hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

震災を期に自分がおかしくなりました

回答数回答 9
有り難し有り難し 1075

今回地震のあった熊本に住んでいる者です。

自宅が倒壊したので避難所で暮らしていますが、同じ避難民の自分こそが被災者であり尽くされて当然という態度。あれが食べたいこれは嫌だこれが足りない次はいつ来るのかという声。物資が足りないと叫んでいるくせに腐らせて捨てる大量の食べ物の匂い。数が少なく配布はできないお菓子やお駄賃目当てで何かすることがないかと声をかける子どもの姿。
知らない人と同じ空間でずっと一緒にいるストレス。私自身ボランティアなどを何もしない代わりに配給も何も受け取らず日がな一日ぼうと過ごすこと。思い出したようにコンビニで買い物をしては吐くまで食べて仮設トイレへ駆け込み、すべてもどしてはまた食べ続けること。すべてが嫌で仕方がありません。
どこにも行けずこれから先どうすれば良いか、避難所が閉まる今週の土曜日からどこで暮らすのか、考えなければならないのに全く考えがまとまらず気がつけば一日が終わっています。耳鳴りや眩暈がひどいからと寝れもしないのに横になって、Twitterなどの心無い発言や、楽しそうなツイートを見る度に理由もわからず泣いています。
なぜ若者が動かないんだという視線を振り切って吐いては、ライフラインが何ひとつ復旧していないため善意の人たちがプールから手で汲み上げたバケツで吐瀉物を流すことも申し訳ない気持ちでいっぱいです。助けてください。どうすればよいのでしょうか。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 9件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

私も熊本で生きてます!「同事」を生きる!

私も同じ熊本県内です!現在いつ来るか分からない恐怖を家族、親戚と共に毎晩逃げる用意をして眠れぬ夜を過ごしています。
今までに味わった事の無い経験をされ、現在はどん底の世界であり人々の本心があらわに見たり感じたり先行きが分からぬ不安で心が押しつぶされそう!
こんな心で当たり前の見方が出来る訳ないのです。

そこには、今までに見た事のない貪(むさぼ)る心が見え隠れしている。
この心は人には生まれてきた時から備わっていますが日頃は満たされた生活を送っている為出さなくとも生きて行けるし余裕もあり現代では出る事はすくないのです。

しかしこの日本では終戦後はこんな物ではなく酷い世界が繰り広げられていたんです。しかし今の日本があるのはこの時代を逞しく乗り越えて来たからこそ現在の豊かな時代があるのです。

今はまた苦の世界へ逆戻りましたが又必ずこの熊本も元に戻るのです。
どんな事があっても決して挫けず、悲しまず無理やりでも強い心で立ち向かう!

未来を信じて歩きましょう!

私も今現在書き込みをしている中余震が3度ありました!
怖いですよ!でも何かをしなければもし今にも命が無く成るかも知れないと思うと何かをして何を残さなくてはと思います。

貴方は貴方で決して今の心を大切に自分を信じて正しいと思ったらやり抜いて下さい。
其々に辛さは違えどもこの世は「同事」を生きる者同志なのです。

また辛い時は書き込みして下さい!
私で出来る事があるかもしれません。

{{count}}
有り難し
おきもち

レレレ

れれれさま
はじめまして、なごみ庵の浦上哲也と申します。

熊本地震で被災され、現在避難所で生活されているのですね。大変な災難に遭われたこと、心よりお見舞を申し上げます。よくご無事でいらっしゃいましたね、ご家族や周囲の方はご無事でしょうか。

極限の状態の中、避難所で繰り広げられるむき出しの人間性を目の当たりにし、苦しんでいらっしゃるのですね。平和な日常から一転した生活で、本当に苦しいことと存じます。れれれさんは今、精一杯がんばっていらっしゃるのですね。

プライバシーの無い避難所では、疲れていてもなかなか眠れないことでしょう。それでTwitterなどを見てしまい、より苦しい気持ちになっていらっしゃるとのこと。そんな状態では激しいストレスがたまり、嘔吐してしまうのも無理のないことだと思います。

