hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる

仏教でいう幸せとは何ですか?

回答数回答 10
有り難し有り難し 399

仏教における幸せとはなんでしょうか?
修行を積んで悟りを得ること?
煩悩を滅し苦しみから解放されること?

私にはよく分かりません。

2018年5月17日 21:20

この問答を娑婆にも伝える
facebookTwitterLine

お坊さんからの回答 10件

回答は各僧侶の個人的な意見で、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。多くの回答からあなたの人生を探してみてください。

【等正覚】

模範解答をするならば【無苦】の状態になる事といえるでしょう。

でも、少なくとも私の場合は、今生においてはおそらくそれは限りなく不可能に近い夢のまた夢だと思います。しかしながら、いつか必ず悟りを得て、あらゆる苦悩から開放される日が必ず来る事を約束されるとしたら…?

それはもう救われたに等しい。これを【等正覚】といいます。

今、苦悩の煩悶の真っ只中にありながらも希望を持って生きていける。
安心して不安がっていられる。

おめでたいと思いますか?
でも、私は苦悩の中にいながらも幸せ者です。

2018年5月17日 22:48
{{count}}
有り難し
おきもち

となりのトトロの世界のような山奥の田舎の小さな小さなお寺の住職をしています...

感謝

回答が2つ出ているので、じゃあ少し見方を変えて。

よくあるこんな質問。
「コップの中に水が半分あります。どう思いますか?」
Aさんは「もう半分しかない」
Bさんは「まだ半分もある」

同様に、親から命を受け、この世にいる事実を
Aさんは「なんでこんな世に産んだんだ!」
Bさんは「産んでくれてありがとう」

同じ事実・事柄においても、見方や感じ方は違います。

あるものに目をやるか、ないものに目をやるか。
満足か不満か。肯定か否定か。感謝か妬みか。

祖師の言葉に「浄土(天国)といい穢土(地獄)というのも、実は2つは別々のものではなくって、ただ私たちの中に存在している」とあります。

仏さまが示して下さった方法に沿って、
四苦八苦、試行錯誤しながら、なるべく浄土よりのモノの見方を身につけていく。

いつか自分が亡くなる時、自分の人生とご縁に感謝して、安心して仏さまに身を任せることができれば幸せだろうなぁと思います。

2018年5月18日 6:26
{{count}}
有り難し
おきもち

困っている人や悩んでいる人にとって、仏さまの教えが少しでも良薬となれること...

本当に❝黙せる❞人になる

心の静けさの究極中の究極は実に安らかで温かいものです。
心の静まりの最上中の最上は実に暖かで明らかで優しいものです。
これを理屈で知ってもペケっすからそこに導ける指導者の元で学ぶのです。
たとえば人間って幸せを論ずるにも斜め目線やハスに構えて論じている。
そういう人って結構幸せの首都があるとしたら、そこからかなり辺境の地に居座っているものです。それは考えの世界、評論の世界、眺めの世界、評価の世界、いちゃもんやケチをつけたりする世界、心騒がしい世界というものです。
幸せってなるモンであって論ずる人って幸せから遠い人もいる。
今、質問者様は幸せを求めています。
幸せを論ずる人にならんようにしましょう。
幸せになればいいのです。
では、幸せになるにはどうすればよいか。
仏教的にといいましょうか、仏教はそもそも人間の根本的なことを説いている教えですから、人間の損得、かちまけ、優劣、好き嫌い、ポジティブ・ネガティブなどの思いのワールドに心が染まる前になればよいのです。
坐禅などはその最短ショートカットです。
いかつくない、厳しくない指導者の下で学ばれると良いでしょう。
仏教って本当の仏教には人が手を付けていないのです。人の介入がない。
日本のお寺の仏教ってぶっちゃけ大体坊さんの個人思想が介入しちゃってるものがあると思いませんか?アジア諸国の仏教だって同じです。裸に袈裟一枚で過ごしているから日本からみるとまともそうに見えますが、中には超ローカル非理知的な仏教副産物のド・思想に染まったものもあるのです。
そういうのにカブレないことって大事ですよ。
色々おありだったようですが、時にはパンクな精神でうそくさ仏教をぶち破る姿勢って持っていた方がイイですよ。
たとえば医者行けば薬はくれましょうが、必ずしも個人に適したものではなかったりします。その前後の人も同じような薬をもらっていたとします。その先生に診察を受けた人はみんな同じ薬をもらっていたとします。そういう事務的なものもあるのです。
血の通った仏教に出会えるまでは私は救われませんでした。
もし仏教に関わっていこうとするのであれば、宗派問わずやり抜いた人から習う方がイイと思いますよ。
有名な人=真実の教えを説いてくれているかというと微妙だったりするもんです。
ちゃんと自分が救われる内容のあることを説いてくれる人に出会えますように。

2018年5月18日 15:20
{{count}}
有り難し
おきもち

丹下覚元(たんげかくげん)
☎お悩み相談 📞08020659278 法話禅会 毎週日曜3時より...

