hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

生きる意味、死ぬのが怖い

回答数回答 6
有り難し有り難し 518

5月に父親を亡くしました。 

普通の生活に戻った今頃になって
自分が死んでしまう事に恐怖を感じるようになってきました。

結局死んでしまうのになぜ人は生まれ、生きなくてはならないんだろうと毎晩考え、いつか訪れる自分自身の死に対して怖くてたまらなくなります。

死にたいと言う訳ではなく死ぬ事が怖いです。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

怖がっていいんです

お父さまのこと、ご愁傷様です。普通の生活に戻って、とありましたが、春から夏、秋にかけて本当にお辛い日々だったことでしょう。

死ぬのが怖いのは命あるものなら当然の事です。るるさんのような思いは洋の東西を問わず、誰もが抱える恐怖ではないでしょうか。怖がっていいんです。
また、なぜ生まれ、なぜ生きていかねばならぬのか、これには完璧な答えなど無いと思います。るるさんもそう思われませんか?

ただ、るるさんの命はお父様、お母様からいただいた、お父様の命はおじい様、おばあ様からいただいた、おじい様の命は…このように私たちの命は確実につながっています。いただいて、いただかれているのです。

たとえば、ノーベル賞をとるような大天才も、両親や祖父母がいます。私はどうしようもないクソ坊主化もしれませんが、私の孫の孫の…孫の孫あたりがノーベル賞を取るとするならば、私は確実に無くてはならない存在だったということになります。血が繋がらなくとも、人と人は必ず影響し合っているのです。
生きている間に、生きる意味が見つかる方は幸せです。生きている間に見つからないと、生きる意味が無いと思われるかもしれませんが、1000年後に見つかるかもしれないし、10000年後に見つかるかもしれません。100万年後かもしれません。そのことを思えば、私たちが生きる意味は確実にあると私は思います。

生きることと死ぬことは繋がっています。別々の物では無いのです。ですから私たちは良く死ぬ為に、良く生きてまいりましょう。

{{count}}
有り難し
おきもち


住職のかたわら、大道芸人PRINCOちゃんとして幼稚園保育園など各種施設、...
このお坊さんを応援する

輪廻と言う言葉をご存じですか?

死ぬというのは肉体が滅びるだけで魂は残ります。
その魂はお釈迦様達が居る世界で次に訪れるであろう来世を待ちます。
その世界で前世を振り返り、良い行い、悪い行いを省みて
来世はもっと良い人生を送ろうと学びます。

そしてその魂は時期が来ると、自分で母親を選んでその胎内に宿り
新しい肉体を得てこの世に生まれてきます。
その時、神様はこの人生を選ぶとこんな人生になると
ハイライトで見せてくれるそうです。
そしてそれを承諾してこの世に生まれてきます。
そしてこの世であちらの世界で学んだことを実践します。
しかしこちらの世界に来た時は前世の行い、あちらの世界での学び
また神様が見せてくれたこの人生のハイライトを全て忘れてしまいます。
そしてこちらの人生を過ごします。

そしてこの人生でまた前世の反省点を生かし生活するのです。
その時、何か問題が起きた時、前世、そしてあの世での反省を生かすことが出来れば
その人生は良い人生になり、また良い来世に繋がっていきます。
そうやって前世、今世、来世を何回も経て、もうこの世に思い残すこと無く
輪廻してこの世に戻らなくても良いという境地に至ることを
「解脱」と言います。
今までどのくらいの人がこの境地にまで至ったか分かりませんが、
お釈迦様がその一人です。

るるさんもたぶん何回か前世を経験していることと思います。
そしてその前世の経験が今の人生になっていると思い生ます。
るるさんのおとうさんもあちらの世界で今までの人生を振り返り、
良いこともしたが、悪いところもあったと反省し
良き来世になるように修行をされていると思います。
るるさんも残りの人生、良き来世に繋がるように生きて下さい。
人生の最後に自分の人生を振り返り良い人生だった、
えんま様の所に行っても私は良い行いをしましたと言えるような
人生を送って頂きたいと思います。
そうすればもっと良い人生が来世に待っていると思います。

