hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

生きる意味、死ぬのが怖い

回答数回答 6
有り難し有り難し 502

5月に父親を亡くしました。 

普通の生活に戻った今頃になって
自分が死んでしまう事に恐怖を感じるようになってきました。

結局死んでしまうのになぜ人は生まれ、生きなくてはならないんだろうと毎晩考え、いつか訪れる自分自身の死に対して怖くてたまらなくなります。

死にたいと言う訳ではなく死ぬ事が怖いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

怖がっていいんです

お父さまのこと、ご愁傷様です。普通の生活に戻って、とありましたが、春から夏、秋にかけて本当にお辛い日々だったことでしょう。

死ぬのが怖いのは命あるものなら当然の事です。るるさんのような思いは洋の東西を問わず、誰もが抱える恐怖ではないでしょうか。怖がっていいんです。
また、なぜ生まれ、なぜ生きていかねばならぬのか、これには完璧な答えなど無いと思います。るるさんもそう思われませんか?

ただ、るるさんの命はお父様、お母様からいただいた、お父様の命はおじい様、おばあ様からいただいた、おじい様の命は…このように私たちの命は確実につながっています。いただいて、いただかれているのです。

たとえば、ノーベル賞をとるような大天才も、両親や祖父母がいます。私はどうしようもないクソ坊主化もしれませんが、私の孫の孫の…孫の孫あたりがノーベル賞を取るとするならば、私は確実に無くてはならない存在だったということになります。血が繋がらなくとも、人と人は必ず影響し合っているのです。
生きている間に、生きる意味が見つかる方は幸せです。生きている間に見つからないと、生きる意味が無いと思われるかもしれませんが、1000年後に見つかるかもしれないし、10000年後に見つかるかもしれません。100万年後かもしれません。そのことを思えば、私たちが生きる意味は確実にあると私は思います。

生きることと死ぬことは繋がっています。別々の物では無いのです。ですから私たちは良く死ぬ為に、良く生きてまいりましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...

輪廻と言う言葉をご存じですか?

死ぬというのは肉体が滅びるだけで魂は残ります。
その魂はお釈迦様達が居る世界で次に訪れるであろう来世を待ちます。
その世界で前世を振り返り、良い行い、悪い行いを省みて
来世はもっと良い人生を送ろうと学びます。

そしてその魂は時期が来ると、自分で母親を選んでその胎内に宿り
新しい肉体を得てこの世に生まれてきます。
その時、神様はこの人生を選ぶとこんな人生になると
ハイライトで見せてくれるそうです。
そしてそれを承諾してこの世に生まれてきます。
そしてこの世であちらの世界で学んだことを実践します。
しかしこちらの世界に来た時は前世の行い、あちらの世界での学び
また神様が見せてくれたこの人生のハイライトを全て忘れてしまいます。
そしてこちらの人生を過ごします。

そしてこの人生でまた前世の反省点を生かし生活するのです。
その時、何か問題が起きた時、前世、そしてあの世での反省を生かすことが出来れば
その人生は良い人生になり、また良い来世に繋がっていきます。
そうやって前世、今世、来世を何回も経て、もうこの世に思い残すこと無く
輪廻してこの世に戻らなくても良いという境地に至ることを
「解脱」と言います。
今までどのくらいの人がこの境地にまで至ったか分かりませんが、
お釈迦様がその一人です。

るるさんもたぶん何回か前世を経験していることと思います。
そしてその前世の経験が今の人生になっていると思い生ます。
るるさんのおとうさんもあちらの世界で今までの人生を振り返り、
良いこともしたが、悪いところもあったと反省し
良き来世になるように修行をされていると思います。
るるさんも残りの人生、良き来世に繋がるように生きて下さい。
人生の最後に自分の人生を振り返り良い人生だった、
えんま様の所に行っても私は良い行いをしましたと言えるような
人生を送って頂きたいと思います。
そうすればもっと良い人生が来世に待っていると思います。

死ぬというのは肉体が滅びるだけで魂は残ります。
魂があちらの世界に帰るだけです。
るるさんもあちらの世界からこちらの世界にやってきているだけです。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...