れれれさんの今の仕事は生きることです。もどかしいかもしれませんが、なんとか今を生き抜いて下さい。善意の人たちは、ご自身も被災者かもしれませんが、被災者を助けるために動いていらっしゃるのです。申し訳ない気持ちになるかもしれませんが、今は甘えましょう。

なぜ「れれれ」と名のられたのか分かりませんが、昔のマンガ「天才バカボン」には「レレレのおじさん」というキャラクターが登場します。ほうきを手に、いつも掃除ばかりしています。

実はこのレレレのおじさん、お釈迦さまの直弟子のチューラパンタカがモデルと言われています。チューラパンタカは極めて物覚えが悪かったのですが、お釈迦さまからほうきを渡され、ただ「ちりを払い、あかを除かん」とだけ唱えながら掃除をするように言われるのです。

彼は師の教え通り愚直に掃除をし続け、いつしか悟りを得ました。賢いわけでも優秀なわけでもない、人の役に立っているわけでもない。でも自分に出来る小さなことを積み重ねて、彼は悟りに至ったのです。

れれれさん、今は何も出来ないかも知れませんが、ほんの小さなことでもご自身に出来ることがあるかもしれません。もしそれが見つかった時には無理のない範囲で動いてみて下さいね。そのためにも今はお体を大切に。

◎お礼拝読
お返事が来て、ご無事が確認できてホッといたしました。ご家族は関東とのこと、またそこで耐えねばならない状況とのこと、いろいろな事情がおありなのだと拝察いたします。
今はただ、れれれさんの身をお念じ申し上げます。

{{count}}
有り難し
おきもち

浦上 哲也
横浜市神奈川区で、新しく小さなお寺を営んでいます。 仏教の教え・浄土真宗...
このお坊さんを応援する

どうですか、鹿児島に来ませんか

今日から4,5日、あるいは1週間でも、いまいる避難所を離れて、鹿児島や宮崎、福岡へ疎開しませんか。
お寺であなたの受け入れをいたします。今いる避難所から離れられない理由がなければ、ぜひ。

※あなたは今の環境でこころやからだの限界を迎えています。
 あなたに必要なのは、気持ちを切り替えるとか、我慢することではありません。
 いまの環境から、一時的に離れることが大切です。

{{count}}
有り難し
おきもち

北海道の内陸にある浄土真宗の寺院を預かっています。法名(仏弟子の名前)、釋...
このお坊さんを応援する

気持ちを心の内から、心の外に座らせてみよう。

投稿して下さってありがとう。ありがとう。
人間苦しい時って、どうしても気持ちが内側に向いてしまいますよね。
まず、一度、これをご覧いただく中でゆっくり、ながぁーく深い呼吸をしてみてください。
スー … ハー …
スー … ハー …
悩んだり自分を責めてしまう時って、呼吸もちゃんとできないくらいに緊張してしまうものですよね。
自分も昔そういうことがあって、胃を悪くしました。
れれれさん。
「今はわたしは川なんだ」と思ってみてください。
何もできずに申し訳ありませんでした。
「ながれている川なんだ」と思ってみてください。
もうちょっと、もうちょっと、この濁流を超えれば必ず、流れていくんだ、と思ってみてください。
熊本を流れる白川も緑川も加瀬川も秋津川も御船川も、必ずいつか。必ず!海に辿り着いたり、雲になったり雨へと変わるんです。
変わって「ゆく」んです。
変わって「いる」んです。
さっきまでは、もっと悲しかった、もっとつらかった。
同じ様に思えるけど、それでも、変わっているんです。
息だって、吸ってます。はいています。
今 めのまえ を みてください。
あたりを見回してみてください。
ちょっとでも、悲しみ苦しみが3グラムでも軽くなっているかもしれない。
お日様が、暗い気持ちを少しでも暖かくしてくれるかもしれない。
人の声が、少しでも、れれれさんの孤独を埋めてくれているかもしれない。
みんなも同じ状況だから、すこしでも、同じ苦しい状況の中、自分を支えてくれているのかもしれない。
今日も、どこかの誰かが、なにしていいかわからないけど、何かに使って役立ててほしいと、何かが届くかもしれない。
それに触った時、そのものが冷たくても、それは人の温かさが染みているものかもしれない。
すぐには、すぐには、直らないかもしれない。
でも、川がちょっとずつでも、前に進んでいるように、心だけはどうか、停滞させないで。
止まらないで。
苦しい時悲しい時に、心を少しでも1ミリでも前に進めるように、もう一度、息を吹き返してみてください。
苦しい。だけど、心の内側に座らずに、目の前のことに、自分を座らせてみてください。
そこをじーっと見ていてください。
心の内側で座っているよりは、少し楽になれると思います。
ぜひ。また、お話ししましょうね。待ってます。