死ぬというのは肉体が滅びるだけで魂は残ります。
魂があちらの世界に帰るだけです。
るるさんもあちらの世界からこちらの世界にやってきているだけです。

{{count}}
有り難し
おきもち


50代、妻と娘2人。 若い頃はタイやインドなどアジアを中心に10年程旅行...
このお坊さんを応援する

ご安心を貴女は死なない(死を体験できない)

ヽ(^o^)丿
①ある男はこう言った。
「オレは死なないゼ。死んでも消せやしない。お前の中でずっと生きるサ。そういう生き方をしてきたつもりサ」なんて映画のフレーズみたく。
②ある男はこう歌う。
「♪DEATH IS NOT THE END♪」死は終わりじゃない。
人は死んでもその後も続いていくモノはあるサ。
③ある男とある男との問答
「オレは死にたくても死ねない。というか死を自分で体験できない。」
「何故だい」
「お前、昨日寝たことを覚えているかい?」
「ああ、まぁ何となくな」
「じゃあ、寝る瞬間一秒前の事、覚えているかい?」
「寝る直前までは分かるが、寝ちまうとわからない」
「だろう?自分で寝たことは分からないんだ。もし寝てるのが分かるというならそれは寝ていない。起きているんだ。」
「なるほど、つまり死ぬということは、自分では死ぬ直前までは意識はあるが、死んだ途端に怖さも、不安も感じることすらできないってコト」
「そういうコト。死は体験ができないから人は死ねないってワケ」
④ある男は最近寒くて参加者が少ない日曜坐禅会で上記の言葉に加えてこんなことも言っています。
「死をピリオド、終局、終焉だとアナタが誤解したるままだから悩んだり、思考停止状態になるのサ、ベイビー♡人はものの考え方で苦しむ。だから自分を苦しめてしまうものの考え方はゴミ箱へ移動するアップデートする必要がある。第一、雪は溶けて水になって終わりなのかいハニー?川へ注ぎ、海をめざし、雲となって雨にもなれば虹にもなるじゃないかベイビー?だからベイビー、死を終わりだと思っちゃダメさ♡」(イメージ:ちびまる子ちゃんのハナワ君)
◎終わりを持たない生き方がちゃんとあります。
⇔終わりを持った生き方というのは「常識」「一般的なものの考え方」という旧式のOSですから不安や恐れなど、様々な不具合が生じます。
①~④を熟読することで死に対する考え方が変わる、というアップデートができますよ。
ヽ(^o^)丿死ぬのが怖いという症状は、死に対する正しい認識が不足しているだけのコト。
死に対するちゃんとした見解を持てば、今の命をしっかり生きようとする気持ちが強くなり死は怖くなくなります。
死ぬのが怖い=恐怖は無知無明より生まれる。知ることで恐怖は無くなる。
アナタが怖がっていることを次回、具体的にしてみてください。

{{count}}
有り難し
おきもち


丹下 覚元(たんげ かくげん)
今月の法話 あけましておめでとうございます。 新しい年を迎えました...
このお坊さんを応援する

お父さまからの贈り物

るるさま
なごみ庵の浦上哲也と申します。
よろしくお願いします。

5月にお父さまを亡くされたとのこと。
まずはお悔やみを申し上げます。

半年が過ぎ、悲しみは癒えないながらも、元の生活に戻った今になり、死への恐怖が芽生えたのですね。
結局、必ず死がやってくるのに、なぜ生まれ、なぜ生きなくてはならないか。それを求めていくのが人生であり、仏教はそれをサポートしてくれるものだと思います。
以前に「人間は何のために生きるのか」という問いがありましたので、そちらもご覧下さい。
http://hasunoha.jp/questions/36

「死ぬことが怖い」という思いは、誰もが抱いているでしょう。
私も死ぬことが怖いです。
もっと言えば、自分という存在が消えてしまうことがたまらなく怖いです。けれど避けることが出来ません。
いつか死した時に、その恐怖は消え去るのでしょうね。

死を意識するのは、生を大切にすることに繋がると思います。
るるさんが抱いた恐怖感は、「人生を完全燃焼して生きる道を探してくれよ」というお父さまからの贈り物ではないでしょうか。
どうぞ大切になさって下さい。

