hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

これから自殺するつもりの者です

回答数回答 6
有り難し有り難し 321

自殺した後の死後の世界のことが気になっています。また、お釈迦様は死んだ者の死に方、死にぎわを問わないとは本当でしょうか?仏教の法典?について色々と調べてみて、お釈迦様が自殺したら地獄に落ちると言っていないことや、自殺を否定していないこと、それら全ては人間の善悪の価値感であることがわかったのですが、サイトや書籍によって若干のバラツキがあったので本職であるお坊様にお聞きしました。じゃないと何か未練のようなものが残りそうで…

また、人間は死んだらどうしても輪廻転生をしなければならないのでしょうか?私は今まで生きてきて、もう生まれ変わるのはこりごりだ、無になるか世界をただ傍観するだけの存在になりたいと思いました。そういうものになる方法はあるのでしょうか?

あとこれは個人的なことなのですが、人間は肉体を離れて霊や魂だけになったら性別や年を超えて姿を変えられるのでしょうか?

以上、よろしくお願いします。


この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 6件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

苦しみから逃げれば追いかけられる。

あなたは間違いなく輪廻転生します。
どこにいくかは、三途の川を渡って閻魔様次第。
私にはわかりません。
それはなぜか、あなたは、回りの人や社会から逃げているようで、
実際には、自分自身から逃げているからです。
自死をすれば地獄堕ちの業、そんな脅かすことはいいませんよ。
人生に悩み苦しんで、そういう気持ちになったんだろうから、
あなたにはあなたのご事情があるでしょう。
しかし、宗派を離れて私の勝手な説ですが、
この娑婆世界に降りてくるには、何らなの理由があると思うんです。
カッコつけて言うと、「使命」または、「課題」ですよね。
それを勝手に途中下車したからとって、
仏さまは憐れんでくださることでしょうが、
リセットはかからないと思います。
あなた自身のために、それはそくないからです。
また同じような環境でやり直し、
そんなことを繰り返えすのだったら、
今回しっかりで、生き抜くことでクリアーしなさい。

生き抜くことが唯一のクリアーする手段なのです。

私は、そう思っていますよ。
私は浄土教の信者ですから、寿命が来て亡くなったら、
極楽浄土に連れて行っていただけることになっています。
いわば、パスポートと予約チケットをすでにいただいているので、
安心だし、幸せなんです。
ただ、私は愚かで、もちろん悟りなんか拓けていませんからね、
極楽浄土で、阿弥陀様はじめ諸仏の教えを受けて、
何千年かかるかわかりませんが、学んでいきますよ。
そして、お浄土という最良の環境で悟りを拓くんです。

また、あなたが自死したら、悲しむ人が大勢いますよ。
私は、20年前に友人を自死で亡くしています。
その辛さ、悲しさといったら今でも鮮明に蘇ります。
あなたの命はあなただけのものではない。
ご家族はじめ、回りの人に育まれている命なんです。
決して自死してはいけない。
学生なら、学校をやめてもいい、社会人なら会社を辞めてもいい、
家で引きこもっていいから、だけど、絶対に自死はしないでください。
お願いします。

解決策を一緒に見つけ出してみませんか?
いつでも遠慮なくご相談くださいね。
あなたのこれからの人生と幸せを祈っています。
南無阿弥陀仏

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄光寺の花山雲吉です。 くよくよと考えてもしかたがありません。明るく前向...

旅行しましょう

ひとトコロにいませんか?
世界が狭くなってしまっているからそこから抜け出したい心理が働いているのだと思います。
死ぬ・自殺するということは、何よりも大きな力を必要とすることです。
それができる程の力が沸いているということは、他のことをなんでもできるということです。
死ぬ前に旅行しましょう。
世界観がきっと変わるはずです。
自分のルールを世界にぶつけていませんか。
それが思い通りに無くて悔しくなかったですか。
そういう心をもっと大きくしてくれるのが、自分を大きな世界に導くこと。旅です。
まずは、その小さな池から外へ出ましょう。
うちのお寺に遊びに来てくれても構いません。
まずネガティブ思考の無限ループという輪廻をこそ抜け出してみませんか。
ゲタツ。
解脱。
解脱へのヒントを残しておきます。
「人はいつでも解脱している」
「人は死ぬことができない」
「あなたが死ぬことで地獄がうまれる」
「死ぬほどの苦しみを感覚として得たものは大きな力を持つ」
「あなたが怯えているのは自分自身」
興味があったら電話ください。
死にたいという時は冷静な思考ができていないだけです。
お話、聞かせてください。
どうせ死ぬのなら、それからでも遅くはないですよ。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 質問 📞08020659278 どなたでも。

