような考えのところなのでしょう。
でも、それが善いとも悪いとも決められません。

「お寺は地域のため」と考えるお寺もありますから、
他のお寺を探されるのが良いかもしれませんね。

2015年10月17日 16:15
{{count}}
有り難し
おきもち

和田隆恩
 1967年京都市生まれ。山形大学理学部卒業後、証券会社で勤務。30歳で脱...

連絡すれば済む話では?

いつも仕事として生徒を連れて散歩してて、そのお寺に寄ってトイレを利用するのであれば連絡するのは当たり前だと思います。
トイレは参拝者の為に設けてあるものであって、トイレを必要とした全ての人の為に作っているものではありません。
もちろん使ってはいけないとまではいいませんが、やはり節度の問題かと思います。
それだけの人数が定期的かつ頻繁に利用しているにも関わらず挨拶も連絡もなしというのは少し問題かと思います。
「利用してもいいですか?」と一言声をかける配慮をするのが、社会人としての常識だと思います。
その一言でお互い気持ちのいい関係が保てるように思いました。

※うちにもトイレはありますが、設置費用は決して安くはありませんし、維持費も案外かかっています。
全て檀家のお布施と寄付で成り立っていますので、参拝者以外の方の利用は基本的にはお断りの姿勢です。
だからといって鍵が付いているわけでもなく立て看板もありませんから、自由に使ってもらえる状態ですが…

2015年10月18日 17:41
{{count}}
有り難し
おきもち

始めまして、釈心誓と申します。 浄土真宗本願寺派の僧侶です。 若輩浅学...

まあ、宗教法人の敷地は一応私有地ですからねぇ。

一言声をかけていれば快く「どうぞ」と言われていたのかもしれません。
お寺は、宗教法人の施設です。
住職としては、宗教法人の構成員(檀信徒)から施設の管理を任されている責任もあるので、万が一の事故でもあって建物等の破損があったら、法人の役員会や檀家総会で報告しなければなりません。
現代社会では、昔ながらのたたずまいのお寺といえども、法人として組織運営によって成り立っていますから。

なお、上記のコメントは、そのお寺の奥さんを弁護するために申し上げているのではありません。
怒りはストレスの原因なので、相手(お寺)の立場を想像することで、怒りを冷まして平安な気持ちになっていただきたいのです。

2015年10月16日 20:26
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

地域との関係性による

ホトトギスさんご質問の意図ご察しますが地域とお寺の関係性によります。

都市部のご寺院さんは、防犯上、仏事の多忙さや施設の広さなどから、比較的クローズなところも多いですが、地域に密着したお寺さんだとまた違ってきます。

いずれにせよ、お寺さんごとに事情が違い、地域やご住職によってお寺開放の考え方が違うので、トラブルにならないようにした方がよいと思います。

2015年10月16日 17:53
{{count}}
有り難し
おきもち

小黒澤 和常
大手金融機関で3年ほど勤務。大本山總持寺安居ののち、松岩寺副住職となる。テ...

残念なことです

ホトトギスさん、はじめまして。
徳島県の法話と天井絵の寺、觀音寺 中村太釈です。

私も子どもを支援学級に通わせているため、ホトトギスさんの「失望し、傷ついた」という言葉に含まれるニュアンスが痛いほど私に伝わってきました。

私は、寺は公共の場所であると考えています。トイレも宅配の業者さん、郵便配達の方、通りかかりの方に利用してもらっています。境内が生徒たちの声で賑わしいのはうれしいことだと私は思います。以前は近所の子どもたちの遊び場でしたから。

時には、呼ばれない人も来ることがありますので、寺院も管理面で気をつけていることはあります。お賽銭や仏像が消えることがありますので。

御縁がなかったのでしょう。せっかくの仏縁が生まれず、残念です。

2015年10月16日 18:40
{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...

質問者からのお礼

貴重なご意見ありがとうございました。
私の勉強不足であり、お恥ずかしい限りです。
何年もの間、何も言われなかったので、大丈夫だと思っておりましたが、ずっとお寺の方も我慢されていたのかも知れません。反省しております。