ご安心を貴女は死なない(死を体験できない)

ヽ(^o^)丿
①ある男はこう言った。
「オレは死なないゼ。死んでも消せやしない。お前の中でずっと生きるサ。そういう生き方をしてきたつもりサ」なんて映画のフレーズみたく。
②ある男はこう歌う。
「♪DEATH IS NOT THE END♪」死は終わりじゃない。
人は死んでもその後も続いていくモノはあるサ。
③ある男とある男との問答
「オレは死にたくても死ねない。というか死を自分で体験できない。」
「何故だい」
「お前、昨日寝たことを覚えているかい?」
「ああ、まぁ何となくな」
「じゃあ、寝る瞬間一秒前の事、覚えているかい?」
「寝る直前までは分かるが、寝ちまうとわからない」
「だろう?自分で寝たことは分からないんだ。もし寝てるのが分かるというならそれは寝ていない。起きているんだ。」
「なるほど、つまり死ぬということは、自分では死ぬ直前までは意識はあるが、死んだ途端に怖さも、不安も感じることすらできないってコト」
「そういうコト。死は体験ができないから人は死ねないってワケ」
④ある男は最近寒くて参加者が少ない日曜坐禅会で上記の言葉に加えてこんなことも言っています。
「死をピリオド、終局、終焉だとアナタが誤解したるままだから悩んだり、思考停止状態になるのサ、ベイビー♡人はものの考え方で苦しむ。だから自分を苦しめてしまうものの考え方はゴミ箱へ移動するアップデートする必要がある。第一、雪は溶けて水になって終わりなのかいハニー?川へ注ぎ、海をめざし、雲となって雨にもなれば虹にもなるじゃないかベイビー?だからベイビー、死を終わりだと思っちゃダメさ♡」(イメージ:ちびまる子ちゃんのハナワ君)
◎終わりを持たない生き方がちゃんとあります。
⇔終わりを持った生き方というのは「常識」「一般的なものの考え方」という旧式のOSですから不安や恐れなど、様々な不具合が生じます。
①~④を熟読することで死に対する考え方が変わる、というアップデートができますよ。
ヽ(^o^)丿死ぬのが怖いという症状は、死に対する正しい認識が不足しているだけのコト。
死に対するちゃんとした見解を持てば、今の命をしっかり生きようとする気持ちが強くなり死は怖くなくなります。
死ぬのが怖い=恐怖は無知無明より生まれる。知ることで恐怖は無くなる。
アナタが怖がっていることを次回、具体的にしてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

お父さまからの贈り物

るるさま
なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

5月にお父さまを亡くされたとのこと。
まずはお悔やみを申し上げます。

半年が過ぎ、悲しみは癒えないながらも、元の生活に戻った今になり、死への恐怖が芽生えたのですね。
結局、必ず死がやってくるのに、なぜ生まれ、なぜ生きなくてはならないか。それを求めていくのが人生であり、仏教はそれをサポートしてくれるものだと思います。
以前に「人間は何のために生きるのか」という問いがありましたので、そちらもご覧下さい。
http://hasunoha.jp/questions/36

「死ぬことが怖い」という思いは、誰もが抱いているでしょう。
私も死ぬことが怖いです。
もっと言えば、自分という存在が消えてしまうことがたまらなく怖いです。けれど避けることが出来ません。
いつか死した時に、その恐怖は消え去るのでしょうね。

死を意識するのは、生を大切にすることに繋がると思います。
るるさんが抱いた恐怖感は、「人生を完全燃焼して生きる道を探してくれよ」というお父さまからの贈り物ではないでしょうか。
どうぞ大切になさって下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...