{{count}}
有り難し
おきもち

自身を見失なわないで。

れれれさん、地震災害、お見舞申し上げます。

私もできるだけの募金協力をし、今回私は現地には行けませんが仲間が明後日からボランティアに物資を持って向かいます。

災害の酷さに辛さが込み上げてくることでしょう。震災にあわなかった日本の他の場所を見ると、まったく違う幸せの生活を見て悲しむのも当然です。でも多くの人々が地震のために何かしなければと思っている人々もたくさんいます。そちらの方を見るようにしましょう。

人生は何があるかわかりません。昨日まで幸せだから明日も幸せとは限りません。だから毎日真剣に心を磨き生きないと大きな変化に対応できなくなります。大きな危機にその人の性格が現れます。災害の被害はそのものよりもその後の混乱だともいいます。いろいろ人間の嫌な部分を見ることでしょう。でもれれれさんは自分を見失わず、自身の正しい生き方を崩さず、まずはこの危機を乗り越える努力をしてください。もしストレスがたまり、どうしてもダメであれば、一旦被害地を離れましょう。そして心を休めて戻ればいいのです。もし他所にご縁がなければ私のお寺に来てください。寝床の場所ぐらいは提供できます。

もう少しすれば、復旧作業が本格的になり、行政援助サポートも始まります。これからの生活はその時に考えることになります。

大変ですが、今はがんばれ!災害に負けるな、と、厳しい声で応援します。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...
このお坊さんを応援する

できる事から始めましょう

大変な災害です。まだ地震が続いていますし気持ちが落ち着く間もありませんね。
精神的にもダメージが大きいと思います。
周りの目も気になるとは思いますが、落ち着いて次の避難場所を探しましょう。
職員などに聞いてください。

ボランティアなどは、もう少し気持ちが落ち着いたら、無理なくできる範囲で行いましょう。
助け合う事は大切です。
あなたにもできる事があるはずです。

ご両親や親戚は居ませんか?
居れば避難させてもらいましょう。
できる事から少しずつ始めてみましょう。
地震に負けないでください。

{{count}}
有り難し
おきもち

私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...
このお坊さんを応援する

自分を責めないでください

れれれさん、はじめまして。

熊本の被災地にいらっしゃるのですね。余震が収まる兆しもなく、1時間おきに震度3以上の揺れが観測されているようです。お見舞い申し上げます。

さて、れれれさんはむき出しになった人間の欲に心を痛めておられるようです。
「被災者は尽くされて当然」「物資が足りないという一方で食べ物を腐らせてしまう」など、目の前で起こっていることをれれれさんが受け止めきれないでいるのでしょう。

それ故に、吐くまで食べてしまうのですね。
れれれさんは自分を責めることはありません。何もできない、避難所が閉鎖されたあとどうしたらよいのか分からない。これは、当たり前のことなのです。

誰かを頼ってください。
みな被災者だけれど、みな誰かを助けたいと思っています。ヘルプのサインを出すことは、何も悪いことではないのです。

{{count}}
有り難し
おきもち

徳島県の高野山真言宗寺院で住職をしています。 本山布教師心得として自坊の...
このお坊さんを応援する

できましたらにて・・

れれれ様

どうか、心身ともに、まだ、hasunohaへとご質問ができます余裕がございましたら、何でも構いません。本問の続きでも構いません。どうぞご質問をなされて下さい。

今の貴女様の心情、ご家族様の心情、避難所の皆様の心情、また、苦しみ、悩み、私たちは、その場で、聞いてあげれることはできなくても、150名を超える回答僧侶が、このhasunohaを通じて、その皆様のお心、苦しみ、悩みに寄り添えることができます。