「お寺とのトラブル・嫌なできごと」問答一覧

お通夜での出来事が許せません

先日、父が亡くなり親族葬を行いました。 突然の死でしたので残された家族と共にバタバタしながらも、父や列席していただいた方々に失礼のないよう努めてまいったつもりです。 そんな中、お通夜のお焼香の時に一人ずつ順番に出て行ったところ、お坊さんのお経の方が早く終わってしまい席を立たれてしまいました。さすがに退場されることはありませんでしたが、その時にお坊さんが「もっと早く出てこなあかん!お焼香は喋るとこちゃうよ!」とお怒りになられました。 喋るというのは恐らく、親族の方々が順番が来て前後の方と「どうぞ」「ありがとうございます」とやり取りされてたことだと思います(狭い会場でしたがそれ以外に会話は聞こえませんでした)。 たしかにお焼香は一人ずつ席を立たず前の方の後ろに並んで途切れることなくすべきだったのかもしれません。お葬式に不慣れとは言え、お坊さんにとっては無作法で失礼に値することだったのかと反省するところはあります。 しかしながらお通夜にも関わらず高齢の親族へ声を荒げられたお坊さんに対し、憤りを感じてしまったのも事実です。 故人である父はこういう場面だと「皆さん足元気ぃ付けておいでください。」と親族を気遣うような人です。その父に背を向け親族を怒ったことが許せませんし、父の通夜を、列席していただいた皆様の思いを侮辱されたような気分です。 何より喪主である母が「こんなことになってお父さんに申し訳ない」と落ち込んでいるのが辛いです。 いまだに気にしてしまっていること自体、父に失礼なような気もしますし、それよりも父を思う気持ちが大事だということは分かってはいますが、この出来事がなかなか頭から離れません。 我が家はお坊さんのお寺の檀家で、これまでも長く付き合いがあり、これからも顔を合わせることはあると思います。 どうやったら落ち込む母を励まし、またこの出来事を乗り越えて、今後もお坊さんとわだかまりなく付き合えるのでしょうか。

有り難し有り難し 21
回答数回答 3

法要時、肝心な箇所を間違われたら?

初めて相談をさせて頂きます。宜しくお願いいたします。 先日親戚の四十九日法要と納骨がありましたが、その際に僧侶の方が「参列者の名前を間違えて唱える」という場面がありました。 ※卒塔婆を立てる参列者の名前を読み上げていったのですが、私の家族全員が「名字」を誤って読まれました。 ※私の名字は、故人が生前 結婚する前まで名乗っていた旧姓でもあります。また故人は生前私達の家に対して大きな愛情を持って接して下さいました。 ※墓所と法要を行ったのは葬儀会社が運営する霊園です(今回の僧侶の方は霊園職員の方が手配。霊園と提携するお寺のようです) 亡くなる直前まで私達の家族を愛して下さった親戚。私の家族もまた故人を愛していましたし深く感謝しています。だからこそ今回「名前を間違われた」事は悔しく感じました。 法要後、思わず僧侶の方に『恐れ入りますが名前を間違われて読み上げられました。▲▲(間違った名字)ではなく、●●(正しい名字)です』と申し出てしまいました。 しかし僧侶の方は「じゃあ墓前納骨時に言い直しますから」という『軽くあしらわれた』と感じる言動を取られました。これには参列者一同唖然となりました。 今日の為に必死に準備をしてきた施主や関係者全員、そして私の家を心から愛してくれた故人の事を思うと…あの言動は非常にショッキングでした。 納骨時には正しい名字で言い直してお経を上げて下さいましたが、参列者全員わだかまりが残ってしまい非常に残念です。 実は前回、祖母の回忌法要においても同様の事件がありました(回忌数を間違われて読み上げられた) 連続して類似問題が起こり、悲しさと憤りを抱いてしまいました。 霊園職員の方には「2度連続で誤って進行された」と抗議したので次回以降はこのような事がないよう願うばかりです。 さて、このような事態を経験してしまったのでお伺いしたいのですが、法事の席で僧侶の方が名前や回忌数など「参列者にとっての重要点」を誤って進行する事はあり得る事なのでしょうか? またこのような誤りがあった場合、参列者はどのような対応を行うのがベストですか? そして…故人に対する供養はどうすれば良いでしょうか?今回はモヤモヤが残るような法要となってしまい…故人に申し訳ない思いがあります。 稚拙な文章で恐れ入りますが、お知恵を拝借願えますと幸いです。宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 19
回答数回答 1

菩提寺に不信感。寄付って何?

