hasunoha お坊さんが必ず答えてくれるお悩み相談サイト

お坊さんに質問する
メニュー
メニューを閉じる
家から匿名・オンラインでお坊さんと話せる!hasunohaオンライン個別相談
そらノート 亡くなった人やペットに思いを伝えよう hasunoha姉妹サイト登場

「心構え・生きる智慧」を含む問答(Q&A)一覧

回答は、各僧侶の個人的な意見のため公共性を帯びたものではなく、仏教教義や宗派見解と異なることがあります。
2020/06/13回答受付中

親不孝な娘

初めまして、色々と今の悩みを検索していると、このサイトに辿り着きました。 どうか、誰にも明かせない今の悩みをご相談させてください。 私は先日、窃盗で警察の厄介になりました。幸いにして不起訴処分となりましたが、実家住まいということもあり、親に身元引受け人となってもらいました。   私は30を過ぎており、親もそこそこの年齢です。そんな親に切ない思いをさせてしまったことが、申し訳なくて、できるなら死を選びたい程でした。今となっては何故あんなことを、と後悔でいっぱいですが、今更悔やんでも取り戻せないことだと承知しています。   何故死を選ばなかったかは、私が今現在借金があり、今私が死ぬとその返済義務が親に回ってしまうと考えたからです。   借金に、窃盗に、学生の頃も色々と迷惑や心労を親にかけてきて、今また更に……   借金のことは、両親は知りません。    ここまで親不孝な娘はいないだろうと思います。せめて結婚して、孫の顔を見せてあげたいですが、体に問題があり、それもなかなか叶わない状態です。 仕事はしています。きっちりと日々の生活を慎ましく送り、自立し、更生した姿を見せていくことで、少しでも親孝行になるでしょうか…?   どうぞ、よろしくお願い致します。

有り難し有り難し 11
回答数回答 1
2020/06/13回答受付中

承認欲求の捨てかた

承認欲求が強く、それが原因で他人と衝突しがちです。 先日、上司と衝突しました。 原因は、自分を認めてくれないと思ったからです。あからさまな態度で避けている状況です。 どうすれば、自分の醜い承認欲求を捨てられるでしょうか。また、上司にどう謝ればいいでしょうか。 先日、ひとつの大きな案件が実を結びました。その報酬として、以前からお願いしていた、上司がもつ技術知識を教わろうとしました。 4月の人事異動で上司が他部署に異動と昇進が決まり、私自身も昇進しましたが、それ以来あまり面倒をみてくれなくなりました。 上司も色々と忙しいから仕方がないのかと思い我満していましたが、同僚にはその技術知識を教えている姿をみて苛つき、俺のことを認めてくれないと思いました。 それ以来、あからさまな態度で会話を避けている状況です。 上司もその態度についてムカついているようで、一切仕事を頼まなくなりました。 元々、人に期待しすぎる性格のため、少しでも自分の意とそぐわないことになると裏切られたと思ってしまいます。 今回の件も、これだけ自分が頑張っているのだから認めてくれるだろうと、強い期待をしていました。 反対に、他人を認めたくないので、上司に教わっている自分より年下の子にも苛ついています。その年下の子も頑張っているとは思っていますが、どうしても負けたくない、自分の方が上だと思ってしまい辛く当たるときがあります。 多分、もう上司にも周囲の人からの信頼はなくなったと思います。謝っても許されるとも思っていません。ただ、それでも冷静になったいま、謝るべき所を謝り、治すべき所を治すことが自分の責任だと思い相談させていただきました。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1
2020/06/12回答受付中