{{count}}
有り難し
おきもち


浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

「死」と「生きる意味」

るる様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

この度は、お父様のご逝去に際して、「死」という現実をよりいっそう身近なものにお感じになられましての問いであるかと推察申し上げます。お父様のご冥福を心から祈念申し上げます。

「死」はいずれ例外なく誰にでも訪れるものですが、誰もが「死」に恐怖するものでございます・・もちろん、仏教的には、水上様の御回答にございます「輪廻」の本質をしっかりと理解することで、克服することができるのではないかとは存じております。

「生死」に関してですが、「死」は「終わり」ではありません。そして、「生」は「始まり」でもありません。「無始無終」なるものです。このことを弘法大師は、「生れ、生れ、生れ、生れて、生の始めに暗く、死に、死に、死に、死んで、死の終わりに冥し」と「秘蔵宝鑰」の中にて述べられています。

「無始無終」に関しては、例えば龍樹大師の「中論」における八不「不生不滅・不一不異・不常不断・不去不来」とも関連しますが、これらは「離戯論」と「空」ということを示唆するための重要な考え方であるものの、この理解は非常に難しくございます。

「不去不来」を説明する際の有名なフレーズ「去る者は去らない」的に申しますと、「死ぬ者は死なない」のであります。これは、丹下様の御回答の「あなたは死なない」ということでもあります。

また、「生きる意味」に関連するご質問は下記のように多くございます。
http://hasunoha.jp/questions?tag=生きる意味

この中で、問い「生きていく意味」 http://hasunoha.jp/questions/93 では、「もし、生きる意味があるならば、生きる意味がない」と、少しなぞなぞのような題にて回答をさせて頂きました。

ここで言えますのは、究極的真理レベルからは、生死に関しても「不生不死」で、「意味」についても「意味は無い」のですが、世俗的レベルにおいては確かに「生死は有り」・「意味は有る」のであります。

とにかく難しいです。それよりも何よりも、まあ、分からない、答えの出ないことはあまり考えないこと(離戯論)にして、「今」目の前にある現実、この現実を精一杯に、より善く生きなさいということが最も大切であるのではないかとは存じております。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち


だれもが同じ悩みを持っているのでは…。

こんにちは。
貴女のお悩み、よく分かります。
とても身近な存在の死に直面され、
すごくリアルに“死”について考えておいでなのだと思います。
釈尊もそのことについて悩まれたはずです。

結局、“死”の先のことが全く不明瞭であるが故に、
恐怖心が生まれるのだと思います。
私自身、この命が尽きたあと、
阿弥陀仏の慈悲心によって浄土に往生すると聞かせて頂いてるし、
有縁の方々にもそのようにお伝えしています。
でも…!です。
漠然とした不安がある。
それが貴女が抱えておられるテーマと同じことなのだと思います。

この苦悩は不治の病のようなものです。
不治の病ではありますが、上手く付き合う方法があります。
そのサプリメントが仏教です。

目に見えない現実的には分からない“死”…。
“死”には不安が付きまといます。
これは僧籍にある私とて同じことです。
私も自身の生命が尽きることを考えると、言いしれぬ不安がよぎります。
貴女が仰るように、
それは何故生まれてきたのか…という問いにも繋がります。

しかし、この“生”で持ち続けた苦悩は、
そのまま摂(おさ)め取られる世界(=浄土)が用意されている…、
と聞いた時、そのことには不安は和らぎます。
その和らぎを大切にする心を育んでみませんか?