覚っていなければ輪廻します

あなたが自殺しても、覚っていなければ輪廻します。また苦しみの境涯に生まれ変わる。これが仏教の考え方です。

だから、いま自殺なさっていも今よりよい境涯に生まれるとは限りませんから、また苦しみを受けることになります。だから今が辛いからといって死ぬのは必ずしも良い選択にはなりません。それよりは生きて覚りに近づいてから、あるいは覚りを得られるという覚信を得てから命をおえることです。

ある程度以上のところまで調べておられるのだから、覚りはすぐには得られなくても、その入り口には入れることをご存知でしょう。指導者を得られれば容易にと言っては言い過ぎかもしれませんが、入れるものだということです。入口の段階を預流といいますね。せめてそこの達してから死んでください。そこまで達していないとまた同じ苦しみを次の境涯で受けるかもしれない。ご承知の通りにです。青森だったら、先代に青森出身の天野和公さんがおいでです。その人に会ってもらってください。

上記のことも重要ですが、それよりなにより、生きてください。生きていないと、生きていてよかったと思う瞬間も訪れません。私はあなたに生きていてほしい、お願いですから生きていてください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私はお坊さんといっても、ひと様に何か答えらしいものを提示できるような立派な...

死ぬことよりも治すことを

風邪をひいたら熱が出ますよね。
怪我をしたら痛みを感じますよね。
同じように、うつ病になれば死にたいと思うようになります。
つまり、今の死にたいと思う事は心の病から起こる症状ではないでしょうか?
そうすると、やるべきことは、死ぬことではなく、心の病を治すことではありませんか?
その手始めとして、ハスノハになぜ死にたいのか書いてください。
心の内を吐き出してください。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


私は浄土宗の坊さんです。 少しでも何か参考になればと思って回答しています...

念仏すれば極楽へ。「うつ」は医療機関に相談を

浄土宗では、南無阿弥陀仏と念仏をとなえて極楽浄土に往生したいと願うなら、臨終時に阿弥陀仏が迎えに来てくれ、極楽浄土に往生できると言われています。
極楽浄土に生まれかわるのも輪廻のうちですが、極楽浄土は最高の環境なのでそこで修行すれば、本当に輪廻から解脱できる(悟れる)と言われています。
だから、南無阿弥陀仏と念仏して、自分の人生はハッピーエンド確定の合格人生だと安心してください。
仏教の慈悲はあなたを見捨てません。
あなたが救われるべき存在であることを、日本中のお坊さんが認めてくれるはずです。
阿弥陀仏が実在するかはわからないかもしれません。
しかし、阿弥陀仏を信じている人々は実在します。
私達は、あなたが救われることを願っています。自殺はして欲しくはありませんが、たとえ自殺しても、仏様の慈悲は、あなたが救われたらいいなと願って入るのです。

なお、自殺者の心理を分析してみると、9割は「うつ」だという学者もいます。
あなたの自殺願望も「うつ」の症状かもしれません。
だとしたら、「うつ」を治療すれば自殺したくなくなる可能性があります。
自殺願望が何日も続く場合は、医療機関に相談してみてください。
治療して、脳・神経が元気になれば、平気で生きていられる可能性があります。

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

仏教で死後のことが語られるのは何のためであるのか

本気で悩んでいて毎日がつらい様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

誠に自殺をお考えになられておられる切実なお悩み・・

仏教で死後のことが語られることがあれば、それはいったい何のためであるのか・・

それは、いずれにせよ、仏教の基本となる、悪いことをなさずに、善い行いに努め励みて、心を浄らかにするためであると考えております。

七仏通誡偈「諸悪莫作 衆善奉行 自浄其意 是諸仏教」でございます。

しっかりと仏法を修習し、悟りへと向かう資糧(智慧と福徳)を確実に積めるように、今生においても、できる限り怠ることなく努めて参りたいものでございます。

どうしても死後のことについて、もっとお知りになりたいと思われるのでしたら、下記を是非お読みになられて下さいませ。

「チベットの生と死の書」講談社/ソギャル・リンポチェ著/訳・大迫正弘氏・三浦順子氏

既に絶版のため、古書しかございませんが、お勧め申し上げたいと存じます。

Amazon購入先 https://www.amazon.co.jp/dp/4062813912 

もし、お読みになられて分からないことがございましたら、どんどん遠慮なくに、hasunohaへとまたご質問下さいませ。できる限りお答えさせて頂きます。お待ち申し上げます。