私には先祖代々の菩提寺があり、いつかそれを継いで行くんだなと漠然とした想いがありました。 でも最近の菩提寺のやり方?経営に疑問を持つようになりました。 事の発端は住職さんが代わってからお盆の供養で自宅に住職さんが来て私達に話したことから始まります。 その時は祖父から孫の代までみんな集まり住職さんにご先祖様達を供養して頂きました。 供養が終わり、ありがたいお話を頂けるのかと思ったらなぜが、ずっと本堂以外にある小さな観音堂の建て替えをするための寄付金が足りないと言う話をされ続けました。 私は目が点になりました。 供養の場でそんな寄付金の話ばかりされるとも思わなかったですし、ここ数年で、永代供養用のとても大きく豪華な大仏や建物が建てられたり、お寺の中やお墓が整備されていたからです。 その時は寄付金を集めたりはしていませんでした。 それなのになぜそれだけ多くの事にお金を使っておきながら、わざわざ寄付金を集めて観音堂を建て直さなければならないのか。 それならあと数年まって、年会費を貯めて建て直したり、あんな豪華な永代供養大仏を建てるならそこの費用を削って観音堂にまわすなど出来たと思うのです。 あまりの経営の雑さ、そして寄付金が一口〇万円以上でないといけない、観音堂を建て直すにあたり観音堂(本堂以外とは言っても人が10人は入れる大きさです。)をあけてみたらお飾りもボロボロになっていたので全て新しくしようと思うなど、普通、寄付なら1円からでも寄付であってその人の心なのに、仏に使える人が〇万円以上でないと寄付金でないと言ったり、普通時々でも観音堂の仏様にお経をあげていたり、掃除していたりしたら前々から少しずつ修理したり出来たと思うし、本堂がものすごい豪華なので、そこの費用を抑えて観音堂にまわせたりもすると思うのです。 こうゆうやり方や、はお寺としては普通なのでしょうか? なんだか檀家を都合の良いATMのように見てるとしか思えなくなってしまいます、、

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

お寺にて。私ばかり叱られるのはなぜ?

いつもお世話になっております。 きょう、(ドクターストップを 破って)祈願寺へ行きました。 やけにペコペコ挨拶してくる お婆ちゃんがいたのですが、 礼儀として、挨拶を返しました。 法要が終わった後、 「あなたはいつもいい声を 聞かせてくれる!ありがとう」 などと言われた後、私の持って いるヘルプマークを指差して、 「あなたも何か持ってるわね」 と言ってきたので、 「持病がございまして」 とお答えして、その場では 別れました。 帰り道、外の参道に出た所で 「まってー!」と呼び止められ ました。無視することもできた のですが、こういう方は、 しっかり断らないと後が面倒 なので、「なんでしょうか!」 と低い声で対峙しました。 「参道を出た所のカフェーで お茶をしよう」と言われ、 「皆さんお断りしております、 申し訳ございません」 と最敬礼して別れました。 運良く、その場は引き下がって くれました。 この人はお寺の御詠歌グループ のメンバーなので、私はお寺に 引き返して、お坊さんに逐一 状況をお伝えしました。 自分自身も興奮していたと 思います。ドクターストップ が出るくらいなので。 「そういう人はどこにでも います。気にしなくていい。 うちは警察じゃありませんから」 と突き放されました。私は 言い返せませんでした。 受付の女性が、悲しげに目を 伏せていたのが印象的です。 「宗教法人の、信徒の教化育成 義務」に当てはまるので正当な 行為だとは思います。 ですが、お花の件もそう。 なぜ、私だけこんなにもきつく 指導されるんでしょうか? 年齢差でしょうか?先の 先達さんも仰るような、親心? まあ、ドクターストップに従わ なかった私も悪いのですが。 次に参拝した折に、お坊さん に謝って、事情を伝えようか とも思っています。 「会う人みんな、悪い人や 怖い人に見えるんです」と。

有り難し有り難し 33
回答数回答 2

お寺さんとの関係の築き方

はじめまして。 今回はお寺さんとの関係の築き方についてご相談です。 以前、臨済宗のお寺さんに観光目的でお邪魔した時に、住職さんが「お庭だけ見て帰られる方が多くて残念です。お寺に来たからには、仏様に手を合わせ、そこの住職たちとお茶でも飲みながらお話でもするのがお寺本来の在り方ではないかと思います」と話しておられました。当方と宗派は違いますが、そのお話に非常に共感しました。私自身、高齢の父母がいるので、そろそろ葬儀などについても普段からご相談できる方がいればいいなとも思っております。 しかし実際問題として檀家制度が薄くなりつつある現在、お寺さんと在家の若い人たちとの間にはハードルができてしまっている気がします。縁もゆかりもないのにいきなり飛び込んでいってご迷惑をかけないか、また法事などの特別な用事もないのにお電話をしてアポを取ってお邪魔してもよいものか…そこにいらっしゃるご住職やお坊さんたちもとてもお忙しいでしょうし…とまあこんな具合に悩んでいます。 ちなみに昔は父方の家系が村にあるお寺さんにお世話になっていました(もしかしたら元々は檀家だったのかもしれません)。 しかし村を出た父の代から疎遠になり、祖父が亡くなった現在、私はご挨拶へ伺えていません。また、自分の意志でそちらのお寺さんへ伺おうにも、新幹線の駅から車で一時間以上はかかるところで、なかなかご挨拶へ伺いにくいです。父へ真剣に仲介をお願いしてもはぐらかされてばかりで。私ひとりで伺ったところで相手してもらえるかと思うと気後れしてしまいます。 問題をまとめると ①新しく今住んでいるところの身近なお寺さんとのご縁を築く ②それとも祖父の代からのご縁を何とか復活させる どちらにするか悩んでいます。そして、どちらにせよその方法論もわからないので更に悩んでいます。 長々とすみません。上記の三点について、どうかご助言お願いできないでしょうか。