是非、hasunohaをもっと貴女様を主として頂きまして、利用して下さいませ。

今の貴女様が皆様のために何かできることがあれば、このhasunohaをどうか有効に利用して下さい。

日本中にもっと皆様の現実のことをお伝えできるかもしれません。

この度のことでの課題や反省を次へと活かせることになるかもしれません。

もしか致しますと、例えお一人だけでも、貴女様を通じて、どなたかの心の安心や癒し、救いになるかもしれません。

読まれておられる皆様に、それぞれが何かできることでの支援を訴えることができるかもしれません。

hasunohaを通じて、私たちも苦しみのただなかにある皆様に何か寄り添えることができればと思っております。

どうかhasunohaを頼りになされて下さい。

私もできることでのできるだけの支援に努めさせて頂きたいと思っています。このhasunohaでも。

日本中に、何かこのhasunohaを通じても、温かい支援の輪を広げられることになればと存じます。

どうか宜しくお願い申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

Eishun Kawaguchi
最新の仏教論考はこちらでご覧頂くことができますが、公開、非公開は随時に判断...
このお坊さんを応援する

かける言葉も何ができるかも見当たりません。

れれれ さま

お辛い状況、hasunohaを通して拝見することができました。ありがとうございます。

震災を機に、理不尽な状況を強いられてしまっているのですね、かける言葉も見当たりません。
今、全国の関心は熊本に集まっています。みんなどうしていいかわからない、何かしたいと思っている人がたくさんいます。
しかしながら、被災状況の深刻さゆえに、物資やインフラの復旧等、思いはあれども届かない、先に進まない状況です。

お寺や僧侶、各宗派、教団のネットワークも全力を挙げて熊本の被災地に思いやモノ、ボランティアを届けるステップを踏んでいるところです。お互いに理不尽な苦しさに苛まれています。

恐らく、この苦しみはれれれさまはじめ、そこに置かれた人にしか理解できないレベルのことだと思います。遠くから、助けたい、力になりたいと思ってもまだ為す術が得られませんが、皆がそれぞれの場所でベストを尽くしている最中だと思います。その思いが届くまで、どうか諦めないでください。孤独だと思ったら些細なことでも、hasunohaに相談してみてください。一人ではないことを確認してください。

本当に、今の今、辛い状況に置かれていることに気持ちを寄せることしかできませんが、れれれさまに送れる、私なりの唯一の手段として、お声がけさせていただきました。1秒でも早く、現状より環境が改善されるようにお祈りしております。合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

こんにちは。 埼玉県秩父市のお寺で住職をさせて頂いております、野村圭秀と...
このお坊さんを応援する

質問者からのお礼

たくさんの回答ありがとうございます。
ひとつひとつ大切に読んでいます。皆さま私の家族までご心配くださりとても恐縮ですが、家族は関東で暮らしているようですので心配いらないと思います。
私もどこかへ行けたら良いのですが、そうはいきませんのでここでもうしばらく耐えようと思います。