同居を解消したい

1年前から旦那の家に同居しておりましたが、4月に義理の父が急に亡くなってしまい義理の母を残して家を出るのを旦那が躊躇しております。 もともと間借りの同居で、私たちの家を買うつもりでした。1年の同居でわたしは義理の母のお節介、依存、過干渉に悩まされて嫌いになってしまいました。最初はいい人だと思っていましたが、もう顔も見たくないくらいです。 義理の父が亡くなる前は、旦那は自分の職場に近いところで家を買おうとしていましたが、いまは義理実家の近所で買うか、もしくはこのまま同居したいらしいです。 わたしは当初からの旦那の職場近くで家を買いたいのですが、義理の父が亡くなったことが非常ショックみたいで実家から離れなくないようです。 しかし、わたしは負に落ちません。近所に住みたくない気持ちもありますし、旦那が 年老いてからも職場に通いやすいように当初の希望で家を買いたいのです。 こんな時に本当に希望していた土地が出てきましたが、義理の実家から離れたくないようです。 旦那も義理の母に依存してるとは思いますが、そんなにまで自分の家庭を犠牲にする必要はないと思うのです。 一年前に関東から地元に帰って来ただけで、かなり親孝行かと思うのです。 1年間わたしはだいぶ夫にも、義理母の不満を泣きながら訴えてきましたが、このまま我慢しないといけないのでしょうか。 ちなみにいまの家はプライベート空間もなく、洗濯を干すために私たちの部屋にも入らないといけない状態です。 最近では死んだ方が楽かなとか、家出しようかなと、お酒に逃げようとか考えてしまいます。 私の希望で家の場所を決めるのはわがままなのでしょうか。そんなにも義理の母のご機嫌をとらないといけないものでしょうか。旦那は末っ子で義理の姉、兄がいますが、これはその兄弟とも話した方がいいのではないでしょうか。 わたしだけ苦しいなんて耐えられません。 耐えるべきなら、どのような心持ちでいたら良いでしょうか。 私はただただ、昔みたいな家族水いらずで過ごしたいのです。

有り難し有り難し 4
回答数回答 1
2020/06/13回答受付中

黒い過去との向き合い方

この数週間ずっと暗い気持ちです。 きっかけは、半年前に辞めた会社に6月末から復職させて頂くことになったのですが、前回辞めるときに嘘をついて辞めてしまいました。 (おそらく嘘をついてしまった人は気づいていると思いますが、今回採用してくれた人はそのことは知らないと思います。) 嘘をついた時は「もう関わることもないから」という、本当に自分勝手な気持ちだったと思います。後悔の気持ちと今後どうしていったらいいのか、苦しいです。   また、暗い気持ちになり、過去のことを振り返り自分のしてきた悪いことを次々に思い出しました。 ・小学校、中学校のころ友達に意地悪したこと ・部活で活躍したいと言って大学に進学させてもらったのに、途中で辞めてしまったこと ・新卒で入社した会社を結果が出なくて、逃げるように辞めてしまったこと ・親が自分が生まれたときから大事に貯めてくれていたお金を社会人になってからもらったのですが、それを浪費してしまったこと ・自分を守るために、その場しのぎの嘘をついてきたこと   心の中が黒く重く、後悔でいっぱいです。当たり前だと思います。 世の中には何かに挑戦して失敗して苦しい思いをしている人もいますが、自分は親や周りに人に甘え、辛いことから逃げ、その結果自分で後悔して自己嫌悪に陥り苦しむという最低な人間です。プライドが高く、卑屈になり、周りの人と壁を作ってしまます。(ネガティブモードになると、よりその傾向が強くなります) また、過去にこんな悪いことをしてきた自分だからこれからも上手く行かないだろうを考えてしまいます。   この質問をする前ににhasunohaのたくさんの回答を読みました。 皆様がおっしゃっているように、今までのことを受け入れて、引き受けてこれからを生きていくしかないということは、頭では分かっているつもりです。 でも、ネガティブな思考に入ってしまい、暗く怠惰な生活から抜け出ることができません。   これからも生きていくのであれば、このままでは将来後悔すると思います。 心の中では明るく、素直で、周りの人と良い関係を築きながら楽しく生きていきたいと思っている自分がいます。   自分の暗い部分を打ち開けられる人もいないのでこちらに投稿させて頂きました。 厳しい言葉でも構いません、この気持ちとどう向き合っていったらいいのでしょうか。