有り難し有り難し 31
回答数回答 3

お寺のシステム?私は金づる?彼が怖い

僧侶の方と交際し始めて半年ほどになります。 住職ではありません。寺院に所属しているわけではなく、本山から依頼があると指定された場所にお勤めに向かいフリーで活動しています。 交際し始めて2週間も経たない頃、本山への移動費がなくてお金を貸しました。それ依頼、この半年で総額50万近くになりました。返済は一部ですがありました。お寺の都合でお布施が入らないと言っていますが、そんなことあるのでしょうか。私の生活にも関係してくることなので困っています。実際私の返済が滞っています。 〇日に〇万円返せるからと言われ、会う約束をすると、〇万円しかもらえなかったと、結局返してもらえるのは雀の涙。 そして、とても短気でせっかち、キレやすい性格で、私は怖くて何も言えません。お金のことも、こちらはあくまでも言葉や言い方に気をつけて伝えましたがキレられました。 月の半分以上は彼に会っていて夜も共にしますが、泊まるのは節約のため(そのお金も元は私が貸したもの)カプセルホテルで、エッチは月に1回あるかないか。デート代もほぼきっちり割り勘です。 割り勘が嫌な訳ではありません。 そこまできっちり!?と思ってしまいます。 奢ってもらったことはありません。 私が彼に貸したお金というのは、私は体調が不安定で仕事をできない時期が続くため、その時の生活費にあてようと取っておいたものと、娘の結婚祝いにと貯めていたものです。それが全て、彼へ貸したお金と私の生活費で消えました。 彼は、私から借りたお金で、私同伴でスナックにも行きます。 私が惚れてるのをいい事に、金づると思ってるのでしょうか。 そして、私の母は性格に難アリで、そのことを話すと聞いてるこっちが気が狂いそうになると話を聞いてくれません。お坊さんだからというより、彼だからこそ、私の悩みを少しでも聞いて欲しいだけなのに。 常に自分のペースでことを進める彼。 私に質問して返答が遅れると直ぐにイラつく彼。 彼のことで悩みすぎて、私はODとリスカを繰り返すように。 彼は、それは当て付けでやってるの?薬を飲みたいのはこっちの方だよ。病院に行きたいのはこっちの方だよと言いました。 彼は、私のことを想ってくれてるとは思います。 大切に想ってくれてるとも思います。 育った環境や性格の違いもあるのでしょうか、とにかく態度や言葉に怖さを感じてしまうのです。

有り難し有り難し 67
回答数回答 4

父の17回忌が近づいています。

お世話になります。 今回は、実家の父の17回忌法事のことで相談させてください。 父は次男で、郷里から離れて家庭を持ちました。 そのためお付き合いのある寺はなく、父が亡くなった際、葬儀会社の紹介で急遽、お寺を紹介してもらいました。 初対面のお坊さんに父の戒名をお願いしたのですが、父に所縁のある漢字も使用されず、生前の人柄なども尋ねられることもなく、ただ事務的に考えて下さった印象を持ちました。 〇〇院、と父方親戚にはつけられているためそれだけを頼むと、割増料金?のような請求があったと記憶します。 その後、法事の度に実家へ来て頂きましたが、愛想のかけらもなく、ただお経をあげられて支払いを済ませると、矢のように帰られます。 会話も殆どなく冷たい対応しかないため、すっかり私たちも信頼する気持ちが薄れてしまい、今度の法事では呼ばない、と母が言い出しました。 そして、お坊さんなしで自分たちで読経して17回忌を済ませよう、と言うのです。 私が、他にお寺を探してお願いしよう。と提案しても聞いてもらえなく、兄姉も母に賛成のようです。 父に申し訳ないようで、とても気になります。 家族だけで法事するなら、せめて私だけでも何かできないかと思いますが、アドバイスいただけますか? 宗派は、浄土真宗の"お東さん"らしいです。

有り難し有り難し 38
回答数回答 3

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る