「自分とは・自分を何とかしたい」問答一覧

自分は浮気性なのでしょうか

最近頭から離れないことがあり、ご相談させていただきます。 私には6年お付き合いをしている彼氏がいます。相手からも大切にしてもらっていると感じるし、本当に大好きで結婚したい相手です。誰に何と言われようと浮気や彼氏を裏切ることはしたくないと思っています。 今まで自分は浮気をしたことがないと信じて疑ってきませんでした。 しかし、最近そんなことなかったのかもしれないと悩むようになりました。 きっかけは職場の人たちに、「長く付き合ってきて一回も浮気してないの?結婚してないんだから遊ばないと」と言われたことです。 浮気って結構よくあることなのかなとそこから浮気について考えるようになり、よくわからなくなってきました。 もちろん体の関係は彼氏以外と持ったことないし、自分から他の人に好きだと伝えたことも今の彼氏と並行してお付き合いしたこともないです。 ただ、過去の飲みの席で男の先輩にベタベタしてしまっていたな、とか仲良くしてくれて頼りになる先輩のことを好意的に思っていたのも恋愛的に好きだったと言えるのかも、とか自信がなくなってきました。 また、しつこく言い寄られた際に流されそうになったこともありました。 理性が働き、断り続けて耐えたことでなんの関係にもなりませんでしたが、あれは時間の問題だったかもしれないと思い始めました。実際に少し気になっていた相手でもあったのか、これ以上一緒にいたら好きになってしまうかもしれないと思ったこともあります。 行動に移してはいないけど、心は浮ついていたことが多々あったように思えて仕方ないのです。 そう思い始めると、今後自分は絶対に浮気しないと言い切る自信もなくなってきて、私はすごく不誠実にお付き合いをしているのではないかと彼氏に申し訳なくなります。 飲みの席にはなるべく行かないようにしたり、下手に異性と仲良くなるのも避けたりしていますが自分が信用できません。 私は自分に厳しいだけ? それとも本当に浮気性でどうしようもないのか… 私はおかしいのでしょうか。 自己嫌悪で冷静に考えることができなくなってきました。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

なにが正しいのか、なにをするべきか

 全て無意味に思えてしまいます。哲学的で少し長い話になると思いますが、よろしければ聞いていだたき説法して頂けると幸いです。 自分の生き方の指針が見えません。自分には夢も目標もありません。ただあるのはある経験から得た自分のやるべきことをやるべきだという学びだけです。しかし、私のやるべきこととはなにでしょうか。  「善いことをしよう」と考えたこともあります。しかし、「善いこと」とはなんでしょうか。少し話がそれますが、ボランティアもしたことがあります。しかし、「これは自分が善いことをしたと思い、楽になるための自己満足」だと思いました。要は自分のためなのです。自分は浅はかだと思います。本気で誰かを救うため、例えば国境なき医師団のような紛争地で医療を行うような、勇気も能力も適正もありません。自分のような臆病で繊細で自己も確立できていないような人間が命が関わるのは誰にとっても良い結果はでないと思います。ネガティブで拗ねた考えで自分を卑下しているのではなく、実際に向いている人間にお願いするのが救われる人にとっても良いことだと思います。完全にひねくれた考えがないと言えば嘘になります。しかし、私にとって身の丈にあった「善いこと」とは何でしょうか。 そもそも、世界的に見れば資源は有限で幸せになれる人は限られています。世界がどう転ぼうが不幸せな人がでます。これは大学で経済や経営の勉強をして自分なりに本を読み、世界がそのような構造になってしまっていると考えました。  すると、私は日本に生まれ、両親がおり、世帯収入があり、大学にいけるという世界で幸せになれる席に座っており、その席に座れなかった人からみると加害者とみることができます。すると加害者である私は「善いこと」をしたいという浅はかな自己満足に縋りたいだけの存在であり、私の存在を肯定するには運と弱肉強食の理論でないと辻褄が合わないように思います。しかし、その様な考えはまりにも救いがありません。しかし、このような哲学的な考えが頭をめぐり、何が正しく何を信じればよいか分かりません。正義も悪も人が勝手につくったものであり、全て無意味の様に思います。 私はなにを指針に、なにをすればいいのでしょうか。  