一般的に、人間が「幸福感」を感じるのは、例えば、”美味しいものを食べた”、”彼女彼氏ができた”、”昇進して家が買えた”、”宝くじに当たった”などなどだと思います。
 
これらは全て、その逆の状態であってこそ感じるものです。飢餓の状態から”美味しいものを食べれた”、孤独だったけど、”彼女彼氏ができた”、ヒラでアパート暮らしだったけど、”昇進して家が買えた”、貯金なかったけど、”宝くじに当たった”などなどだと思います。
 
これらは、自分に幸福感を与えている、それら外的な材料がマイナスになった時は、「不幸」になるものです。
 
それに、幸福というのは言ってみれば幸福感のことで、人間は幸福をもたらした外的刺激にはすぐに慣れてしまいます。お腹いっぱいの時は、それ以上食べても幸せを感じません。

美味しいものを食べるのが日常であれば、飢餓の時に食べたラーメンほどに美味しさや幸福は感じません。

せっかく彼氏彼女ができても、やがて他に目移りするし、それに遅かれ早かれ肉体は時間とともに劣化します。昇進も家も時間が経てば、大なり小なり不満を感じるようになるし、定年もあれば家には耐用年数もあります。

1兆円持っている億万長者が一億の宝くじに当たって、天にも登るような気持ちになるでしょうか? 

外的なものがもたらす幸福は、それらを持っていない不幸をよりどころとして感じるものです。
また、死とともに失われるものです。

さて、前置きが長くなりましたが、仏教修行によって得られる幸福というのは、一般で言う外的な幸福ではなく、肉体を超えた圧倒的「幸福の霊的体感」なのです。(肉体を超えて、と言いながら体感というのも矛盾しているのですが、他に表現がないので、、、)

それは、肉体を感じない「空性」から湧き上がるように感じる歓喜で、外的なものがどのような状態であろうと関係なくもたらされるものです。

また、心身が日常的にその状態になる幸福感であり、しかも時間と共に増えていくもので、時間と共に劣化する肉体や物質とは真逆ですね。

仏教であまりそのようなことが語られていないですね。無とは苦とかの表現は多いけど(^ ^)
まあ仏教が、馬の前に人参ぶら下げるような「利益誘導的」な修行へのお誘いをしないからですかね。

2018年5月18日 12:58
{{count}}
有り難し
おきもち

遠藤喨及
僕はウイキペディアでは以下のように紹介されています。 「日本、アメリカ、...

満足することでは

幸せとは、満足することではないでしょうか?
悩み苦しみや不満がなくなること。

そのためには、悟る(煩悩が消える)方がよいのです。
煩悩がなくなれば、不満がなくなるから。
煩悩をなくすには、真理に気づく(悟る)必要があります。
煩悩は、私達生きものが先天的に持っている「勘違い」。
その勘違いに「あ、勘違いだったんだ」と気づくことが悟りであり、悟ると勘違い(煩悩)がなくなる。

2018年5月18日 2:24
{{count}}
有り難し
おきもち

浄土宗教師。四十代男。 仏教は、悩み苦しみを制御したり消したりするための...

しあわせは いつも じぶんの こころが きめる

こんにちは。

 書家の相田みつをさんの詩に
 「しあわせは いつも じぶんの こころが きめる」
 という言葉があります。

 仏教には「小欲知足」という言葉があります。欲を少なくして、常に足りている事に気づくということです。

 しあわせは、どこからかやってくるものではなく、実はあなた自身の中にあることに気がつくことだと思います。

2018年5月24日 12:19
{{count}}
有り難し
おきもち

・曹洞宗/静岡県/40歳代 ※質問の答えについて、話の大筋は変えませんが...