「死」と「生きる意味」

るる様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、お父様のご逝去に際して、「死」という現実をよりいっそう身近なものにお感じになられましての問いであるかと推察申し上げます。お父様のご冥福を心から祈念申し上げます。

「死」はいずれ例外なく誰にでも訪れるものですが、誰もが「死」に恐怖するものでございます・・もちろん、仏教的には、水上様の御回答にございます「輪廻」の本質をしっかりと理解することで、克服することができるのではないかとは存じております。

「生死」に関してですが、「死」は「終わり」ではありません。そして、「生」は「始まり」でもありません。「無始無終」なるものです。このことを弘法大師は、「生れ、生れ、生れ、生れて、生の始めに暗く、死に、死に、死に、死んで、死の終わりに冥し」と「秘蔵宝鑰」の中にて述べられています。

「無始無終」に関しては、例えば龍樹大師の「中論」における八不「不生不滅・不一不異・不常不断・不去不来」とも関連しますが、これらは「離戯論」と「空」ということを示唆するための重要な考え方であるものの、この理解は非常に難しくございます。

「不去不来」を説明する際の有名なフレーズ「去る者は去らない」的に申しますと、「死ぬ者は死なない」のであります。これは、丹下様の御回答の「あなたは死なない」ということでもあります。

また、「生きる意味」に関連するご質問は下記のように多くございます。
http://hasunoha.jp/questions?tag=生きる意味

この中で、問い「生きていく意味」 http://hasunoha.jp/questions/93 では、「もし、生きる意味があるならば、生きる意味がない」と、少しなぞなぞのような題にて回答をさせて頂きました。

ここで言えますのは、究極的真理レベルからは、生死に関しても「不生不死」で、「意味」についても「意味は無い」のですが、世俗的レベルにおいては確かに「生死は有り」・「意味は有る」のであります。

とにかく難しいです。それよりも何よりも、まあ、分からない、答えの出ないことはあまり考えないこと(離戯論)にして、「今」目の前にある現実、この現実を精一杯に、より善く生きなさいということが最も大切であるのではないかとは存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

だれもが同じ悩みを持っているのでは…。

こんにちは。
貴女のお悩み、よく分かります。
とても身近な存在の死に直面され、
すごくリアルに“死”について考えておいでなのだと思います。
釈尊もそのことについて悩まれたはずです。

結局、“死”の先のことが全く不明瞭であるが故に、
恐怖心が生まれるのだと思います。
私自身、この命が尽きたあと、
阿弥陀仏の慈悲心によって浄土に往生すると聞かせて頂いてるし、
有縁の方々にもそのようにお伝えしています。
でも…!です。
漠然とした不安がある。
それが貴女が抱えておられるテーマと同じことなのだと思います。

この苦悩は不治の病のようなものです。
不治の病ではありますが、上手く付き合う方法があります。
そのサプリメントが仏教です。

目に見えない現実的には分からない“死”…。
“死”には不安が付きまといます。
これは僧籍にある私とて同じことです。
私も自身の生命が尽きることを考えると、言いしれぬ不安がよぎります。
貴女が仰るように、
それは何故生まれてきたのか…という問いにも繋がります。

しかし、この“生”で持ち続けた苦悩は、
そのまま摂(おさ)め取られる世界(=浄土)が用意されている…、
と聞いた時、そのことには不安は和らぎます。
その和らぎを大切にする心を育んでみませんか?

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが子供達の笑顔になりました


モットー 「寺は心に溜まったゴミを捨てに来る所」。回答数は決して多くありま...

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 どのお返事もとても温かくてそうなんだ・・・と落ち着ける言葉ばかりでした。 ありがとうございました。