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

自分のことで精一杯で人の心が想像できない

(真剣な内容ですが、性的な内容が含まれます) こちらで何度か相談させていただいた方と、先日無事に挙式できました。その後、新婚初夜ということになったのですが、そのことで妻を呆れさせてしまいました。 先に申し上げておくと、私はこれまでそのような経験がなく、当日いきなりそこまで行く可能性もそこまで高くないと考えておりました。妻の誘いで始まり、結局は失敗に終わってしまったわけですが、妻の怒りはそこではありません。 その最中に「ちょっと痛いかな」と言われたので、自分なりに必死に考えて動きを緩慢にしたり方向を変えてみたりしていたのですが、妻曰く「痛いと言ったのに止めてくれなかったのがショックだった。それくらいわかってほしかった」とのことでした。 また、翌日以降にも体調のことや痛みのことを聞かなかったことで、「挙式直後じゃなければ人間性を疑って荷物をまとめて出ていくくらい。失敗したことに怒ってるんじゃなくて、あまりにもわかってなさすぎなのが信じられない。とりあえず勉強して、反省して。30代半ばの女が診断書持って離婚なんて恥ずかしいからしないけど、20代だったらそうしてたよ」と言われました。妻はその後実際に少し体調を崩しています。 以前の質問にも関連するのですが、このように自分なりに考えたことが裏目に出てしまい、他人からすれば「結局自分のことしか考えていない」と思われる(実際にそうなのだと思います)ことが本当に多いです。 後から考えると「確かにそのとおりだ、なぜあのときああしなかったのか」と強く悔やむのですが、そのときには頭が真っ白になったり、一瞬とはいえ極端に楽観的になったり、他者からすれば非常に自分本位な行動を取ったり…もうすぐ30代だというのに、自分があまりにも子供っぽくて情けなく、妻にも申し訳ない気持ちでいっぱいです。妻は態度こそ温和ですが、実は非常に短気なところがあり、上記のような発言もときどき出ます。いつか愛想を尽かされるのではと怖くて仕方ありません。 妻を怒らせるとき、私にも言い分が無いわけではないのですが、妻からすれば言い訳以外の何物でもなく、弁明も聞きたくないと言われます。根本的には相手の気持ちを汲み切れないところにあるのですが、どうすればそこに気づくことができるのでしょうか。

有り難し有り難し 2
回答数回答 1

自分をコントロールできなくなり、不安です

タイトルが20文字までなので変な感じになりました。 私は数年前からリセット癖が起きています。深夜に唐突にデータを削除したくなり、キーボードの変換からアカウント削除まで本来必要なアプリも消したくなります。 スマホだけならまだいいですが、ミニマリストを目指しているわけじゃないのに連日物を捨ててしまいます。診察券やパスポート、卒業アルバム、ゲーム機…後で後悔する(面倒くさくなる)と分かりきっているはずなのに捨てたくなります。実際パスポート以外は捨て方を調べてから捨てました。結果、診察券(再発行)で後悔しました。 前は期限を決めてそれまでリセット関係の行動を起こさないと自分の中でルールを決めたりしましたが、それも失敗してしまい最近は自分ではどうにもできないんじゃないかと思いつつあります…。 原因に心当たりはあります。 元々几帳面な性格で物が散らかってきたなと思ったらまとめて片付けたり、決めた場所に戻したりしていました。 しかし、それに加えて(最近気づいたのですが)大きな事件・事故が身近に起きると無意識にセルフ終活を始めてしまうんです…。 最近、スクランブル交差点で事故がありましたが、その日私は渋谷で遊んでいました。そしてニュースを見て「あの時長めに寄り道しなかったら遭遇して死んでいたかもしれない…」と思い、3日後には部屋がスッキリしました。 他にもコロナにかかった時や地震があった日など、身の危険を感じたり「いつ死んでもおかしくない」と思ったら即セルフ終活を起こしてしまいます。 あとこれは考えすぎですが、セルフ終活中は「早く捨てないと…(あまり物は無いけど)こんな部屋の状態で遺品整理されて中身を見られたら恥ずかしい!」と思っています…。 そして決まって片付いたりリセットした後後悔するんです…。 (自業自得なのですが)これらのせいで思い出の品と呼べる物はほぼ無く、正直同級生の名前や顔も思い出せない状態になっています。 この悪癖どころではない行動を直すことはできるのでしょうか?