私の思うそれとは違う

仏教徒であろうが凡夫(煩悩の身に生きるただの人)である私が私の心で思う幸せとは

お金がいっぱい
健康
好きな人とはずっと一緒
嫌いな人は関わらない
物事は思う通りに運ぶ
楽で苦しみがない

といったようなものですが、仏教では仏様の教えによって私が思う様なそれらは本当の幸せではないと知らされます。

では、仏教でいう幸せとは何か、ということになるのですが、それは仏教用語で言えば

涅槃や正覚、妙覚、法性、実相…

と、まあつまり「お覚り」のことになるのですが、それはどういうことかと近づこうとするとその用語の解釈になってしまいます。
用語ですらもお釈迦様のお覚りを言語表現したものであるのにそこからさらに解釈を加えるとこれは人の数だけの味わいが生まれてくるものとなります。
だからこそ、ブレを少なくするために用語の意味をきちんと押さえるということは大事ではあるのですけどね。

言語や解釈という「覚り(真理)を私たちに分かるように表現したもの」ではなく「覚り(真理)そのもの」と私たちはどこで触れるかと言うと、「私は覚り(真理)に背いていると気づく」ところです。

覚り(真理)に背く私が明らかになるところに覚り(真理)との接点があるのです。

ですから、「仏教でいう幸せとは何か」をあえて表現するならば「私の思うそれ(幸せ)とは違う(それなのに私はそれらに執着している)」ということになります。

それをより具体的に表現していただいた諸師の回答は有り難しですね。私もこの問いから大変に学ばせていただきました。

2018年5月24日 16:29
{{count}}
有り難し
おきもち

はじめまして。 北海道の道南地区にある若松という農村のお寺に所属しており...

私にとっては

仏さまの教えに出会えた事です。

2018年5月18日 7:54
{{count}}
有り難し
おきもち

 菩提薩埵四摂法の実践

  悟りを得て成仏することが仏教者の目標だと思います。

 残念ながら成仏に到ることが不可能な者にとって、ひたすら菩薩道を歩んでいくことが仏教者としての生き方であり、仏教者としての幸せだと思います。

 その生き方の具体的な具体的な指針として、菩提薩埵四摂法があります。
   布施 他者に喜びや安らぎを分け与える
   愛語 他者を労り和ませる言葉を、かける
   利行 他者を利益(りやく)する
   同事 他者の苦悩も喜びも分かち合う 

 と書いていて、「仏様のお姿そのものが、仏教者の幸せを象徴してます。」と思い出しました。仏像の手の形を印相(いんぞう)と言いますが、最も一般的な印相として与願印と施無畏印があります。
 施無畏印とは「恐れなくてもいいんだよ」という安らぎを与えるという意味です。与願印とは「よろこびを与える」と言う意味です。奈良の大仏様の右手の印相が施無畏印であり、左手の印相が与願印です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E5%A4%A7%E5%AF%BA%E7%9B%A7%E8%88%8E%E9%82%A3%E4%BB%8F%E5%83%8F

 蛇足ながら、以前自分のブログの中で「幸せ」についえ考察したことがあります。多少は参考になるかもしれません。
https://blogs.yahoo.co.jp/dorinji/3879177.html

2018年5月27日 0:43
{{count}}
有り難し
おきもち

生きていることの不思議さを感じることかなー。

つぐみさん、こんにちは。

 私は、仏教を学んだことで、今いる自分の不思議さを感ぜざるおえなくなりました。
世の中、生きるか死ぬか、理不尽で苦しみ多い、一切皆苦の世界。その中で生きていくことの大変さと共に、そこに一瞬の光、明かりが見えることがあります。それを感じて掴みとることができるか?それが生きる意味なのだと感じます。

アニメ・マンガ好きなので、宮崎駿さんのマンガの方の「風の谷のナウシカ」の名セリフ。
「いのちは闇の中のまたたく光だ!!」
苦しい中で一つの光が見える。そこを心で感じる時に、たとえ苦しくとも無常の喜びが起こります。

それに近い感情が、仏教の幸せに通じるものだと思っています。合掌
 

2018年5月24日 12:21
{{count}}
有り難し
おきもち

★僧伽(お友達)になりましょう。一緒に仏教を楽しみましょう★ Email...

質問者からのお礼

みなさんありがたいご回答をありがとうございました。
どれも胸温まるご回答でとても幸せになりました。ありがたいご縁、巡り合わせ、無上の喜びです。それを繋いでくださった仏様に感謝いたします。
幸せとはこういうことなのかも…。

「仏教全般」問答一覧

仏教をもっと学ぶ方法は?