{{count}}
有り難し
おきもち


モットー 「寺は心に溜まったゴミを捨てに来る所」。回答数は決して多くありま...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

お返事ありがとうございます。 どのお返事もとても温かくてそうなんだ・・・と落ち着ける言葉ばかりでした。 ありがとうございました。

「死ぬのが怖い・死恐怖症にお坊さん知恵袋」問答一覧

死ぬのが怖くなくなりたい

以前からお世話になっております。 死後のことや、仏様のことなど、さまざまなことを知識として取り入れさせて頂きました。少しだけ理解できた事もあります。本当にいつもありがとうございます。 それなのに、こんなに教えて頂いても、頭ではわかるけど怖い気持ちが消えないのです。本当にすみません。 転生してもしなくても、死後がどうなるとしても、自分が他のものに変容して、今の自分には戻れないと思うとどうしても恐ろしくなります。 世界が「有る」のも気持ち悪いです。いつか消えるのに、今だけは「有る」なんて理解できません。かといって、有る、無いも何もない、というのも実感としてわからないのです。 仏教が好きですし、仏様を信じさせて頂きたいという気持ちがあります。仏様が私の意志に関わらず救ってくださる、ということも頭では分かっています。 それなのに、どうしても怖いのです。 そして欲深くも、「今すぐに死の恐怖を消して、その先ずっと怖くない、絶対の安心を手にしたい」と思ってしまうのです。 その割に、「実感のない事」が信じられない自分も居ます。ですが、「救われた実感」なんてものは幻想で、そう思ってる時は救われているとは言えない、というお言葉も目にしました。 仏教の教えについても浅学で、失礼なことを言っていたら本当に申し訳ありません。 恐怖を消す方法なんて無いかも知れません。ですが、この恐怖を、もはやどうしたらいいのか自分ではわからなくなってしまいました。 今すぐ死ぬのが怖く無くなって、その先ずっと安心になるには、具体的に私は何をしたら良いのでしょうか。 毎日怖いです。なんでこんなふうに自分が存在して、存在することにも消滅することにも恐怖してしまうのでしょう。恐怖さえなくなってくれれば、と思わずにはいられません。 支離滅裂な文で本当に申し訳ございません。 お時間ある時で構いませんので、皆様のお考えをお聞かせ頂けますと幸いです。

有り難し有り難し 8
回答数回答 2

いつか必ず死ぬ恐怖を克服する話

小さい頃から、夜寝ている時にふと、自分という存在はいつか必ず死ぬんだと考え、それを想像したときに恐ろしくなって...というのを20年以上続けてきました その恐怖を克服するために自分なりに考え出した答えがあります 人間というのは、科学的に言えば素粒子の塊である、死ぬということは今まで塊になっていた粒たちがバラバラに解散することである、粒そのものが消失するわけではない、あくまで失うのは「人間」という形だけである 他の粒たちの助けを借りて実現できていた、見る力、聞く力、考える力、記憶などは全て失われる でも、この身体(脳)の中心にいる「自分」という個性を持った粒は失われない 火葬され、煙突から吹き上がり、風に乗り、また別の何かになる 何にしても、死ぬということは、人間という形を手放し、先に逝ってこの世界を舞っている皆のもとに合流することである... こういう風に考えると、死ぬということが絶対の孤独をもたらすものではなく、むしろ生き抜いて老いた後の孤独を解消するものであるとさえ思えてきました 自分なりに納得できる答えで気に入っているのですが、こんな話をする機会がありません(家族や友達といきなりこんな話をする気にはならない) お坊さんの方々はいつか必ず死ぬことについてどのように考えているのでしょうか 仏教の教義には色々な考え方があると思うのですが、それを絶対の教えとされているのでしょうか

有り難し有り難し 4
回答数回答 1

死にたくないのに死について考えてしまう

何故だか、死について考えてしまいます。 死を選んでしまいそうで、怖いのです。 私は心療内科に通っており、一人で遠出するのもかなり緊張してしまう状態です。症状が酷いときはお薬を飲んでしのいでいますが、『いい歳して、ろくに外も歩けないのか…』と思うと、苦しくなります。 苦しい気持ちはありますが、私自身、非常に恵まれた環境で生きていると思っています。一度メンタル面で体調を崩し退職したものの、現在はなんとか仕事に就けています。両親も健在。家庭環境や人間関係に困っていることもありません。傍から見れば、何一つ不自由のない生活だろうと考えています。 ですがある時、ふっと頭に『死にたい』という言葉が浮かびました。 自分でも非常に驚きました。年金もらうまで死ねない!なんて思っていたはずなのに。自殺についてなんて、少しも考えたことがなかったのに。 しかしよくよく考えてみれば、私には資格もなければ趣味もありません。なんの取り柄もない人間だと思います。心の奥底では、そんな自分に価値がないと思っている気がします。 決して死にたくはないのです。ですが気分が落ち込んで、今ではうっかり死を選んでしまいそうです。自分がコントロールできなくなるような気がして、恐ろしくて仕方がありません。 自分の中に生と死の2つの考えが頭から離れず、どうしてもソワソワしてしまいます。 私はおかしくなってしまうのでしょうか。どうしたらいいのか分かりません。 生きる知恵、良い考え方を教えて下さい。しっかり生きて、人生を楽しみたいです。 うまくまとめられず読みにくい文章になってしまいました、お許しください。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1

