皆様に大変ご好評をいただき、ご質問が殺到しています。

回答が追いついておりません。お坊さんから丁寧にご回答いただくため質問受付数を制限させていただいております。大変申し訳ございません。

お坊さん33秒法話一覧

編集部が選んだお坊さんのことばの一覧ページです。

  • 物事自体には、良い・悪いのラベルはついていない

    大切なことは、どのような「不運」に見舞われましても、
    こころがつくりだす「ネガティブな思い」に染まらないことです。

    世間という川には、毎日上流からドンブラコ、ドンブラコと、「出来事、出会い、情報、アクシデント」というモモがとめどなく流れてまいります。

    時には酸っぱいスモモも流れてくるのです。
    流れついてきた桃が、酸っぱいスモモか、甘いモモか。手に取っただけでは分からない。

    でもどうしても、受け止めなければいけない時がある。
    そういう時こそ、酸っぱいスモモも、甘いモモも、
    「酸っぱいからイヤだ」「甘いから好きだ」というより好みの思いを持たずに、そのまま受け止めるのです。

    たとえ、スモモがお嫌いであってもスモモにしか取れないビタミン類は摂取できるのだ、ということがお分かりになれば、人は苦労でも買ってでもするものです。

    どちらでも、いずれ種が良い花を咲かせて、良い香りを放ってくれるのです。
      有り難し
    204
    回答僧 安穏寺 (天岑寺) 丹下 覚元 (たんげ かくげん)
  • 時に「恋」は人を盲目的・妄信的にしてしまう

    思い込みや誇大妄想に過ぎない場合もあります。それにより、かえってその方や周りの方々に迷惑を掛けてしまうことや害悪を与えてしまうこともあって、気を付けなければならないことであります。

    その愛が本当にその方の幸せをお考えになられての「愛」であるのか、今一度冷静に振り返ってご検証なされて・・・互いの「幸せ」・「成長」・「支え合い」・「助け合い」に繋がっていけるような良好な関係をこれからも結ばれていかれたら良いのではないだろうかと存じております。
      有り難し
    128
    回答僧 岩瀧山 往生院六萬寺 川口 英俊
  • 天命に安んじて人事を尽くす

    自分のできることは人事を尽くす。それ以上のことは、阿弥陀様にお任せする。私のはからいにはこだわらない。

    一度人間を超えた大きな存在のことを考え、そういうところから自分に起こった事実を考えてみてはいかがでしょう。

    事実の受けとめ方が少しは変わってくるのではないでしょうか。
      有り難し
    90
    回答僧 正善寺 藤堂尚夫
  • 母への優しさは、母に優しくない自分に気づくこと

    私もそうです。親でも兄弟でも家族でも友人でも、自分に都合の良い時は優しくし、都合が悪くなれば素っ気なくなってしまいます。

    でも、仏教を学んで変わった事がひとつあるとすれば、そんな自分の姿に気づけたことです。おそらく仏教に出逢っていなければ、そんな身勝手な自分を正当化し続けていたでしょう。「こんな事ではよくないな」と反省する事すら出来なかったと思います。
      有り難し
    157
    回答僧 なごみ庵 浦上 哲也
  • 心霊が見える人もいます

    生き物は亡くなり流転する中にそのような状況が写真に写ることもあると思います。私はその映った方々にもご成仏して頂きたいと思います。

    よろしければ私のお寺ににて共にご回向させて頂ければと思います。
      有り難し
    71
    回答僧 一向寺 kousyo Kuuyo Azuma
  • 丁寧に行うだけで礼儀作法は変わる

    「マナーのためにこれを行う」という考えでは、人が見ていないときや、人と一緒ではないときには美しい所作をする意味がなくなってしまいます。

    それよりも、「一つ一つ、目の前の行為を丁寧に行なってみる。それは、自分自身の生き方を見直すためである」ことを頭において行動してみることで、少なくとも私の場合は落ち着いた所作が身につき、長続きしていると感じています。
      有り難し
    172
    回答僧 青江覚峰
    回答僧
このページの先頭へ