有り難し有り難し 34
回答数回答 2
2020/06/13回答受付中

過去に犯した多くの過ちが頭を離れません

お忙しい中、申し訳ございません。初めて利用させて頂きます。 過去に自分が犯した過ちが朝も昼も夜も離れず、苦しいです。 私は過去、インターネットの匿名ツールを利用して、ネット上の知人に悪口(大変失礼な内容で、悪意の塊のようなメッセージ)を書きました。その知人に小さな不満があり、憂さ晴らしのような形で、軽い気持ちで書いたのです。一回ではありません。何回もです。表面上では仲良くして、裏では平気で傷つける。本当に、醜く卑劣な行為だったと深く後悔しております。過去の自分が恥ずかしくてなりません。 数年経った今、やっと謝罪することが出来ました。当たり前ですが、許してもらえませんでした。ショックだ、軽蔑すると言われました。私の悪事は他のネット上の知人たちにも知れ渡りました。人を無遠慮に深く傷つけたくせに、今までのうのうと生きていたのですから、私は一生この罪を背負って生きていかねばなりません。 毎日罪悪感に押しつぶされ、苦しててなりません。私に傷つけられた人は、もっと苦しく辛い思いを続けているのだから、当然の報いです。死ぬことが出来たらどれほど楽か、と思うこともあります。しかし、自分には社会的責任があり、それは叶いません。周囲の人は、私がどれだけ愚かで最低なことをした人間なのか知りません。それでも、笑顔で生きていかねばなりません。償いの気持ちを忘れず、善行を行わなくてはなりません。 これからは、絶対に同じ過ちを犯しません。しかし、傷つけた相手(絶縁しています)とは無関係の方々に善行を行うことで、償いになるのか不安です。 罪は他にもあります。過去の自分は最低です。自分が情けなくて仕方ないです。何も知らず、私に優しく接してくれている家族のみんなにも、本当に、本当に申し訳なくて。家族は全員、人間的にとても出来た人で尊敬しています。こんな私でごめんなさい。全然良い人じゃなくてごめんなさい。犯した罪の重さに気づくのが遅くてごめんなさい たくさん謝ることで、「私は反省していますアピール」をしているのかもしれません。今日も、明日も、この先もずっと、たくさんの罪を背負って、なんとか生きていかねばなりません。縋れる場所が、こちらしかありません。どうか助けてください。許されるわけないと口では言っても、許しを求めているのかもしれません。ごめんなさい。 お読みくださりありがとうございました。

有り難し有り難し 24
回答数回答 1
2020/06/13回答受付中

過去を振り返らないで前に進むには?

私はここ1週間ほど、過去の物を何度もみてしまいます。 例えば、高校の部活の公演DVD。 高校では演劇をしていました。 舞台で演技をしている自分は輝いていて今の無職の私とは別人にみえます。 それが誇らしく、「私はできる人だ」と自信を持つと同時になぜか切なさを感じます。 先輩や後輩からもらった手紙や、過去のメールをすべて読み返したりしています。 読んでいると高校の時の感情を思い出します。 先日、高校時代の部活の友人に久々に会いました。 高校時代は似ていると思っていた仲間がそれぞれの道をいき、私の知らないような経験をし、大人になっていました。 私はなんだか自分の居場所だった部活の仲間たち、あの時には戻れないと感じ、悲しくなりました。 この前、ハローワークに行きましたが、上手く相談できず、なにも進みませんでした。 自分の良いところを思い出すために過去ばかりみて、現実の私はなにも踏み出せないでいます。 私は自分の決断に自信がもてないので、何も決めたくないと思ってしまいます。 過去との向き合い方、そして今への向き合い方を相談させていただきたいです。 よろしくお願いいたします。

