皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

自殺

死にたい。

自分のことが嫌い、許せない。

だから自分を殺したい。

後悔・自己嫌悪
有り難し 380
回答 6
回答は各僧侶の個人的な意見であり仏教教義や宗派見解と異なることがあります。答えは一つとは限りません。多くの回答(法施)からあなたの人生を探してみてください。

何ものにも影響されない本当の独りになれる心に坐する

人間は関わる相手が多くなると苦しくなるものです。
ぶっちゃけ、ここでのかかわりが多すぎたのではないでしょうか。
質問回数も多いですから、いったん深呼吸して、このハスノハサイトとも適切な距離感を持ってください。
持つべき自分、持つべき顔は一つの方がいいと思います。
関わるべき人は、他人様ではなく、本当は自分自身です。
自分のルールは捨てた方がいいと思います。
失礼ながら、ここでの名前も過去も全部捨てた方がいいと思います。
完全にリフレッシュして再スタートするのです。
毎回2文字でタイトルをつけたり、自分のあり方を自分で決めているから自分に縛られてしまうのです。
もっと、キャラを作らずに「普通に」生きることを始められてはいかがでしょうか。
【あらかじめの自分をもってはいけない】のです。
一度、本当に今までの自分を捨て去ってしまうことです。
ここでの名前を捨て、今日は今日で「今の自分の実際」を生きればよいのです。
蓮の花とは過去の泥の色に染まらないありかたです。
私どもはハスノハであり、あなたは蓮の花です。
いつでも新しく咲いているのです。
ならばこそ、ここでの自分の名前にもうこだわるのをやめて、人に頼るのではなく「自分のキャラをやり続ける」ことも捨てて、新たに名前を変えて再スタートしてみてください。
私はここで3000以上の回答をしていますが、いつでも全消去されてもかまいません。
毎回、新しく呼吸をしてるからです。
ネタも言うべきことも脳みそ一つあればそれで十分です。
このサイトで生きているのではなく現実で生きているのですから。
ここでの「ま。」というキャラを捨ててしまうことで結果的にあなたは精神的に生まれ変われます。それを取っておこうとすると、執着になると思います。
「ま。」というあり方で自分を位置づけるのではなく、実物の自分に頭のフィルターなしに出会うことです。
人間は毎瞬間、毎秒細胞レベルで生まれ変わっているからです。
自分の体が事実生まれ変わっているのに、考えの上で前の状態を引きずっているのはおかしい生き方なのです。今自分がやっていることが、今の自分の苦しみに関連しているのですから、尚更それを改めて苦しまないやり方を見つけるのべきです。その為にも、一度「ま。」さんという名前を捨てて、キャラなしの自分、枠なし、位置づけなしの自分で再デビューすることをお勧めします。

回答僧

大慈

自死が多い時間帯というものがあるそうです。働いている人なら夜0時ごろと早朝5時6時ごろ。自分の考えって、私たちが思っているほど自分の考えじゃないんです。環境に考えさせられている感じ。

そう、この考えは自分の考えじゃない。そう知った時、自分は生きながらに死んでいるんです。善い意味で。

さぁ、寝ましょ。私ももう寝ます。寝れる気が微塵もしないけど頑張って寝ます。今寝るという行いが、明日の私を作るから。1時間近くかけて200字も書けなかった私なんか大っっっ嫌いだけど、そんな自分の考えとのケンカを頑張らず、寝るということを頑張ります。おやすみなさい。合掌

回答僧

光永寺

憲章

許すも許さないもない

自分を許せない、その価値観は自分が創ってるもの。今のま。さんは目の前の自分自身の姿を嘆いているだけ。自分が悪いと思うところだけが目について、自分の素晴らしさをすべて見失ってる。全てに優れてる人などいない、また全てが劣っている人もいない。そして優れているも劣っているも他人との比較で何の意味も無い、仏さまの目から見たらその違いはほとんど意味は無い。前にハスノハのある方が言っていた。ウサギとカメの競争でなぜカメは勝ったのかと、それはカメはウサギを気にせずただ自分自身を見詰めて自分のペースで歩んだからだと。自分の生き方は他人には代わってもらえない。他人の意見に振り回わされても他人がま。さんの人生を代わってはくれない。だから自分の生き方に自分が許すも許さないもない。間違ったら思ったならそこで軌道修正すればいい、間違いかわからなければ立ち止まって自分なりに答えが出るまで考えればいい。自分が自分を許すも許さないもない。阿弥陀如来様からすれば人生の正解も間違いもない。どちらも同じようなものだ。そして間違えた人も必ず救ってくださるという。自分自身の人生を勘違いで許せないと思い込み、自死などして欲しくない。死んだらハスノハのお坊さんみんなが悲しむ。1年後勘違いで死なないでよかったと思える日が来るのだから。一緒に生きていこう。