川口英俊 合掌

{{count}}
有り難し
おきもち

おきもちが累計1300件を超えました


川口 英俊
チベット仏教 ツォンカパ大師中観思想・後期二諦説の研究

「自殺・自死」問答一覧

子供を残して自殺することについて

もうすぐ2歳になる男の子と主人の3人暮らしです。夫婦仲は良く、子供のことは誰よりも大切で愛しています。経済的な不安等、特段思い詰めるような原因はありません。普通の幸せな家族です。 その状況で私は死にたいという思いが強くなる一方で、これが鬱病なのか気質なのか、そのどちらであっても私の死にたいという気持ちを消してくれる可能性があるなら教えて頂きたく存じます。私はその気持ちを消したいのです。 私は物心ついた頃から死にたい・消えたいという願望が常に頭の片隅に張り付いています。楽しい時や悲しい時など、その時の状況・感情に応じて出るものではなく、常にです。死にたいというより、最初から自分の存在をなかったものにしたい。それと同時にこの世の全てが自分の夢の中なのではないかと思います。 私は人に全て話せるような普通の家庭環境ではありませんでした。それでも誰よりも辛く苦しい悲惨なものでもきっとありません。ただ、子供がしなくても良い経験を色々としてしまったのだと思います。 それが恐らく私の感覚を普通とは変えてしまった要因の一つだと感じています。恐らく普通の人より常に悲しく存在意義がなく、生きてる実感が鈍いです。みんなが抱えるような悩み云々ではなく、悩みなどなくてもひたすら暗いのです。 家庭環境に恵まれなかったので、私はサザエさんのような幸せな家庭に強い憧れがあり、それを今手に入れることが叶っています。それでも私の気持ちは明るくならず辛く重い一方で、もう限界なのかなと思っています。 今まで必死に前向きに、この暗い気持ちを消したくて頑張ってきたつもりですが、はたから見たら実に幸せな家庭を手に入れましたが、それでも私の気持ちは変わらないのです。もう頑張れる目標・気力が見つからないのです。 今、子供を残して死ぬのか、子供と一緒に死ぬのか、その選択で迷っています。 親を失う子供の気持ちは痛いほどわかっています。だから一緒に連れて行きたい。でもこの子の人生を私が奪ってしまっていいわけがない。それでも私は死にたい。その繰り返しで後は勢いで判断するしかないのかなという状況です。 死ぬのはいけない、というのはわかっています。死に方に悩むなら生き方に悩めと自分でもわかっています。だから、そもそものこの死にたい気持ちを消したいんです。 助けて下さい。お願いします。

有り難し有り難し 163
回答数回答 5

自殺はなぜダメなんですか?

私はとある私立大学の学生で、現在はオンラインと対面の両方で講義を受けています。 対面の時は、学校に行くのですが、その大学内でキモい、目が死んでる、まじで、学校来んなと言われています。 さらに、アルバイト先でも、必死で笑顔を作って接客しても目が怖いといわれ、さらに声も気持ち悪いから、早くやめてくれとも言われます。 勿論この事は、誰にも相談できませんし、この顔なり、と声から、彼女も出来たことがありません。 高校生から、今に至るまで、全く色のない生活を送ってきてもう、自殺しようかと考えている所です。 そんなかんじですが、なんとか思い踏みとどまろうと、とある心の重荷をとる本を読んで頑張ってますが、その本の内容の中に、人は何千回、何万回と生まれ変わっていて、世の中の犯罪は、皆が経験、或いはこれから、訪れるものであるため、世の中に悪い事など、存在しないものだと書かれていたんです。 それなら、自殺もむしろ悪い事ではないのではないか?それで救われるのではないか?と思うのですが、この事について、お坊さんはどうお考えをお持ちなのか教えていただけませんか?よろしくお願いします。 このままだと、自分が、いけない事に、手を染めてしまいそうです。

有り難し有り難し 7
回答数回答 2

ふと自殺したくなる時があります。

普段、何不自由なく暮らしているのですが、寝る間際にふと自殺したい気持ちに駆られます。 私は正直これまで家庭環境も含め何不自由なく暮らしてきました。学校でも友人は多い方でした。ただ、本当の自分ではなく、親や周りに気に入られる存在を演じているだけなのかも知れないという思いにかられます。 演じている自分、そして演じられなくて失望させられてしまうのではないかという思いに板挟みになっています。 そして、将来の目標や夢などもなく、今生きているのもただ死んでいないというだけに感じます。 一度ネクタイを自分の首に巻きつけて死のうとした時は親の悲しむ顔が浮かび、思いとどまりました。しかし、それも今考えると死なない理由があるだけで、この先生きていく理由ではないように感じます。 今は、寝床でふと自殺願望に駆られるだけですので実行にはうつしていません。 ただ、これがふと断崖絶壁にいる時、電車のホームにいる時だったら何かの魔がさして死への一歩を踏み出してしまいそうです。 全ての人の人生の終着点は死であり、その時間が早いか遅いかの違いではないでしょうか?また、命とは私に属しているのにその処遇についての決定を自分で下すというのはそれほど不自然なことなのでしょうか? 最近分からなくなってしまっています。

有り難し有り難し 15
回答数回答 2

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る