有り難し有り難し 6
回答数回答 1
2020/06/11

モラハラ夫20年の付き合い目を覚ましたい

旦那と18歳からお付き合いし10年、結婚し10年です。 付き合っているころから、違和感を感じ我慢し自分が悪いのだと思い 向き合うこともあきらめ、育児に追われて見て見ぬふりの生活をしてきました。 育児もほぼ私がしてます。 最近になりこれってモラハラだと言う事に、気づきました。 子供には優しいです、最近ぶつかり合うことがあり全て伝えて今は優しいけど、20年間一緒にいてお付き合いの時、2回ほど別れたこともありました。 それでも「嫌だ。辛い。」って思う事が何年か経つたびに、やっぱり同じで、きっと治らないのはわかっています。 それでも2人の父親だし、いい時もあったしという気持ちもありますが 離婚も視野にいれ、考えていますが、私の覚悟がぜんぜんできません。 旦那と離れたらきっと、楽しい未来が待ってるんだと思ったりもしています。 どうしたら強くなれるのでしょう。どうしたら決意できるのでしょうか? 本当にひどい事もされました。結婚前中絶をした時も、モラハラスイッチが入ってなのか早くおれせとか、その後心のケアもしてくれず、結婚してから子供を緊急外来に連れてくときも、運転をお願いしても連れて行ってくれなく、私一人で連れていき…。 一度あまりに辛く他の人に、頼ったことがあります。 それも私の弱さです。 まず自分が変わらなければと思っていますが、どうしていいかわかりません。 頑張ろうと思えば、どこまでも頑張れる気もしますが違う幸せがあるんじゃないかと思ってしまう自分もいます。 私はどうしたらいいのでしょう?背中を押してください。 助けてください。アドバイスお願いします。

有り難し有り難し 5
回答数回答 1
2020/06/10

無知の自覚

こんにちは。僕はこれまで浄土真宗の道を求め続けてきました。 そして、ある日ふと、俺って何も分からないな。と感じました。ソクラテスの無知の知ではありませんが、実際、浄土は何か分からない。死後のことなのかもしれないし、真理のはたらきのことなのかもしれない。ブッダが生きていたら答え合わせもできるだろうが、もういない。 だとしたら僕がいくら輪廻や浄土を解釈したとしても、分かったつもりになって終わりだと気付きました。 輪廻という概念も精神世界と解釈する人もいますし、方便と解釈する人もいます。しかし、本当に死後の世界だったら?という不安がどうしても拭えない。 僕には何も分からない。分からないものは分からない。そして、南無阿弥陀仏という呼び声を思い出しました。阿弥陀仏はどんな劣った衆生も救うと誓っている。 だとしたら、僕が今いくら仏教の教えを理解しようとしても、知識欲を満たすだけのことです。しかも分かったつもりになっているだけです。 そこで気付きました。阿弥陀仏は「そのままでいい」と呼び掛けていたんだと。「そのまま」がそのまま救いだということに気付きました。死後がどうとかではなく、「そのまま」に任せるしかないんだと。 これがいわゆる二種深信なのではないかと思っています。 僕は仏教の教えの全てを否定しているわけではありません。確実に分かる事実もあります。自分が極悪人だということ、因果律(無常、縁起)、南無阿弥陀仏、そして分からないということ。 今あるこれらの事実を大切に生きていければ、それでいいのではないかと思っています。 それとも、このような考え方は求道をやめた者のすることでしょうか?

有り難し有り難し 4
回答数回答 1
2020/06/10

過去との向き合い方とこれからについて

僕はこのコロナ自粛の期間でさまざまなことがありました。 自分の過去してしまった罪についてもう一度改めて思いだし反省して、どうやったらその罪と向き合い償えばいいかというアドバイスもありがたいことにさまざなお坊さんにいただきました。 そして、今一度自分のことを知るために、昔から悩んでいた精神的なことについてお医者さんに相談してみたところ、強迫性障害と診断されて、さらにもしかしたら軽度だとは思いますが統合失調症も併発している疑いがありました。 このことを両親にも正直に話し、両親も理解してくれました。 しかし病気のせいかもしれませんが、僕はまだ先の見えない不安と過去の後悔が付きまといます。してしまったことはもう元に戻せないので今は精一杯罪と向き合い前を向こうとしているのですがいまだに後悔が付きまといます。 僕は大半の人は小さいことから大きいことまで何かしらの後悔を背負ってるものだとおもっているのですが、お坊さんも含め皆様はどういうふうにそういった過去と付き合っておられるのですか? そして先の見えない未来の不安についてどう考えてらっしゃいますか?