世の中には嫌われない人は一人もいないです。
その中で嫌いな人を殺せば何が残るのでしょうか?
誰一人残らないのではないでしょうか。
嫌いな人を殺すのではなく、良いとこを見つけたり、悪いとこを正したり、適度に距離を置いたり、過去の過ちを許してあげたりして上手く付き合っていくことが大切ではないでしょうか。
それが自分自身であってもです。
何か失敗したなら、反省して対策を講じて、次はもう少し上手くやろうとする。
そうすることで少しずつ嫌いな自分を好きな自分に変えていってくれたら嬉しいです。

回答僧

円通寺

邦元

死に切る

私たち僧侶の中では、生きながらにジブンというこだわりを本当に捨て切る事を「死に切る」と表現します。
生きながらに、死ぬ。良くわからないかもしれませんが。
「ネバナラナイ」「こうでアルベキ」「〇〇と比べると私は劣っている」全てジブンで考えた価値判断、評価の基準がジブンにあるのです。このジブンは自我と言います。

私の祖母は食べ物を食べるとすぐに「おいしい」だの「まずい」だの言います。これは味ではありません。味はその味がしているというだけ。しかし、すぐに感想がその味かのごとく出てきてしまうのは、なんとも悲しい。その味がしたそのまま、でいられる。そういう状況があるのです。ジブンが全くない様子。

必ず誰にでもあるはずなんです。一瞬でもあるのです。しかし、その事実の直後に考え方を付け加える。これは小さいころからの癖ともいえます。
事実に目を向けることは、本当に生きながらに死に切る救いの道です。
命は絶たなくていい。生きてください。
救いの道はお釈迦様の時代からずーっと示されています。
そのためにお坊さんがいるのです。hasunohaがあるのです。
また、迷ったら相談してください。

善い流れへと向けて

ま。様

川口英俊でございます。問いへの拙生のお答えでございます。

何が自分か・・これが自分だろうか、いや、あれが自分だろうか・・と色々と探しだそうとするのですが、結局は実体としての自分はどこにも見つからないのです。

自分のことが嫌い、許せないとしても、その自分そのものが本来実体として見当たらないのであります。

同じように、自分を殺したいとしても、その自分というものも実体としては見当たらないのであります。

もちろん、実体としては無くても、貴女様は現に存在はしています。無いわけではありません。無いわけではないのですが、何が自分という存在を成り立たしめているのかといえば、五蘊(色・受・想・行・識)を中心として色々な自分を成り立たしめている要素が寄せ集まって何とか存在できているだけなのであります。

それらの善い要素、つまり、善い因縁(原因と条件)には、自分でも何とか頑張って調えられるものもあります。善い因縁(原因と条件)によって、善い結果は望めるものとなります。

結果は、全て因縁次第。因縁次第では、すぐに好きにも、許せるようにもなれるものです。

死にたいぐらいに悩み苦しんでいる因縁を、何とか仏教にて解決させて、善い因縁として、善い流れを調えて参りたいものでございます。

是非、hasunohaも大いに参考として、更に仏教により関心を持って学び修して頂ければと存じます。

川口英俊 合掌


質問者からの有り難し - お礼

ありがとうございます。
お礼が書けなくて1日たってすみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
たくさん関わってすみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
他人と比べてすみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
0時に起きててすみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
自分嫌いですみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
癖持ってすみませんでした。
お返事ありがとうございます。

ありがとうございます。
仏教分からなくてすみません。
お返事ありがとうございます。

関連する問答
このページの先頭へ