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

母性に飢えた私は胎児に戻りたい

お世話になります。 結婚相談所にて婚活中ですが難航しており、ご助言いただきたく失礼します。 元々自分に自信はなく、容姿身長収入等でいわゆる低スペックだと自認しています。それらに加えて相談所のカウンセラーはじめ、周囲から「考えすぎ」「繊細」と評されることが多いです。 先日、素敵な女性とお見合いすることが出来ました。 知性と包容力があり、気遣いも見せてくださり、人として信頼できると感じられる方でした。 翌日、お相手から今後の希望が届いたのですが、結果はあいにく「お断り」でした。 後日相談所に理由を問い合わせたところ、 「受け身に感じられた」 「話を広げようと質問したことに対して、自分のことを話したくない雰囲気を感じた」 といったものでした。 ご縁がなかった事実は仕方ないとして、いま改善できることを探している最中です。 相談所のカウンセラーから「次回以降、話し方に気を付ければいい」というアドバイスはあったのですが、それは表面的な対処に過ぎず、根本的な「自信の獲得」にはならないと感じました。 そこで考えを巡らせたのですが、私が内面に抱えているものが良くないはらたきをしているのでは、と疑っています。 先のお見合いと前後して強いストレスを感じる時期があり、その間、私は「胎児に戻る」妄想を繰り返していました。 守られたい。 一方的に与えられたい。 責任を負いたくない。 ひたすら安心させてほしい。 甘えたい。 甘やかされたまま溺死したい。 生まれる前こそ極楽だとすら思えるのに、なぜ生きて社会で生活することはこんなにも…… 例のお見合いの影響で気付かされた面もありますが、どうやら私は母性に飢えているようです。 女性からは、寛容で穏やか、生活力と協調性、共感性を持つ男だと認められたいと思い描いてはいるのですが、お断りの一件は、私の心の底にうずく幼児退行ならぬ胎児退行願望を見透かされた結果ではないか、そのように考えてしまいます。 巷のコラム等で見聞きする限りでは、私のように甘えの欲求をうまく消化できない成人男性は案外多いのでは?とも思うのですが、何か救済手段はあるのでしょうか。 また、お釈迦様が語ったこととして、母胎回帰の幻想といいますか、そういった内容のお話しはあるのでしょうか。 お知恵を拝借できれば幸いです。 宜しくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1

人への意見や気持ちの伝え方、黒い感情

私は機能不全家庭で育ちました 物心ついた時には父から虐待を受けていて 父は賃貸の家の壁に殴って穴を開けたり 私が自分の気持ちを言ったり 父に蹴られてにらむと なんだその目はともっとやられました 母は私のアザを見て離婚を決めました 私は性同一性障害の傾向があり 体は男ですが女の意識が強く 顔立ちも女っぽかったので学校でもいじめられており 友達はほとんどいませんでした 離婚後転校してからもいじめられました 母はすぐ再婚しました しかし再婚相手が働かなくなり その人も気に入らないと家を破壊する人でした 私は再婚なんてしてほしくなかったし 母と二人でいれれば貧しくても幸せだったんです でも妹が生まれ母は私に当たったり 少しの事で怒る事が増え 私もいじめられていましたが 恥ずかしいし母が心配したり悲しむと思うと言えませんでした その頃から毎日悪夢や霊を見るようになり 夜中に何度も起きたり眠れなくなったため 朝も起きれず学校もいじめがあるから行きたくなく 母と毎朝喧嘩するようになりました 母は再婚相手に何も言えず 私が言おうか?と言っても お願いやめてという人でとにかく事なかれで生きていました 私もそんな母の背中を見たり 意見を言うとキレる父 学校でいじめられて反論すると 大勢で一斉に言い返されたので どこか諦めの気持ちが出てきて 嫌な時ほど笑ったり明るく振舞ったり 相手に意見を言えない人間になりました 関係を持ちたくない人に迫られた時も 自分の気持ちを言うのは悪い事だという意識や 父の暴力のフラッシュバック 相手を傷付けるのではないかという気持ちがあり 自分さえ我慢すればと受け入れてしまった事も多々あります でもそれで今いらない病気をもらってしまったりして 本当に苦しいです でも私の内面が綺麗なのかと言えばそんな事はなく 怒りや黒い感情が渦巻いていて 他者に対して憎しみや殺してやりたいというような気持ちさえあります ただ言えないだけ なので他者に対して言いたい事を言って それで反感を買っても自分を通している人達がすごく輝いて見えるのです そして貝のように自分の気持ちを殺して押し黙ってしまった私より そういう人の方が人生をエンジョイしていて 素の自分で接してもついてきてくれる仲間も多いように感じます どうしたら素直に自分を出せるのでしょうか?

有り難し有り難し 5
回答数回答 1

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