有り難し有り難し 12
回答数回答 1
2020/06/09

自分が自分の邪魔をします

発達障害で子供の頃からなくしものがおおかったです。 今はなるべく物をなくさないよう、工夫して管理しているのですが、それでもたまに疲れていたり気が抜けていると、大切なものをおきわすれてなくしてしまいます。 置いてあるはずの場所になく、どこに置いたかまったく思い出せません。 すると、努力してもやはり自分は障害があるからダメなんだという自責と 子供の頃散々親に努力が足りないと責められた事を思い出して、何も手につかない程落ち込んだり泣き崩れてしまいます。 あたりまえですが、なくしたくてなくした事なんて子供の頃から一度もないのです。 それでもなんどもなんども怒られ、その度に自信を失い自分を責めてきました。 障害があるからという絶望と、努力が足りないという自責、親の怒りの声のフラッシュバック、探し物で無駄な時間が奪われ、苦手なりに一生懸命整理した場所もパニックでぐちゃぐちゃになる悲しみ 冷静に考えればただひとつものをなくしただけなのです。もう大人ですから、何をなくしたってどうにかすれば方法はあるのです。それはわかっています。 でも自分がコントロールできません。 ものをなくしたこと自体よりも、ものをなくしてしまう自分がかなしく許せないのです。 自分の邪魔ばかりする自分が憎いです。どうして親は勝手に私を生んだのか、生まれてきたくなかったとまで思います。 この苦しみから解放されたいと自分を傷つけたくなってしまいます。 どういう心構えでいれば楽になれるのでしょうか。

有り難し有り難し 3
回答数回答 1
2020/06/09

生きやすさを求めて生き続けながらもがく?

私は40代独身者です。 考え方や性格の関係もあって、人とのつながりを継続するのがなかなか難しく、社会的孤立の中でどうにか生きてます。 つながりのほとんどはネット上にしかないなか、わずかなつながりに依存しているのですが・・・・ つながっている人たちは、おおむね何十~何百人とつながりがあり日常的に連絡しあっているようで 自分よりは孤立はなさそうに見えます。人生が上手くいきだした方もいます。 年に数回、彼らと会う機会があり、その時にもそう感じます。「生きづらさ」での仲間たちです。 最近、その彼らたちと自分を比較して、非常に心が苦しくなることが増えました。 比較しても勝ち目のない人たちなのは分かっていますが、眠りから覚めると途端に比較が始まります。 自分が眠りから覚めなければよいのにと思ったりします もともと自死・安楽死や死後の世界にも興味があります。 ある著名者の方がこんなことを話しておられました。 「これまで多くの相談者が「死にたい」と口にし、助かっても「なぜ助けた」と苦しむ様子に向き合ってきた。 結論から言うと、それでも生きた方が良く、生きることを阻害する要因を減らすことに注力した方がいい。 つまり、死なない方がいい。生きやすさを求めて生き続けながらもがいた方がよい」 生きづらさの原因が自分自身にある場合、自己否定や寿命までの年月を思うと、耐えきれない思いに苛まれます。 私のような人は、案外少なくないだろうと思います。 先の著名者のような「生きやすさを求めて生き続けながらもがいた方がよい」考え方は、仏教でも同じような教えになるものなのでしょうか? ある書では、カルマというものがあり、死んで楽になることはなく死後も苦しみはついてまわるとありました。なにか関係ありそうでしょうか? 自分を変えることとは、高額な医療費や、生涯お世話にならなければいけない支援者と密接に関係があると思います。 そんなお金やコネはありませんが、訪ねてみるべき場所などあるなら行ってみたいとは思います。 よろしくお願いします

有り難し有り難し 7
回答数回答 1

hasunohaのとりくみ

「今すぐ死にたい」にどう回答する?「仏教」と「精神医学」の連携
仏教駆け込み寺 自殺防止・DV・虐待・鬱 相談窓口のご案内
hasunoha YouTubeリスト 回答層YouTuberのまとめ

関連コンテンツ

相談カテゴリ -四苦八苦 Sick Hack!-

お坊さん33秒法話ピックアップ