死の恐怖感に押しつぶされそう

高校生です 朝起きたりニュースなどで人が亡くなったということを見たときに、死に対する恐怖感や不安感に襲われます。 人が生きる年齢を100歳だとしたときに親はもう50歳で人生の半分が終わっていて、自分は今までの事を6回ほどしたら死んでしまうということを考えてしまい恐怖や不安に耐えれなくなります。 今の生活を失うのが怖く死後の世界があれば今までの生活をできるのか、また死後の世界でも寿命があるのかを考えてしまい何もできなくなってしまいます。 自分は今までコンビニのガムや親のお金を盗んだりしてしまっていて、自分が死んだときに親は迎えに来てくれるのかと考えてしまい、もしかしたら誰も迎えに来ずそのまま地獄に行ってしまうんじゃないかと怖くなります。 自分は学校も行かず外に出るのもいつの日からかストレスになってしまい、親が亡くなったあと一人で生きていけるのか考えて怖くなります。 死後の世界がなければどうなってしまうのか、死ぬときは痛いのかなど考えてしまい吐きそうになります。  自分は今の親と兄とペットがいる生活がとても嬉しいです、でも年齢を考えたら自分が最後まで残って一人ぼっちになるのが怖いです、死後の世界で同じ生活がしたいと考えたときに少し嫌な気持ちに近いような感情が出てきてしまい、自分は親の事や今の生活を本当は嬉しく思っていなんじゃないかと不安になってしまいました 自分が家族や今の生活のことをどう考えているのかわからなくなってしまいました。 死後の世界があるのかなど知りたいです。 うまく言葉にできているか分かりませんがアドバイスをいただければと思います。

有り難し有り難し 11
回答数回答 2

死が怖くてたまらないです

閲覧ありがとうございます 20代後半の子供2人の母です コロナが流行し、たくさんの方が感染し苦しい思いをし、亡くなられた方もいらっしゃいます それがニュースで毎日取り上げられ、予防を徹底する日々を送っています そんな中、突然死というものに強烈な恐怖を感じる様になりました 今までは特に死に対し、日常の中で考えることもありませんでした それが今、怖くて怖くてたまらないのです なんでもない、ふとした瞬間に恐怖を感じるのです 例えば、コロナに子供が感染したら、どうしたらいいのだろう 自分が感染したら、何週間も隔離ということになったら、万が一重症化したら1人で死んでいくのか 大切な人がいなくなってしまったら そんな風に考えて、近所のスーパーにも行きづらくなりました コロナだけでなく他の病気や怪我も怖いのです 上の子が幼稚園に通っているのですが、大怪我したらどうしよう、給食を喉に詰まらせたらどうしよう、犯罪者が突然幼稚園に侵入したらどうしよう スヤスヤ眠る子供を見ては、息が止まってしまってないかと夜何度も確認してしまいます こんな風に頭の中が不安でいっぱいで、心が壊れそうです 以前自分がどんな風に考えて、毎日を過ごしてきたのか思い出すことができません こんな風に不安になってしまった時、どうやって意識を他のことに向けたら良いのでしょうか 現在パニック障害の治療を受けています それとほぼ同時に死への恐怖を抱きました 医師には相談していますが、『大変だね、趣味を見付けたら』と言われました 24時間考えているわけではなく、掃除をしている時、お風呂に入っている時、ふと考えてしまうのです どうか助けてください

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る

仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

娑婆のニュース
仏教を知る ブッダの言葉
そらノート

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

縁切り供養寺大法寺