「死ぬのが怖い」問答一覧

大切な人の死といつかが怖いです。

ネットで偶然見つけ、初投稿させていただきます。 私は以前から時々ふと家族や恋人が死んでしまうことを考えてしまい、涙が止まらなくなることがありました。 祖父や愛犬などの死を何度か経験しているので、今生きている人達もいつかそうなってしまうと棺桶に入って、何も映さない目を閉じ、もう動かない様子を想像してしまいます。 身体に触れると、いつかこの体温もなくなってしまうとその体温すら死を連想させてしまいます。 声を聞いても、この声はいつか思い出の中でしか聞けなくなると思ってしまいます。 今こうしている間にも時は流れて、1歩ずつ死に向かっていると思ってしまいます。 自然の摂理ですし、祖母や親の方が確実に先に死んでしまうこと、人間よりも寿命の短い動物の方が先に死んでしまうことは理解しています。 分かっていても、親が昔より痩せ、老いているのを見ると自分が幼く、みんなが元気に集まり楽しく過ごしていたあの頃を思い、時は流れてしまったとまた涙が出てしまいます。 時が止まればいいのにととても切実に思います。 そして、誰かの死を見るのだと思うと、それならいっそ今の間に先に死んでしまいたいと思ってしまいます。 それは親を何よりも悲しませてしまうことだというのは重々承知しています。 でも、道を歩いていても、一つ一つ思い出すことがあり、あの時自分は何を思ったと自分の考えていたことさえ思い出せて、それすら悲しくなります。 でも誰かが死ぬことを思うと気持ち悪くなってしまうくらい悲しくなります。 吐き気も涙も止まらないです。 頭で分かっているはずのことをどうして割り切れないのでしょうか。 どうすれば泣かずにすむのでしょうか。 家族もみんな特に大病もないですが、事故や天災でもう会えなくなってしまうかもしれない。 覚悟して毎日を大切に生きるといいのかもしれませんが、いつか会えなくなってしまうのなら大切にしても後悔してしまうことはきっとあるし、いなくなってしまうなら意味が無いと思ってしまうのです。 すごく自己中心的ですが、もう私の記憶のある限りの今世でもう会えないなら、記憶のない来世でなど意味が無いと思ってしまいます。 ここに書き込んでおきながら、否定的なことを言ってしまってすみません。 色んな方のお悩みを拝読致しました。 その上でこのようなことを申し上げて本当にすみません。 失礼いたしました。

有り難し有り難し 14
回答数回答 2

いつか死ぬことが怖い

はじめて質問させて頂きます。 幼い頃にいつか自分も死ぬと自覚してから、死の恐怖に襲われます。 hasunohaにも同様の質問がたくさんあり、たくさんの回答を読ませて頂き仏教の宗教観にも触れ恐怖感が薄まることはあるものの、心の奥底にどうしようもない恐怖があります。 私が一番怖いのは、死んだら身体も意識も消滅し、全てが無になってしまうことです。私は今の生活をとても幸せに感じており、これが私や家族の死によっていつか終わるということがものすごく悲しく、おかしくなりそうです。そして、死後、私の意識は一体どこに行ってしまうのか、消滅するということは私にとってどのような感覚なのか(死んだら感覚なんてないと分かっているのに、感覚がないという実感がわからない故に不安になってしまう)と考えて、胸が冷たくなり、凄まじい恐怖に襲われます。 私が好きなものも全て手放さなくてはならないこの世界が憎く悲しく、最悪の世界だと思ってしまいます。 この恐怖から、今私が存在していることが気持ち悪く思えてしまうようになりました。いま意識があるという状態が気持ち悪いです。見てる景色がテレビのワンシーンのように思えるのに、そこから離脱できない自分が気持ち悪いような感覚になり、発狂しそうになります。 家族が大好きなのに、死ぬのが怖すぎて生まれたくなかったと思ってしまいます。こんな思いを自分の子供にはさせたくなくて、将来子供をつくるのも躊躇ってしまいます。生まれなかったら死ぬこともないから、そっちの方が断然幸せなのではないかと思ってしまいます。 そして、いつか死ぬと思うと、人生が虚無に思えます。なにをしても最後は死んでゼロになる。宇宙さえもいつかなくなると思うと怖くて叫んでしまいます。そう思うと本当に生きているのがしんどくて、いっそ今死んでしまった方が良いなどと意味のわからないことを考えてしまいます。 まとまりがなく、感情的な文章で本当に申し訳ございません。 私の意識は死んだらどうなるのでしょうか。そしてこの様々な恐怖はどうやったらなくなるのでしょうか。弱い私に、どうかご助言をよろしくお願い致します。

有り難し有り難し 14
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る