こんにちは。 以前Googleで自分の悩みを検索したところ検索結果にこのサイトが出てきたことがあり、それ以来hasunohaを毎晩のように拝見しています。お気に入りのお坊さんをブックマークしているほどです。 生まれた時から仏教徒で、お盆やお参りなど特に考えずそのマナーに従って生きてきましたが、一方で神や仏、また心霊などの類は一切信じないたちです。 しかしながら倫理哲学の勉強は非常に好きで、現在もっとも興味があります。 きっかけは数年前心身共にとても傷つく出来事があり、以来リラクゼーションやアロマ、音楽など、私生活で自己を労る環境を整えていきました。しかしそれらは頭の中、つまり思想の面では自分を疲労から救ってはくれず、そのとき仏教が自分にとって非常に重要なものではないかと気づきました。(軽率な発言続いており誠に恐れ入ります。。) hasunohaをみているうち、信じるか信じないか、お祈りが届くか届かないか、極楽浄土に行けるか行けないか以前に、自分で自分を生きやすい方向に調整していく、大変学びの多い学問でもあることを理解しました。 長くなりましたが質問したかったことは、仏教を学ぶ上でビギナーの私におすすめできる学習方法を教えていただけませんでしょうか。 下記何でも構いませんので、回答いただけると嬉しいです。 ・おすすめの著書(専門用語が多すぎない、噛み砕いてある、原版の理解にふさわしい) ・近所のお寺に通うことも考えたが、用もないのに門を叩いて説法してもらうことなどはできるのか? ・合宿のような形式で学ぶ方法はあるか。どうすれば受けられるか。ある場合、実家は曹洞宗だが宗派を超えても学習はさせてもらえるか ・↑に似ているが、短期的に修行を受けることはできるか。どのお寺でもできるのか?できるお寺はどうやって探すのか ・その他いい方法があれば 可能ならば僧の方に直に毎日少しずつお話を受ける形式が望ましいですが、自分の周りでそう言った人は見かけないし難しいのでしょうか... よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 49
回答数回答 4

どちらの宗派、教えを信じれば良いのか

初めて質問を投稿いたします。 るると申します。 私は学生時代うつ病を患い、生きていくことのつらさ苦しさと死への恐怖に悩み、救いとなる教えを求めて父方の宗派のお寺である東本願寺へ参りました。 そこで、どのような人間であってもすくい取ってくださる阿弥陀様の教えを聞き、何があっても必ず助けてくださる存在があるということに強い安心安堵感を得ることができ、その後は真宗の教えを聞く機会を定期的に作り心の支えとしてきました。 数年後、大学は無事卒業し就職すると私は非常に忙しい部署に配属され、激務と過労で再びうつ病の兆候が出てきて頭の中があらゆる雑音でいっぱいになっているような感覚に陥りました。 その時心の支えとなる教えをまた求めてお寺に行こうと決心したのですが、何故か今回はいつもとは異なる直感のような感覚で母方の宗派のお寺である永平寺に参りました。 永平寺で禅の一端を体験し、その後禅に関する本を読む中で、あるがままを冷静に見つめ自らの内の欲や煩悩を統御する教えを学び深く感動し、禅の教えをこれから生きていく中で実践したいと思いました。 前置きが大変長くなりましたが、二つの宗派の教えと出会いわたしは今どちらを信じたら良いのか迷っております。 煩悩を否定せず阿弥陀様が必ず救うとする真宗か、煩悩を統御し坐禅を通して自ら悟りを目指す禅宗か、全く異なる教えに触れどちらも捨てられないと悩んでいます。 両方を信じる道もあるのでしょうか。 拙い文章になりましたが、僧侶の皆様から何か教えをいただけたらと思います。 何卒よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 44
回答数回答 3

徳について

徳について質問です。 徳を積む方法を知りたくて、動画サイトで、ある経営者さんの徳を積むことについてのお考えを聞きました。 ご本人に直接伺うことができないので、お坊さん方のお考えを聞かせて頂きたいです。 その方は、周りの人が笑顔になるように行動すればいい、周りの人を不快にさせるような行動はダメというような事を仰っていました。 故意に人に不愉快な思いをさせるのが良くないのは わかりますが、わざとでない場合はどうなるのでしょうか? 私は外斜視で、手術を受けたものの矯正できるギリギリ限界まで筋肉を切除しても治りませんでした。 電車に乗っている時など、自分では正面を見ているつもりでも、気が付くと向かい側に座っている人から凄い顔で睨まれていたりして ⁇ となり、後になって「あ、斜視で知らない間に私の方から相手の人を凝視したと思われたんだ」とわかるのですが、知らない人に「私、斜視なんです。あなたを見てたわけじゃないんです」と言うのも変ですし。 でも、人を不快にさせたのは事実なわけですから、この場合 私の徳はどうなるのか知りたいです。 人前ではなるべく下を向くようにしていますが、時々忘れて このようなことになります。

有り難し有り難し 22
回答数回答 1

関連する問答

温かい気持ちになるお坊さん説法まとめ

相談カテゴリ
-四苦八苦 SickHack!▼ 全カテゴリを見る